fc2ブログ

記事一覧

秋田駒ヶ岳;その3 大白森山 5月

秋田駒ヶ岳;その3 大白森山 5月
◆コース概念図
裏岩手連峰に属する山で、山自体はなだらかな印象であるが、シール登高技術を駆使する急な林間やめまぐるしく地形が変わる滑降など、総合的な技量が楽しめる所である。大白森山は台地のような山頂で雪源になっている。裏岩手連峰を感じさせる佇まいが魅力だ。熊の多いところなので刺激しないようにしたい。
登山口の関係で秋田駒ヶ岳の範疇にしたが、厳密には裏岩手連峰に属する。

秋田駒を臨む登高
秋田駒大白森山0
◆コースタイム 
①鶴の湯6:40~8:55小白森山~9:47大白森山9:55~10:27小白森山~12:05鶴の湯
②鶴の湯7:20~10:00小白森山10:10~11:00大白森山11:40~12:20小白森山12:30~14:00鶴の湯

秋田駒大白森山 1
登山口は秘湯で有名な鶴の湯、遅いと駐車場確保に苦労する。

秋田駒大白森山2
大白森山への登山道標識から裏手の尾根に上がって行く、50m程歩いてシール登高となった。林道が横切るところで登山道と離れて林道を辿る。シール登高出来る沢が左手から入ってくるので、この沢を登って行く。
源頭付近で左の尾根上に付けられた登山道と合流する。この辺りは杉林で足下には小枝が散乱して煩わしい
秋田駒大白森山3
しばらくは杉林の尾根を行くが、行く手に核心のピークが立ちはだかる。毎回通過に苦労するところである。急な上に木々が密でシール登高が困難になる。状況によっては躊躇することなく板を担いでピークに上がる。
秋田駒大白森山4
ピークに上がると背後に秋田駒が臨まれる。
秋田駒大白森山5
ピーク上はまばらな木々の尾根でシール登高が快適になる。次のピークは左手の斜面をトラバースして小白森山の鞍部を目指す。この辺りは山毛欅林でスキー向きである。
秋田駒大白森山6
小白森山へはひと登り、雪原となった湿原に着く。前方に目指す大白森の平らな山頂が見える。
秋田駒大白森山6-1
雪源を横断したら、大白森山の鞍部へ滑り込む。シールを外すかいつも迷うところだ。
秋田駒大白森山7
滑り込むとこんな感じである。
秋田駒大白森山8
最後の登りは快適なシール登高で広大な雪原に飛び出る。
秋田駒大白森山9
雪原の向こうに広がる景観を堪能して滑降となる。
秋田駒大白森山10
滑降開始
秋田駒大白森山10-1
この滑りは勿論シールを外すが、またすぐに小白森山への登りです。
秋田駒大白森山11
小白森山の標識、見えたたり見えなかったり、広いので探すのは大変です。
秋田駒大白森山12
往路を登りと同じスタイルで辿り、鶴の湯に到着。
朝は少なくても、下山する頃には観光客で混雑、そのために5月連休は1度しか鶴の湯の温泉に入ってません。
露天は混浴です。確か。
秋田駒大白森山13
鶴の湯からの帰りの林道の途中に水芭蕉の群生地がある。
秋田駒大白森山14
遊歩道で周遊できるので東北の春も楽しもう。 

◆コース概念図
秋田駒大白森山zu

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: