fc2ブログ

記事一覧

秋田駒ヶ岳:その1 男岳~男女岳~笹森山 5月

秋田駒ヶ岳;その1 男岳~男女岳~笹森山 5月
◆コース概念
 秋田駒ヶ岳の男岳にスキ-で登る人はほとんどいない。西尾根は狭い岩稜で東はナイフリッジの雪稜なのでシール登高が困難だからだ。このコースは閉鎖されたスキー場から岩混じりの西尾根を登り山頂からは東尾根を滑り、登り返して男女岳東大斜面を滑降。再び笹森山に登り返し乳頭温泉スキー場に下るもので、秋田駒ヶ岳の核心部を滑りまくる豪快なルートである。秋田まで来るとGWといえども山の中は静かで、広大な斜面を気兼ねなく滑れることも魅力だ。

赤線が男岳西尾根ルート
秋田駒ヶ岳0
麓から遠望する秋田駒ヶ岳男岳

◆コースタイム
田沢湖スキー場リフト終点8:20~10:15秋田駒ヶ岳男岳10:30~11:00阿弥陀池11:30~12:10男女岳13:10~13:45八合目小屋~14:10笹森山14:30~15:00乳頭温泉スキー場
 
秋田駒ヶ岳1
起点となる田沢湖スキ-場は4月半ばには閉鎖されて閑散としている。希にリフトが動いていることもある、かなりラッキーです。閉鎖されていても雪が残っていればありがたいがなければ雪のあるところまで板を担いで歩くことになる。

秋田駒ヶ岳2
少し登れば眼下に田沢湖が望める。

秋田駒ヶ岳3
ゲレンデを越えて尚も登って行くと傾斜も増してくる。そろそろ西尾根に辿り着く。

秋田駒ヶ岳5
西尾根は痩せていて、岩場もあるので板は担ぐしかない。
高度を稼げるアルペン的な雰囲気が素晴らしい。

秋田駒ヶ岳6
山頂は360度の大展望。和賀山塊や、栗駒山、遠くには岩木山と八甲田連峰も望めて実に素晴らしいパノラマである。
田沢湖と栗駒山

秋田駒ヶ岳7
和賀山塊がすぐそこに見える。

秋田駒ヶ岳8
スキーに自信があれば山頂の北の端から滑り込む。痩せた雪稜がリッジになっていてどちらに転んでもやばいところである。

秋田駒ヶ岳9
行けると思ったところから、左の斜面に飛び込む。ここは技量に合わせて。

秋田駒ヶ岳10
雪稜から男女岳に登るために雪源となっている阿弥陀池へ滑り込んで行く。

秋田駒ヶ岳11
山で囲まれた盆地のような雪原の阿弥陀池から滑った斜面を振り返る。

秋田駒ヶ岳12
男女岳に登り返す。登り途中から男岳を振り返る。稜線には雪庇がまだ確認できる。

秋田駒ヶ岳13
同じ位置から岩手山を望む

秋田駒ヶ岳13-1
滑降開始点に到着、ここから滑る。もう少しだよ、頑張って。
男女岳山頂は雪が着いていないのでここから往復。

秋田駒ヶ岳14
雪のない山頂。男女岳が秋田駒ヶ岳の最高峰である。

a href="http://bunatoiwana69.blog.fc2.com/img/20200505085946ce6.jpg/" target="_blank">秋田駒ヶ岳14-1
山頂直下には火口湖が、後は男岳。

秋田駒ヶ岳15
山頂付近は既に雪が解けているが山頂の東斜面の滑降は広大な素晴らしいところ

秋田駒ヶ岳16
思い思いのシュプ-ルを描いて満喫出来る。

秋田駒ヶ岳17
八合目の小屋を横目で見ながら滑って行く。小屋で休憩は天気が芳しくない時だけでしょう。寄り道になりますから。

秋田駒ヶ岳18
赤倉沢の源頭に向かう。

秋田駒ヶ岳19
沢筋を滑る、ここも快適滑降。

秋田駒ヶ岳20
沢を抜けると開けて広大な平坦地になるが、スキーは滑る。
ぎりぎりまで滑り混んで笹森山に再び登り返す。秋田駒ヶ岳の全容が望める素晴らしい登りで、その姿が目に焼き付いた。

秋田駒ヶ岳21
笹森山の山頂で一休み、後は滑るだけ。

秋田駒ヶ岳22
すぐそこに乳頭山が見える。乳頭のよう?

秋田駒ヶ岳22-1
笹森山の北面を快適に滑る。

秋田駒ヶ岳23
快適斜面が終わると灌木帯から山毛欅の森に入る。

秋田駒ヶ岳24
小沢が入り組んでメリハリが無く、ル-ト取りが難しいところであるが、ル-トファインディングの楽しみを奪われたように目印も多い。

秋田駒ヶ岳25
最後は営業が終わった乳頭スキ-場に出る。路線バスで車回収となる。

◆コース概念図
秋田駒ヶ岳図



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: