fc2ブログ

記事一覧

八甲田山その他のサブコース

八甲田山その他のサブコース

八甲田山:その11 高田大岳~猿倉岳 5月

北八甲田と南八甲田を1日で周遊する贅沢コースだ
高田大岳ー乗鞍岳0
乗鞍岳から見た高田大岳と猿倉岳

大岳から縦走すると高田大岳の南東斜面は午後になってしまう、雪質を考えると午前中に滑りたい。そんなときは睡蓮沼から直接高田大岳に登るこのルートが良い。午前中に滑ると時間が早いのでもう一本、向かい側の猿倉岳に登れば時間も丁度良くて睡蓮沼に滑り混めば周回ルートとなる。

高田大岳ー乗鞍岳 1
 睡蓮沼から高田大岳方面に向かうと湯尻沢の支流である涸沢を渡る。下流部はゴルジュっぽいので、通過できるところまで上流に向かって迂回して高田大岳とのコルを目指す。

高田大岳ー乗鞍岳 2
コルからは小岳からの縦走路と同じである。急な狭い斜面となってシール登行が出来なくなったら板を担ぐことになる。

高田大岳ー乗鞍岳 3
5月の山頂稜線は雪のない事が多い。
こんな事も希にはある。

高田大岳ー乗鞍岳 4
山頂から南に少し下れば滑降開始地点である。八甲田山随一の豪快な滑降が楽しめる。櫛ヶ峯を臨む
このコースは南八甲田への継続になるので、谷地温泉には下らず1100~1000mの間でコースを外れて猿倉温泉を目指す。決まったルートがないので方向に注意して猿倉温泉入口のバス停に辿り着きたい。車道を温泉まで歩いて猿倉岳に登る。宿の裏手の取り付きやすい斜面は猿倉沢支流の沢と沢との中間尾根で矢櫃萢へ詰める沢を左手にしながら尾根を登って行けば山頂に出る。
 山頂からは北に滑って行く。東に寄りすぎると猿倉温泉への顕著な尾根に入ってしまうので北をキープ。決まったコースはないので滑りやすい斜面を選んで北を目指せば睡蓮沼の雪原に出るだろう。

◆コースタイム
睡蓮沼7:45~9:10稜線鞍部9:40~10:50高田大岳11:20~12:25猿倉温泉12:45~13:45猿倉岳14:00~14:30睡蓮沼

◆コース概念図
高田大岳ー乗鞍岳 ルート



八甲田山;その12 大岳~箒場 5月
酸ヶ湯から環状ルートで地獄谷から大岳に登り南東大斜面を滑った後に小岳、高田大岳、雛岳の北側をまわって箒場へ滑り混むルート。ロープウエイ利用の赤倉岳からのルートと途中で合流する。傾斜は緩いが距離が長く結構滑りを楽しめる。緩斜面が多いので春のコースである。

大岳南東斜面の滑降、このまま左手の小川源頭に向かって滑り込む
大岳箒場 (2)
 地獄谷源頭は雪がなく板を担ぐこともある。大岳南東斜面を滑って小岳の鞍部から北へ回り込み小川の源頭に出る。毎年雪の状態が変わるので滑りやすい斜面を選んで滑って行く。途中でロープウエイ利用の赤倉岳からの箒場コースと合流してシュプールも多くなる。
◆コースタイム
酸ヶ湯4:30~6:00仙人岱ヒュッテ6:30~7:30大岳7:45~8:00仙人岱ヒュッテ8:30~8:45小川源頭~10:10箒場バス停

◆コース概念図
大岳箒場 (1)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
222位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: