fc2ブログ

記事一覧

2020.03.01茂木鎌倉山

家族恒例のイチゴ狩りを兼ねた休日であったが、コロナウイルスの影響でイチゴ狩りが中止、孫を遊ばせているもてぎツインリンクも3月から休園となった。行き場を失い近くの山へハイキング。鎌倉山は以前酸素ボンベ持参でかみさんと登った思い出の山。雲海の名所で早朝には写真目当ての人も多く訪れる、眼下に那珂川の清流を望む景色も清々しい。

鎌倉山1
 前日は常磐道のETC利用のみの出口である水戸北ICを出て、もてぎツインリンクへ、休園前の施設で楽しんだ。翌日は茂木から那珂川を渡る大瀬橋へ。橋の袂が鎌倉山の北の登山口である。
数台のスペースがある。

鎌倉山2
橋を渡ってゆく

鎌倉山3
橋の下には秀麗なナメ滝が掛っていて素晴らしい。


鎌倉山1-1
案内板には台風被害が書かれていたが、コースには影響なし。

鎌倉山4
清流那珂川を見下ろしながらジグザグの急な登りをひと登り。

鎌倉山5
途中の岩場からは展望が開けて見晴らしスポットとなっている。

鎌倉山6
那珂川を見下ろす景観、この辺一帯に霧が湧き雲海になるそうだ。

鎌倉山9-1
雲海の案内板がある。

鎌倉山7
登山口の大瀬橋を見下ろす。

鎌倉山8
那珂川には小舟が一艘、情緒有る風景だ。

鎌倉山9
台風時には川幅一杯に濁流が流れたようだ、穏やかな風景では想像できない。

鎌倉山10
岩場から尾根に上がる。

鎌倉山11
岩場の上には菅原道真を祀る神社が置かれている。

鎌倉山12
尾根を下ると鳥居があり山頂へ

鎌倉山13
そこから南に辿ると東屋が有り立派な林道が西側から通じている。この日も写真目的の人が来ていた。
先ほどの展望スポットへ歩いて行った。早朝は那珂川から沸き立つ霧が辺りを覆い、雲海のような景観が見所の山らしい。

鎌倉山14
山頂標識があるが、本来の山頂は林道を横断して、尾根を辿ると木立に囲まれた静かな山頂がある。

鎌倉山15
山頂からの風景

鎌倉山16
前回は林道を下って西に降りて車道を歩いて車に戻ったが、長い歩きは嫌だという孫の希望で来た道を引き返す。
急登の帰りは一気の下り。

鎌倉山17
あっという間に下山

鎌倉山18
橋の上から滑滝を見下ろして終了。

鎌倉山19
車ですぐ近くの河原へ


鎌倉山20
那珂川の河原に降りて、石を川に投げ続ける孫を見ながら日だまりを浴びてのんびり過ごした。
ここは観光ヤナがあったが台風で流されて未だに放置されていた。

◆コースタイム 茂木大瀬橋登山口9:24~9:46菅原神社のピーク~9:49鎌倉山10:25~10:42大瀬橋~水戸北IC~東京山本宅
◆宿 もてぎツインリンクホテル 10800円/大人1人ツインリンク パスポート付

◆周辺図
栃木の山120「随想舎」刊 参照
resize10640.jpg



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: