fc2ブログ

記事一覧

2020.02.01水仙遊歩道と富山の台風被害

毎年房総の山を巡りながら水仙を見に行っているが、最近は天候がままならず満開時期が掴めない。町で設定した水仙祭りの時期が目安だ。今年はその最終日に出かけて見た。遊歩道では満開の水仙を満喫、富山は登りに伏姫籠穴からのコースを取ったが、倒木と山の崩壊でズタズタ、崩壊してルンゼをトラバースする所では落ちればアウトの危険箇所も存在する。山頂からの下山口にはゲートがあったが入口にはなかった。下山した福満寺からと平群へ下るコースは問題ない。山頂では360度の大展望もあり、今年も房総の山と水仙を楽しむことが出来た。

◆コースタイム 道の駅「富楽里とみやま」5:57~7:16とみさん水仙遊歩道入口~8:11展望所8:16~8:30遊歩道出口~8:35道の駅8:50~8:55富山登山口無料駐車場9:01~9:16伏姫籠穴9:27~10:20富山北峰10:36~10:45富山南峰10:50~11:11福満寺11:14~11:20駐車場11:25~11:35笑楽の湯12:08~12:24保田の蕎麦屋「金長」12:56

富山1
 深夜3時に東京を出発して一般道で房総に向かう、起点の道の駅「富楽里とみやま」には5時半頃到着したので明るくなるまで仮眠

富山2
まずはとみやま水仙遊歩道に向かって道の駅から歩き始める。
道路脇にも水仙が咲いている。

富山2-1
もう数十年通っているのにここは初めての処、まだまだ知らないところがあるので嬉しい。

富山3
長狭街道沿いに標識と地図のある登り口がある。

富山4
登って行くとすぐに水仙畑が広がる。
椿も房総の名物


富山5
もう遅いかなと半信半疑で来てみたが、まさに満開。

富山6

富山7
やっと陽が照ってきた処なので10分程立ち止まって陽を待つ。

富山8
辺り一面満開だ、今年も水仙に会えた。

富山9
登るにつれて一層水仙畑が広がる。

富山11
結構広い、今まで知らなかったのが不思議だ。狭い街道沿いで車が駐車できないので、観光客もあまり来ないのだろう。

富山12
早朝のせいもあり、2人できりで独占できた。
早咲きの房総では頼朝桜と呼ぶ河津桜もちらほら咲いている。

富山12-1


富山13

富山14
黄色い水仙もちらほら咲いている。

富山15
普通は縦に並んで咲いているが、よく見ると八重に咲いているものもある。

富山16
いつまでも見ていたいが、先を急ぐ。

富山17
林道の分岐には社がある。キツネがいるのでお稲荷様か。

富山18
展望所の道標があったので寄ってみる。

富山19
展望台は台風の被害で立ち入り禁止。

富山19 (2)
大島が間近に見られた。

富山20
期待した富士山は山の陰で見ることが出来ない。


富山21
展望所からは下りとなる。下りにも水仙畑がある。

富山22
最後まで楽しめる。

富山23
陽に照らされて綺麗ですね。

富山24
山を巡る1時間の周回コースを途中の展望地では景色も楽しみ、写真を撮りながらゆっくり歩いて道の駅に戻った。

富山25
道の駅でつみれ汁やイワシ団子、菜の花の天ぷらで朝食をとり登山口の駐車場に移動。

富山26
駐車場は結構広い。

富山27
登山者用の無料駐車場があって便利だ。

富山28
中学校の脇を通り林道を歩いて行く

富山29
林道を歩いて行く

富山30
中学校の脇を通り林道を歩いて行くと伏姫籠穴がある。





富山31
長い階段が続いていたが折角なので立ち寄ってみる。

富山32
里見八犬伝の小説の事なのに何で史跡があるの?洞窟自体はいつ誰によって掘られたものかは分からないが、「物語に書かれた空想の世界と、現実との狭間に立つとき、伏姫籠穴は私達に何を語りかけようとしているのだろうか」という案内板に語り尽くされている。

富山33
洞窟内部。

富山34
先を急ぎましょう。

富山35
林道を辿ると土砂が押し流された沢で行く手が塞がれる。

富山36
家々がまだ被災しているのに、当分修復は無理でしょう。

富山37
登山道は沢の右岸に付けられているが、所々失われている。

富山38
倒木を越えたり、崩壊箇所を歩いたりしていると先が見えない倒木帯になり道が分からなくなる。

富山39
何とか越える。

富山40
とその先は山肌が抉れて岩肌がむき出しになったルンゼのトラバースだ

富山41
落ちたら死ぬという場面。滑りやすい、ざれた斜面を慎重に行く。それ以後は倒木だけで危険箇所はなかった。

富山42
稜線に出ると入口にはゲートがあった。登り口にはなかったのにね。

富山43
急な階段を上ると広場に出て展望台がある。

富山44
伊豆半島と大島が望める。


富山45
雲に隠れた富士山と南アルプス。

富山46
北岳から塩見岳までが見えた。

富山47
伊豆七島は4島が確認できた。

富山48
これは東京方面?

富山49
間近に伊予ヶ岳が望める北峰の山頂は鉄塔の裏にあるので見逃しやすい、鉄塔が山頂ではないよ。

富山50
山頂下には釣り鐘が、鳴らしてみましょう。

富山51
鉄塔がある展望のない南峰にも寄ってみる
急な階段を上がると広場があり、倒木が散乱して古いお堂がかろうじて残っていた。良く耐えたという感じ。

富山52
一段上の山頂には東屋と鉄塔が有り展望はない。

富山52-1
登山道に戻ると立派な巨木が、台風で無事だったようですね。

富山53
下山は福満寺へ、

富山54
このコースも倒木により通行止めとあったが全然問題なかった。

富山55
水仙咲く福満寺に到着。トイレも完備。

富山56
富山表参道の石柱がある登山口

富山57
街道を歩き駐車場に到着。

富山58
この地区では定番の「笑楽の湯」500円に浸かり

富山59
保田の蕎麦屋へ

富山60
保田「金長」 肉汁南蛮、カレー南蛮 1000円 
地方では珍しい江戸の更級蕎麦で美味しく食べられた。

◆GPS
富山gps

スポンサーサイト



コメント

水仙咲き乱れる良い山歩きをご一緒できた感じです!有難うございました

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
222位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: