fc2ブログ

記事一覧

大空へ パラグライダー

大空へ パラグライダー

 空を飛んでみると色々なことが分かってくる。
地上から見上げる空間とはまるで違う空が見えてくる。
見えない風を読んで、飛ぶ方向を定めルートをイメージする。
自由に空を飛んでいると思っていた鳥たちでさえ、
風に左右されながら風を読んでいる。
鳥も同じであることが分かって何故か嬉しかった。
人と違うところは生まれながらにして風を読む達人であること。
飛ぶときは何時も鳥が私の先生なのである。

77670028.jpg
北アルプス立山連峰上空を飛ぶ

77670034.jpg
立山連峰大汝峰からのテイクオフ

 翼を広げ大空に向かう。
足が地を離れる瞬間の心地よさ。
岩登りで感じる高度感はここにはない。それは余りにも空間が広いからだろうか。
風の音だけが聞こえる自分だけの世界で
鳥のように飛ぶ、
決して自由に飛んでいるのではない。
風に逆らえば空間を失い
たちまち叩き落とされる。
風の支配を受けながらも大空に向かう。
人の場合は遊びかも知れないが、
大空に向かう手段を手に入れることは価値を変革し生き方を問い直す大きな事件である。
練習に多くの時間を費やし努力する。
大空への憧れを抱いた幼い頃の素直な気持ちを、
私は今風に伝えることが出来る。

IMG_0001.jpg
雲はやっかいだが、風読みには助けになる。

resize2071.jpg
スキーを付けて飛ぶ、上空から撮影。

IMG_0003.jpg
稜線に仲間の姿を望む。

見えない空気、
留まっていれば空気だが、
流れれば風になる。
風になれば音になる。
そうして見えない空気が見えてくる。
水田に池の上には下降気流。
土の上には上昇気流。
森の中に溜まった暖気は
陽が落ちると湧き上がってくる。
地形にものの性質、気候に太陽の熱。
これだけのことを考えるだけで、
生活が変わる。
変化は生き方の選択肢を増やして
人を豊かにする。
見上げる大空が
ただの空間ではなくなる時だ。

IMG_0002.jpg
我が愛機とスキーパラ
resize8244.jpg

77670020.jpg
パートナーF
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: