fc2ブログ

記事一覧

2024.03.07御在所岳

御在所岳
御在所岳 (0)
御在所岳の象徴でもある地蔵岩

鈴鹿山脈で一番有名な山で東京でも藤内壁の存在故か知られている、ということで天気の良い時に真っ先に登って見た。雪が降ったり暖かくなったりで山の状況が分らず情報集め。地蔵岩など首をかしげたくなるような奇岩を眺め凍った岩場にビビりながら人気の中道を登り、中級向け表示の一ノ谷新道を下り、幸先良い鈴鹿での初日を過ごせた。
◆コースタイム 
中道登山口駐車場6:33~6:35中道登山口~7:07おばれ岩~7:16五合目7:20~7:24地蔵岩7:35~7:40女岩7:49~7:55六合目~7:58キレット~8:18七合目~8:36八合目岩峰~8:58富士見岩~9:20御在所岳三角点~9:25御在所岳~9:26御在所岳三角点10:26~10:45一ノ谷新道入口~11:11鷹見岩11:20~m11:47見晴し台~12:36鈴鹿スカイライン~12:40中道登山口駐車場 

御在所岳 (1)
冬期閉鎖の鈴鹿スカイラインの途中にある中道駐車場には湯ノ山温泉を通り一般道路から行くことが出来た。

御在所岳 (2)
見上げると御在所岳が朝日に染まっていた。

御在所岳 (3)
スカイラインを少し歩いて中道登山口へ。

御在所岳 (4)
いきなり花崗岩の岩の道になる。

御在所岳 (5)
高度を上げると頭上をロープウエイが通り琵琶湖が朝日に輝く。

御在所岳 (6)
いよいよ巨岩帯に入るような雰囲気になる。

御在所岳 (7)
最初に現れるのが「おばれ岩」負レ岩と標記するようだ。もたれ掛かった岩が負ぶされているように見えるのだろう。

御在所岳 (8)
そこからひと登りで5合目の露岩帯に出る。

御在所岳 (8-1)
隣の鎌ヶ岳が鋭く尖って格好良い。鈴鹿の槍と呼ばれているそうだ。

御在所岳 (9)
前方には御在所岳が高く聳える。
御在所岳 (10)
視野が開けて素敵な所。

御在所岳 (11)
琵琶湖も見える。

御在所岳 (13)
次が不思議な地蔵岩。

御在所岳 (14)
御在所岳を象徴する岩で、この不思議な風景を見なくては御在所岳に来た意味が無い。

御在所岳 (15)
なので間近から仰いだり、

御在所岳 (16)
左手の岩場を慎重に回り込むと裏側にも岩場が続いている。
御在所岳 (17)
後ろから眺めた地蔵岩、奇岩見物を楽しんだ。

御在所岳 (18)
常に琵琶湖も眼下に見えるので何回でも写真を撮る。

御在所岳 (18-1)
次が女岩だが是は縦走路から外れているので寄り道となるが、

御在所岳 (19)
見る価値あり。

御在所岳 (19-1)
独立した巨岩の集合体でひとまわりすると全く違う岩に見える造形の楽しさが味わえる。

御在所岳 (19-2)
見飽きない造形だ

御在所岳 (20)
冷たい風が吹き抜けて長居は出来なかった。

御在所岳 (23)
更に尾根を登ってゆくとキレットに出る、

御在所岳 (24)
稜線は冷たい強風が吹き抜けて、キレットあたりはまともに風を受けるので辛いところだ。長い鎖で岩場を下りてゆく。

御在所岳 (25)
キレットは文字通りの狭い鞍部である。

御在所岳 (26)
登り返して先を行くと7合目の岩峰上に出る。

御在所岳 (27)
そこからは岩場が続く、

御在所岳 (28)
日が当たっている岩場は楽しいが

御在所岳 (29)
日陰は雪が凍っている。
日陰の岩場が続き足を乗せようとするスタンスが凍っていてたまらずチェーンスパイク装着。

御在所岳 (30)
ここからの岩場はチェ-んスパイクが無ければ撤退だったな。

御在所岳 (33)
雪の凍った斜面を登り切ると富士見岩に出た。
富士山なんか見えるわけもないのに富士見岩ですか。

御在所岳 (32)
あたりは霧氷が覆って綺麗だった。

御在所岳 (34)
山頂広場に出たようでロープウエイの駅やらリフトなどがある。

御在所岳 (35)
リフト乗り場の横を通り霧氷の間の道を山頂へ、

御在所岳 (36)
小動物の足跡に導かれて行く。

御在所岳 (38)
三角点表示が立つ山頂だが、

御在所岳 (39)
少し先の高まりの方が標高が高くちゃんと山頂標識があった。

御在所岳 (40)
三角点峰と山頂は違うようである。三角点峰から見る山頂。

御在所岳 (41)
あたりは樹氷に囲まれている

御在所岳 (42)
居合わせた神戸の方と語り合いながら樹氷を眺めながら琵琶湖の見えるベンチに腰掛けてしばらく過ごす。

御在所岳 (43)
ドームのあるのはロープウエイの駅があるピークだ。ピークが3つあるのだ。

御在所岳 (43-1)
樹氷と琵琶湖

御在所岳 (45)
下山は裏道か表道かと考えたが、丁度一ノ谷新道があったのでそれを下った。
中級向きの下山道のようだ。崖を一直線に下るような道である。

御在所岳 (46)
左手にはロープウエイのゴンドラが木の間に見え隠れしていた。

御在所岳 (47)
途中に鷹見岩の巨岩があった。

御在所岳 (48)

御在所岳 (50)
真っ赤なゴンドラは目立って綺麗だ。御在所岳の岩壁も見事であった。

御在所岳 (51)
岩の間を下るような道を行く。

御在所岳 (52)
秘宝館に納めたいような変わった奇岩

御在所岳 (53)
一周して眺めちゃったよ、面白い新道だ。

御在所岳 (54)
スカイラインに出る手前には廃屋があるが、

御在所岳 (55)
道路脇には店もあった。

御在所岳 (56)
閉鎖しているスカイレインの真ん中を堂々と歩いて駐車場に戻った。

御在所岳 (57)
駐車場到着

御在所岳 (58)
仰ぎ見る御在所岳に余韻を残して楽しめた1日だった。
駐車場で地元の女性と歓談、今年は氷瀑が出来なくて地元の岳人がガッカリしてるそうだ。

御在所岳 (59)
帰り際に100枚30000円の回数券があるそうで1枚あげるって貰った。
温泉は勿論券を貰った希望荘に入る。

御在所岳 (70)
◆温 泉 湯ノ山温泉希望荘 600円 300円の回数券貰ってただで入れた。
ホテルの日帰り温泉で風呂にはケーブルカーで下りてゆく面白いホテル。湯船からは琵琶湖方面の展望が望める。

◆GPS軌跡
御在所岳作図



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
222位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: