fc2ブログ

記事一覧

2024.02.28御坂十二ヶ岳

御坂十二ヶ岳
御坂十二ヶ岳 (0)
十二ヶ岳からの西湖と富士山

十二ヶ岳は沢から登ったことがある、グズグズの悪い滝が多くすっきりしない沢だったように記憶している。沢を詰めてひょっこり出た山頂の風景はおぼろげに覚えている。下山道のミツバツツジが一番の記憶だ。前日のように稜線でラッセルするようでは鎖場の多い縦走路は大変だろうと一抹の不安があったが、この日は3人パーティで入山前から実に心強かった。雪はあったが単独者と思われるトレースがあり難なく縦走できた。雪に埋もれたロープを引っ張り出すこともあったがスリルを楽しむ余裕も有り爽快な山行が出来た。夏より面白いのは当たり前だ。終日雲ひとつ無い青空に富士山が際立っていて見飽きることがなかった。
◆コースタイム 
文化洞TN駐車場 6:40~7:36ミネ~8:33毛無山9:08~9:11一ヶ岳~9:30四ヶ岳~10:02八ヶ岳~10:25十一ヶ岳10:43~10:52吊り橋11:05~11:39十二ヶ岳13:06~15:03通学路入口(道路)~15:10文化洞TN駐車場15:37

御坂十二ヶ岳 (1)
 駐車場は文化洞トンネルの近くに登山者用がある。

御坂十二ヶ岳 (2)
正式な登山口はトンネルの反対側にあるが、駐車場の裏手から入って行けばトンネルを歩くことなく合流できる。こちらの方が断然早い。

御坂十二ヶ岳 (3)
始めから雪のある登山道を行く。
ひと登りしたピークは名前がないのかと思ったらこんな木片が置いてあった。ミネ山と書かれていた。

御坂十二ヶ岳 (4)
背後には富士山が大きいが樹林越しである。

御坂十二ヶ岳 (5)
長浜への分岐があった。

御坂十二ヶ岳 (6)
そのうち視界が開けて背後の富士山の全景が見えるようになり、登るにつれて変化してくる風景に立ち止まりながらの登りだ

御坂十二ヶ岳 (8)
山頂に着く、この日の富士山は雲ひとつ無い青空にくっきり浮かび上がってこれ以上無い風景だ。
西湖の湖面が白いのは強風のせいだ、昨日ほどではないが今日も風が強い。

御坂十二ヶ岳 (9)
どーんと

御坂十二ヶ岳 (10)
ここからいよいよ縦走。岩場もでてくるのでチェーンスパイクを着用。こんな条件の山ではアイゼンより有効である。

御坂十二ヶ岳 (12)
すぐに一ノ岳、十二番目のピークが十二ヶ岳なのだが幾つか見落とした。

御坂十二ヶ岳 (13)
縦走路はこんな感じだ

御坂十二ヶ岳 (14)
十二ヶ岳を望む顕著なピークの四ヶ岳、

御坂十二ヶ岳 (15)
岩場もあるがまだ核心部ではない

御坂十二ヶ岳 (16)
八ヶ岳、何か変な感じここは長野ではありませんよ

御坂十二ヶ岳 (17)
雪に埋もれていた標識を掘り出して十一ヶ岳を確認、

御坂十二ヶ岳 (17-1)
十二ヶ岳山頂の向こうにもピークがあるが十三ヶ岳とは言わないようだ。

御坂十二ヶ岳 (18)
その先は節刀ヶ岳への稜線

御坂十二ヶ岳 (19)
十二ヶ岳がそそり立っている。一体どこを登るのか分らないほど急な斜面が立ち塞がる。
正面のルンゼの右が登高ルートだ

御坂十二ヶ岳 (20)
まずは長く急な斜面をロープで下る、

御坂十二ヶ岳 (22)
下りきった鞍部に吊り橋だ。

御坂十二ヶ岳 (23)
こんな山中に吊り橋があるとは信じられないがあるのだ。アルミの板が2枚渡してあるが滑りやすい、おまけに左に傾いている。


御坂十二ヶ岳 (24)
私は板には乗らず板を支える横棒に足を掛けて渡った。
後続を見守る

御坂十二ヶ岳 (25)
その後は山頂までづーっとロープが垂れている。

御坂十二ヶ岳 (25-1)
斜面と言うより崖なのでロープが頼り、腕が疲れて休み休みだ。

御坂十二ヶ岳 (26)
傾斜が緩んで山頂に到着。

御坂十二ヶ岳 (27)
富士山が笑って迎えてくれた。

御坂十二ヶ岳 (28)
雪でロスしたわけでもないのに随分と時間を費やしてしまった。周遊コースにしなくて良かった。

御坂十二ヶ岳 (29)
富士を眺めて大休止、飽きない風景の満足。

御坂十二ヶ岳 (30)
少し先に南アルプスが一望できる所があった。

御坂十二ヶ岳 (31)
下山は少し戻って桑留尾に下る。

御坂十二ヶ岳 (32)
最初の急斜面は梯子やロープの領域だ。

御坂十二ヶ岳 (33)
その後はのんびり縦走の余韻に浸りながら気持ち良く下れた。

御坂十二ヶ岳 (34)
道路まで降りずに山腹を巻いてゆく道を歩いて駐車場に戻ったが、この道は途中から通学路の標識がある。
今でも通学路として使っているのだろうか、まさかである。なので出口には通学路入口の標識がある。

御坂十二ヶ岳 (35)
駐車場着、朝にはなかった車が一台停まってた。

◆温 泉  昨日と同じ、日帰り入浴「泉水」富士山湯岩の湯 

◆GPS軌跡
御坂十二ヶ岳作図

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
222位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: