fc2ブログ

記事一覧

2024.02.27御坂山塊王岳

御坂山塊 王岳
王岳 (0)
山頂からの富士山

天気を見計らって東京を出てきた。2日前に首都高が70時間に渡って通行止めとなる大雪が降った。その雪が御坂山塊にも新雪で残っていてトレースのない稜線は思いのほか時間がかかり縦走を諦めて王岳単独の山行になってしまった。東京で25m以上の強風が吹き荒れた日で、こちらも冷たい強風にさらされたのも意気消沈の原因だ。それでも雪山を充分堪能できて終始富士山もくっきり見えて冬富士を眺めたいと言う目的は果たせた。

◆コースタイム
いやしの里根場登山者用駐車場7:02~9:10王岳11:31~13:22いやしの里根場登山者駐車場

王岳 (1)
いやしの里根場には登山者用の駐車場があるのでありがたい。

王岳 (2)
駐車場の向かいに登山口がある。目指す稜線は樹氷で輝いている。

王岳 (3)
まずは雪のない灌木帯の道を登ってゆく。

王岳 (4)
そのうち雪が出てくる。

王岳 (5)
日当たりの良いところは雪が溶ける、この山域の冬はこんな感じだ。

王岳 (6)
急な痩せた尾根をひたすら登ってゆく。

王岳 (7)
雪は次第に深くなり一面の雪景色だ。それでもトレースがあるので助かる。

王岳 (8)
木々には霧氷が付いてキラキラ輝いている。温度が低い証拠だ。

王岳 (9)
富士山は雲がかかり山頂が見えないな。

王岳 (10)
稜線に出るとすっかり雪山。

王岳 (11)
ひょっこり山頂に出る、富士山は山頂付近だけに雲がかかり見えない。

王岳 (12)
トレースは山頂まで、稜線を鬼ヶ岳へ向かうも強風と一人ラッセルで時間に見切りを付けて引き返す。
とにかく風が強くておまけに凍えるような冷たさで意気消沈も原因だ。

王岳 (13)
西湖と山中湖方面を望む

王岳 (14)
こんな縦走路

王岳 (15)
途中に南アルプスの連なりが見えた。

com/img/20240305113416691.jpg/" target="_blank">王岳 (16)
白根三山

王岳 (17)
荒川、赤石、聖岳

王岳 (18)
山頂に戻ると山頂の雲が取れて見えてきた。雲も時々流れて見え隠れする。

王岳 (18-1)
雲は無限の造形を演出する、迫力ある富士山だ
静岡の二人ずれがいて鬼ヶ岳へ向かっていった。大丈夫かなと思ってのだがそのうち戻ってきた、私のトレースが途切れて先には行けず戻ってきたそうだ。三人でラッセル頑張れば行けたかもね。富士山を眺めながら山頂でのんびりコーヒータイム、稜線は風が吹き荒れていたが王岳山頂だけは風がなく陽射しに恵まれて温かく、天国のような一時だった。

王岳 (19)
強風から解放されて下山はぽかぽか陽気でのんびり下る。

王岳 (20)
林道終点に着く、チェーンスパイクを外して一休み

王岳 (21)
日陰の林道は雪が復活

王岳 (22)
駐車場到着、平日の観光地は閑散としていた。

王岳 (27)
移動中の富士山、周辺は富士山の撮影スポットが沢山あるので歩き回ると良い写真撮れそう。

御坂十二ヶ岳 (36)
◆温 泉  日帰り入浴「泉水」富士山湯岩の湯 ¥800 0555-24-2438
ビジネスホテル併設の温泉施設で正式な温泉ではないが二股炭酸カルシウムやヒマラヤ岩塩風呂などがある。西湖にある我々向きの温泉は土日だけ。道の駅なるさわに併設された温泉は外国人客目当てなのか平日¥1400、土日¥1700と馬鹿馬鹿しくて入れない。河口湖周辺の温泉は意外と少ないのだ。

◆GPS軌跡
王岳図



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: