fc2ブログ

記事一覧

2024.01.23三森山

三森山
三ツ森山 (0)
アプローチとなる大久川渓谷

阿武隈東部、森に覆われた三つの峰がその名の由来という。山頂での展望も楢葉方面の海岸線が望める程度である。駐車場にある筒木原不動尊や登山口にある三森神社が信仰の山を思わせる。清流大久川渓谷から県内随一と言われる急登を登り大久川の支流を下る周遊コースは変化に富んで阿武隈山地らしい落ち着いた山登りが楽しめた。

◆コースタイム 
筒木不動尊入口駐車場7:42~8:10周遊コース分岐~8:28水場~9:00登山口(三森神社、アカヤシオ橋)9:12~10:07三ツ森山10:28~10:53千軒平溜池分岐~11:44大久川渓谷林道~12:24駐車場~12:26筒木原不動尊 12:33~12:35筒木不動尊入口駐車場 

三ツ森山 (1)
筒木原不動尊の駐車場が起点となる、広い駐車場の隅っこに置かしてもらう。

三ツ森山 (2)
ここから登山口の三森神社までは林道だがもう10年以上前に廃道になってるらしい。入口にゲートがあるがなくてもすぐに走行不可能な状態だ。

三ツ森山 (3)
林道は長いが沢登りでもしたくなるような大久川の渓谷を眺めながらのんびり歩いて行ける。

三ツ森山 (4)
花崗岩質の綺麗な渓谷だ

三ツ森山 (5)
周遊コースの下山口の分岐を確認して行く、途中に水場がある。

三ツ森山 (6)
水場から更に30分で登山口に着く。
アカヤシオ橋を渡った対岸の左手が尾根の取り付きである。

三ツ森山 (7)
大鳥居があって右上に三森神社の小さな祠が崖にへばりついている。
沢をまたぐように鳥居が立っている珍しい光景だ、なので参道となる石段の上を水が流れてる。

三ツ森山 (8)
登山道は左手にあり市内一番の急登の標識がある。

三ツ森山 (9)
なるほど取り付きから凄い傾斜だ。

三ツ森山 (10)
その後も急斜面にロープが途切れずに付いている。

三ツ森山 (11)
気持ちの良い一気の登りである。
この日は最強寒波の初日で冷たい強風が木々をゆらしていた。

三ツ森山 (12)
露岩帯になると山頂も近い。

三ツ森山 (13)
木立に囲まれた地味な山頂

三ツ森山(14)
月山大神の石碑が立ち楢葉方面の海岸線が望める。

三ツ森山 (15)
火力発電所の煙突が並んでいる。

三ツ森山 (16)
下山は南尾根を下る、こちらも転げるような急坂を行けば長閑な尾根筋になる。

三ツ森山 (17)
右に千軒平溜池への道を分けると沢筋となる。倒木も多く道は荒れているが迷うことなく下って行ける。

三ツ森山 (18)
沢を合わせながら下る。

三ツ森山 (19)
橋が朽ちて落ちているところもあり数回の徒渉がある。

三ツ森山 (20)
下流部は堰堤だらけで朝歩いた林道に下り付く。

三ツ森山 (21)
再び大久川渓谷を愛でながら林道を行けば駐車場に着く。

三ツ森山 (22)
筒井原不動尊は渓谷沿いに立ち素朴な雰囲気がすてきだ。

三ツ森山 (23)
不動尊は無人だがしっかり守られているように見受けた。

三ツ森山 (24)
お堂の中を覗くのが趣味だ

三ツ森山 (25)
境内は大久川のゴルジュの上にあり景勝地なので是非お立ち寄りください。

◆温 泉 道の駅ならは併設の温泉施設 700円 
     10:00~21:00 ナトリウム強塩化物泉 

◆GPS軌跡
三ツ森山 (29)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: