fc2ブログ

記事一覧

2023.11.09嵩山

嵩山
嵩山 (0)
小天狗から不動岩を望む

3度目の嵩山であったが、最後に登ったのは16年前、年が経つと又新鮮な気持ちで歩けるものだ。 353号を走って中之条に近づくと、前方に城壁のような顕著な山が見えてくる。これが嵩山である。吾妻八景に数えられて最高点の大天狗からの展望は素晴らしい。山中には小天狗、不動岩、烏帽子岩、五郎岩、骨穴、弥勒穴やお腹が出ている人は通れない胎内くぐりなど岩峰や奇岩が点在している。落城秘話や古くは縄文時代の遺跡まであり興味ある山である。一般登山道を歩く分にはハイキング気分で充分である。大天狗の手前にある鎖場も長いが傾斜も緩く岩場になれた人には必要ない。小天狗も大天狗も岩峰で展望が良い。山中に点在する岩場を一つ一つ登ってゆくには多少の岩登り経験が居る。不動岩や骨穴、弥勒穴などは高度感ある岩場やガレなどがある。レベルに併せて登れるのも魅力である。

◆コースタイム 
道の駅たけやまP7:36~7:55展望台7:57~8:15天狗の広場~8:20小天狗8:40~8:53不動岩8:56~9:09天狗の広場~9:13三社神社~9:18弘法の筆跡~9:21中天狗~9:28御城の平(本丸跡)9:30~9:44烏帽子岩9:54~9:57五郎岩10:20~10:38大天狗10:52~11:19弥勒穴~東登山道経由~11:32東登山道入口~11:34道の駅たけやまP12:47~道の駅おのこ経由~13:37金島温泉
 
嵩山 (1)
道の駅たけやまから表登山道を行く、

嵩山 (2)
売店の先に登山口がある

嵩山 (3)
ジグザグの急な登りをひと登りで東屋のある展望台へ。

嵩山 (4)
紅葉の隙間から展望があった。

嵩山 (5)
山中には札所のような所があり、番号が付いている。全部回ると楽しいかも。

嵩山 (6)
このあたりが嵩山では紅葉の綺麗なところだ。

嵩山 (7)
勿論古界名山のような圧倒的な紅葉はない。

嵩山 (8)
尾根に上がると平らな天狗の広場で東屋もある。ここから小天狗へ往復。

嵩山 (9)
山頂への鎖場を登れば岩峰上の小天狗だ。

嵩山 (10-1)
社が置かれている。

嵩山 (10)
山頂の佇まい
嵩山 (10-2)
大天狗にもあったが竹竿が天を目指して立っている。

嵩山 (11)
眼下の不動岩周辺の紅葉が素晴らしい。

嵩山 (12)
西側の風景

嵩山 (13)
目指す大天狗の岩峰も確認できる。

嵩山 (16)
展望を楽しんだら鎖場を下る。

嵩山 (17)
眼下に見えた不動岩を目指す。小天狗の岩峰の南側を回り込んでゆく。

嵩山 (19)
鞍部に着くと前方に不動岩の岩壁が立ち塞がり、

嵩山 (18)
振り返ると小天狗の岩壁が聳えている。2つの岩峰に挟まれた鞍部だ

嵩山 (20)
不動岩の鎖場は長く高度感も有り楽しめる所だ。

嵩山(20-1)
狭い岩峰の上に立つ。岩頭には不動明王の像が。露出を失敗した写真だ。

嵩山 (21)
振り返ると小天狗の岩峰が顕著で

嵩山 (22)
大天狗方面も遠望出来る。紅葉も綺麗なところだ。

嵩山 (23)
さて、鎖場は下りがスリル満点。
慎重に下る。

嵩山 (23-1)
高度感抜群で楽しいよ

嵩山 (24)
鞍部まで降りて帰りは小天狗の岩峰の北側を巻く。

嵩山 (24-1)
途中に石門の標識があったので寄り道してみた。

嵩山 (25)
南側に抜けられるようだ。

嵩山 (29)
天狗の広場に戻り先を急ぐ。

嵩山 (28)
大岩の基部のあったのが三社神社。

嵩山 (30)
その先の中天狗の途中にあったのが弘法の筆跡、

嵩山 (31)
並んだ岩をよく見ると何やら文字が確認できる、これが弘法の筆らしい。

嵩山 (32)
中天狗はただのピークで岩はない。

嵩山 (33)
その先にあるのが石仏が広場を囲んで並んだ御城の平(本丸跡)戦国時代の山城の戦いの跡でもある。

嵩山 (34)
見所満載の山中、紅葉も忘れてはいけない。

嵩山 (35)
大天狗の前に烏帽子岩と五郎岩に寄り道。烏帽子岩はそれと分る特徴ある岩峰でまさに烏帽子の形だ、

嵩山 (36)
踏み跡があったので崖の縁を辿りできるだけ上に向かって登って見た。

嵩山 (37)
鎖やロープもない崖縁の道で回り込みながら踏み跡を辿る。

嵩山 (39)
これ以上は無理と言うところで岩峰の先端を見上げて撤退。

嵩山 (40)
分岐に戻り次の五郎岩を目指す。

嵩山 (41)
五郎岩の基部に到着

嵩山 (44)
五郎岩の上は広くてゆっくり休めた。

嵩山 (43)
岩櫃山が見えた。

嵩山 (42)
大天狗も真上に聳えて、いよいよ大天狗へ

嵩山 (45)
足元の紅葉も好きだな

嵩山 (46)
赤だけが紅葉ではないね

嵩山 (47)
でもやっぱり赤い紅葉があると写真が撮りたくなる。

嵩山 (48)
鎖場が始まる、末端の鎖場に取り付く

嵩山 (49)
傾斜は緩く楽しめる所だが長いので次第に高度感が増してくる。

嵩山 (50)
大天狗の山頂は大岩がどんと置かれている。女岩だそうだ。

嵩山 (51)
その上に攀じ登ると社が有り人が数人座れるだけの狭い空間だ。

嵩山 (52)
眼下には今辿ってきた五郎岩が俯瞰できた。

嵩山 (53)
山頂の一角で満開のヤマツツジが、異常な暖かさで季節外れの狂い咲きだ。

嵩山 (68)
下山は長い鎖場を楽しみながら行く。

嵩山 (55)
分岐に戻り東登山道を下る。

嵩山 (56)
下ると途中にハング状の見事な真っ白い岩壁があったが骨穴に向かう登山道は崩壊が激しく通行止めになっていた。
その先に岩壁の中間をトラバースしている真新しい鎖を発見。

嵩山 (59)
興味津々で行ってみると弥勒穴への鎖場だった。

嵩山 (58)
崖縁の狭い踏み跡をトラバースするハードな鎖場だ

嵩山 (57)
岩壁の真ん中に開いた穴の中に弥勒様が鎮座していた。この鎖場は楽しいですので是非弥勒様に会いに行ってください。

嵩山 (60)
登山道に戻ると弥勒穴の説明文がある。

嵩山 (61)
快適に下ってあっという間に東登山道入口へ。

嵩山 (62)
珍しい一本柱の鳥居があったが、これは真新しい観光用かな。

嵩山 (63)
道の駅に到着して男岩を見上げる。
男岩には往復するだけの専用の登山道がある。

嵩山 (64)
◆温 泉 金島温泉富貴の湯 高齢者200円 一般400円
小さな施設であるが、安くてシャンプーも常備していて露天もあり、食堂はないが休憩所もちゃんとある。ここ気に入りました。

◆GPS軌跡
嵩山 (69)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1301位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
468位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: