fc2ブログ

記事一覧

2023.11.08古界名山錦繍

古界名山錦繍こげえなやま
古界名山 (0)

難しい山名である。「焦げ穴」がなまって「こげえな」になったという説が有力だそうだが、古界名山と言う漢字が当てられたいきさつは分らないようだ。昨年有笠山に登った際に知った古界名山と大岩は有笠山に負けない岩峰で目を引いた。まずは古界名山へ。有名な仙人窟までは遊歩道が整備されているが古界名山へは登山道がない、薄い踏み跡は所々藪になり、地形図が欠かせない山道となる。尾根筋は素晴らしい紅葉の連なりで山全体が赤く染まっているようだ。毎年赤いもみじの紅葉を見に吾妻線沿線の山に登りに来るのだが、中でもこの古界名山は今のところ一番だ。紅葉時期には駐車場から車が溢れて路駐まで発生する大人気の高田山なんか問題じゃあない。ただ駐車スペースが殆ど無いので人気になっては困るが。この沿線、登り続けて来た甲斐があったとつくづく思うのである。来年も山を見つけて登に来るぞ。
◆コースタイム 
仙人窟遊歩道入口P7:00~7:33仙人滝分岐~7:53仙人窟7:57~8:04仙人滝分岐~9:42古界名山10:23~11:27仙人滝分岐11:34~11:41仙人滝11:45~11:56仙人滝分岐11:56~12:18遊歩道入口P12:32~13:03沢渡共同浴場
 
古界名山 (2)
登山口は沢渡温泉から暮坂峠へ向かって少しの所で、廃業となった老人健康村美ら寿への林道に入るが入口は地形図頼りでそれらしい古びた看板が目印である。
林道を登って行けばカーブの所に仙人くつ遊歩道入口の標識がある。

古界名山 (1)
遊歩道の標識の前の路肩に駐車、
ここまで車で入れるが林道自体は狭く駐車は周辺の路肩しかない。
同行のA君の軽に便乗させてもらって狭い林道も余裕。

古界名山 (41)
山道から林道に出る、この林道は健康村から続くもので仙人滝の分岐まで続いている。

古界名山 (42)
途中でカモシカと遭遇。動かずにじっと我々を眺めていた。
古界名山 (43)

古界名山 (43-1)
あたりは既に紅葉が素晴らしい、

古界名山 (44)
暖かい日が続き紅葉の最盛期を掴むのに思いを巡らしたが今年も紅葉の最盛期にやってこれた事をまずは喜ぶ。

古界名山 (44-1)
仙人滝への分岐は仙人窟と古界名山への分岐でもあるが古界名山へは道らしいものがなく地形図を確かめるためにまずは仙人窟へ向かう。

古界名山 (44-2)
崖の縁を辿る道から急斜面にへばりつくような梯子を下ると洞窟の入口。周囲の紅葉も素晴らしい。

古界名山 (45)
奥行きがある大きな洞窟で案内によると奥行き50mとあるが、そんなにはないだろう。

古界名山 (46)
外からでは分らなかったが、中から外を見ると入口が二つあった。

古界名山 (47)
山頂へは沢沿いに行く事も出来そうだが、仙人滝の分岐まで戻り、確認できた分りやすい尾根を登ることにして標識から尾根の末端に取り付く、薄い藪の道だ。これが尾根の末端、かすかに踏み跡が。

古界名山 (50)
尾根の南側が赤く染まっている。

古界名山 (51)
道は相変わらず藪だが尾根が顕著なので迷いはない。

古界名山 (52)
赤い木々に囲まれて登る。

古界名山 (53)
見上げれば空まで赤く染まっているようだ。

古界名山 (54)
上ばかり眺めて中々進まないが慌てる必要も無い。

古界名山 (55)
上から注ぐ照明のような太陽。

古界名山 (56)
紅葉、

古界名山 (57)
紅葉だ。

古界名山 (58)
藪はこんな程度で苦にならないほどの笹藪である。

古界名山 (59)
対岸に山頂が見えた、ルートは大きく回り込んでゆくようだ。

古界名山 (60)
尾根が岩壁に阻まれるが右側から北側にまわり込み1210.2mから派生する尾根に登る。

古界名山 (61)
紅葉に見惚れながらこの尾根を忠実に辿って行けば山頂だ。

古界名山 (62)
山頂には手書きの粗末な標識がぶら下がっていた。

古界名山 (63)
向かいには大岩山の大きな塊が望める。

古界名山 (64)
遠望は霞んではいるが浅間山が大きい。

古界名山 (65)
 下山は再び紅葉の尾根、足元にも、

古界名山 (66)
ツツジ?も紅葉してる。

古界名山 (67)
下山は太陽も多少位置を変えてまた違った色合いで2度見ることが出来る

古界名山 (68)
素晴らしい。

古界名山 (69)
仙人滝の分岐まで戻って、

古界名山 (70)
最後に仙人滝見物に向かう。洞窟があったあたりは凄い岩壁になっている。
古界名山 (72)
谷底まで結構下る、勿論帰りは上りだ。水量の乏しい滝で迫力には欠けるが高さは50m位あるだろうか、

古界名山 (73)
それよりも周辺の白い岩壁が見事である。仙人窟はこの岩壁のどこかにあるようだ。

古界名山 (74)
分岐まで登り返し紅葉の名残を惜しみながら車に戻った。

古界名山 (75)
沢渡温泉まで戻り44度だという熱い共同浴場に入ってさっぱりした。42度程の湯船もある。
◆温泉 沢渡温泉共同浴場 300円 9:00~21:00 ℡0279-66-2841
44度と42度ほどの湯船が二つある。勿論洗い場はなく汗を流すだけだがそれだけで気持ちよい。駐車場が3台だけなので駐車できたらラッキーだ。大きな車は無理だ。

◆GPS軌跡
古界名山(77)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1301位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
468位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: