fc2ブログ

記事一覧

2023.11.02伊吹山

伊吹山
伊吹山 (1)
南東山麓の道の駅伊吹の里から仰ぐ夕暮れの伊吹山

伊吹山はかの加藤文太郎の単独行に出てくる山で有る。彼の冬山訓練の場として私の中にはづっと存在していた。それは漠然としたのもだったが、まさか山上までスカイラインが通じているとは思わなかった。文太郎の時代はもはや過ぎ去ってしまった。下から登る登山道は崩壊のため通行止めでスカイラインを利用するコースのみが許されているようだ。山上をひとまわりしたが山頂付近には建物や植生保護のための柵が所狭しと乱立していて趣がなかった。それでも谷間を覗けば急峻な斜面が落ち込んで山の険しさを物語っていた。花の名山で山頂の草原植物群落は国の天然記念物に指定されている。次回は花の季節に来てみよう。とにかく一度は登ってみなければ話にならないと言うことだ。

◆コースタイム
 山頂駐車場10:54~11:02西登山道合流~11:15上野登山道分岐~11:23伊吹山~11:28伊吹山三角点12:42~東登山道経由~13:24山頂駐車場14:24

伊吹山 (2)
ドライブウエイの紅葉
朝は山に雲がかかり天気が良くない、午後から晴れるようなので下山したら行く予定であった彦根城見学に急遽変更。国宝の天守閣は5つしかないので是非見てみたかった。その後ドライブウエイに移動、JAF割がありがたい。

伊吹山 (3)
ドライブウエイの周辺は紅葉が見頃な所あり、時々車を停めて楽しむ、通行料の元は取らないと。

伊吹山 (4)
上に登るにつれて霧がかかり、とうとう雲の中に入って仕舞い山上は視界が10m程だった。先が見渡せない広大な駐車場で登山道口を探して右往左往、西登山口から山頂へ登り東登山道を降りる周回コースを歩くことにした。

伊吹山 (5)
西登山口の入口がよく分からなかったので中央登山口から西登山口へ不明瞭な道を辿って合流、

伊吹山 (6)
後は立派な遊歩道で山頂に導かれる。上野登山道の分岐

伊吹山 (7)
霧の中に遊歩道がボーット浮かぶ

伊吹山 (8)
そのうち霧は晴れると読み、わざとゆっくり歩く。20分ほどで山頂に着く。

伊吹山 (9)
まだ霧が晴れなかったが、回復を待ってゆっくり食事。そのうちにわかに雲が飛んで青空が見えてきた。

伊吹山 (10)
なので再び山頂台地を散策、

伊吹山 (11)
草原の台地は広々としているが柵が張り巡らされて自由には歩けない。山小屋やカフェや伊吹山寺覚心堂もある。

伊吹山 (12)
とにかく山頂は広い。

伊吹山 (12-1)
柵の多さが分りますか。

伊吹山12-2
山頂標識は中心部に日本武尊の石像と共に目立って居るが三角点は台地の東側の隅にひっそり置かれている。
皆さん気づいているのかな

伊吹山 (13)
1時間以上たっぷり休憩して東登山道を下る。

伊吹山 (14)
南側の崖沿いに歩いてゆく。

伊吹山 (15)
谷間を覗くと急峻な斜面で谷に落ち込んでいる。

伊吹山 (16)
紅葉も綺麗だ。

伊吹山 (17)
道路が通じて居なければそれは険しい山なのだろう。

伊吹山 (18)
谷間の風景は見飽きない、

伊吹山 (19)
下山しながら振り返れば山頂は山らしい。

伊吹山 (20)
中央や西登山道に比べると遊歩道という感じではなく、標識には登山靴が必要と書いてあった。

伊吹山 (21)
下を見ればよく晴れているのだが、山頂は時折ガスで見えなくなりすっきりとは晴れてくれないようだ

伊吹山 (22)
この山は東登山道が魅力だ、標識によると下山専用の山道らしいのだが

伊吹山 (23)
露岩帯もあるので楽しい道である。

伊吹山 (24)
こんな岩の風景は東登山道の特徴

伊吹山 (25)
そのうち駐車場が見えてくる。

伊吹山 (26)
駐車場から山の全景が見えるかと思ったが、見えない。ここまで来て山に登らなかったら何を見て帰るんだろう何て余計な心配をしてしまった。

伊吹山 (27)
下りのドライブウエイは霧も晴れて周囲の紅葉を眺め、

伊吹山 (28)
やっと伊吹山の山容を見ることが出来て想い出となった。

伊吹山 (29)
下山後は池田温泉へ立ち寄り最後の温泉を楽しんで帰京した。
第二東名のリニューアル工事の渋滞にはまりながら深夜2時の帰宅となった。深夜割りが使えて良かったけどね。

◆温 泉 池田温泉本館 700円 大きな施設でゆったり
10:00~22:00 ℡0585-45-1126
隣にある新館も温泉に入れる料金は同じだが、駐車場が狭いようだ。
また近くには道の駅池田温泉がある。
◆伊吹山ドライブウエイ
1965年に開通した有料道路で季節によって違う。10-11月は8時から19時まで11月最終日曜までで冬は閉鎖。夏などは3時から開いているのでご来光も拝めるし花も綺麗なようだ。
通行料金¥3140、JAF割で¥2900軽自動車も同一料金
◆GPS軌跡
伊吹山 (33)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: