fc2ブログ

記事一覧

2023.11.01蓬莱山~比良山

蓬莱山~比良山
比良山 (0)
比良山系の真珠、小太郎ヶ池

ロープウエイが山頂近くまで登っていて、蓬莱山はあまり興味が無かったが、やはり比良山系では大きな存在なのでその山麓に佇む小太郎ヶ池を第一目的とし、比良山系の名前を冠した比良山も加えてロープウエイ利用で巡ってきた。ロープウエイの駅がある打見山1108m周辺は平日にも関わらず観光客で賑わっていたが山道に入れば全く閑散としていて静かな秋の山歩きが楽しめた。
◆コースタイム 
ロープウエイ山麓駅9:18~9:30打見山(ロープウエイ山頂駅)~9:47蓬莱山~10:08小太郎ヶ池分岐~10:11小太郎ヶ池10:32~10:36分岐~10:59蓬莱山11:05~11:23打見山(ロープウエイ山頂駅)11:30~11:46木戸峠~12:18比良山12:32~12:57木戸峠~13:15打見山(ロープウエイ山頂駅)13:20~13:32ロープウエイ山麓駅

比良山 (1)
 一番のロープウエイは定員の半分以下で並ぶこともなく余裕で乗車。

比良山 (2)
ロープウエイは快適、眼下の紅葉も見頃で居ながらにして楽しめるのは良い。

比良山 (3)
紅葉にゴンドラの影が映り是も趣があった。

比良山 (4)
蓬莱山への登りからロープウエイ山頂駅を眺める。
ロープウエイの山頂駅が打見山の山頂であたりはカフェや遊園地や体験施設が散見して登山道を探すのに苦労するが、蓬莱山が間近に見えるので山頂目指してゲレンデの芝生の斜面を適当に登ってゆく。

比良山 (5)
山頂までも冬は高速リフトがあるのだがこの季節は動いていないようだ。シーズンを控えて点検に忙しそうだった。

比良山 (6)
山頂からは笹原の稜線を小太郎ヶ池に向かって下ってゆく。

比良山 (7)
なだらかな稜線が続く景観の良い道だ。

比良山 (8)
左手には終始琵琶湖が望める。

比良山 (9)
山頂から一気に降りれば後は小さな起伏があるだけだ。下ってきた蓬莱山を振り返る。

比良山 (10)
途中にかわいらしいお地蔵さんを見つけた。

比良山 (11)
幾つか起伏を越えると池へのコルに出る。
右手の道が池への道

比良山 (12)
池に向かって緩やかな下りを行く。

比良山 (13)
小さな窪地に池が広がっていた。だあれも居ない。蓬莱山の雑踏を離れた別天地だ。

比良山 (14)
低い笹藪の踏み跡を辿って時計回りに一周してみた。

比良山 (15)
南側からは蓬莱山が望める。

比良山 (16)
西側からの風景。

比良山 (17)
北側からの風景、それぞれに表情が変わり楽しかった。

比良山 (18)
東側の入口に戻り池の風景を堪能して別れた。稜線の分岐に戻り蓬莱山へ帰る。

比良山 (19)
蓬莱山の登りをゆっくり歩く。途中に今度はひとつだけの地蔵を発見。

比良山 (20)
山頂に戻り再び風景を確かめる。辿ってきた稜線と琵琶湖

比良山 (21)
比叡山方面に向かう尾根は比良比叡トレイルのコースだ。

比良山 (22)
手前の尾根の麓に小太郎ヶ池が望めた。

比良山 (23)
また広い山頂の一角に三角点を発見。

比良山 (24)
展望案内板もある。

比良山 (25)
そして山の神休憩所と昨日登った武奈ヶ岳がしっかり望めた。

比良山 (26)
九体の地蔵も安置された賑やかな山頂だった。

比良山 (27)
下山も右手の琵琶湖に浮かぶ島影を望みながら芝生のゲレンデの中を適当に下ってゆく。

比良山 (28)
打見山の山頂はトイレと案内場の立派な建物。ここから比良山への道を行くが標識もなく分りにくい、

比良山 (29)
結局ゲレンデの中を下りてゆくのが登山道だと分る。

比良山 (30)
ゲレンデの斜面を降りきると木戸峠への標識がある。

比良山 (31)
往時を偲ばせる木戸峠は分岐からすぐだ。

比良山 (32)
傍らには4体の地蔵尊が昔を語っているようだ。

比良山 (34)
この尾根は比良比叡トレイルのコースになっていて行き帰りに数人の若者に出会った。

比良山 (33)
しばらくは平坦な道を快適に歩いてゆく。

比良山 (35)
紅葉を楽しみながら比良山へ向かう。

比良山 (36)
最後はじわりじわりと登りになり山頂の台地にでる。

比良山 (37)
山頂は平坦な台地の端っこにあった。

比良山 (38)
木の間越しに蓬莱山が見える。帰りはあそこまで登り返しだなあーと眺める。
静かな山頂で野鳥の声を聞きながら過ごして戻ってゆく。

比良山 (39)
時折足を止めて紅葉を写真に収める。

比良山 (41)
地蔵の置かれた木戸峠に戻ってきた。

比良山 (42)
後はあの急なゲレンデを一歩一歩登ってゆく、

比良山 (40)
慰めはゲレンデ周囲の紅葉だ。

比良山 (43)
登り切った打見山からは脇目も振らずにロープウエイに並んで空中の人となる。

比良山 (44)
陽が昇り一層鮮やかになったロープウエイからの紅葉を楽しんだ。

比良山 (45)
この景色、さぞ週末は混雑するだろう。歩かずにこの紅葉が楽しめるのだから観光客にはたまらないだろうね。

比良山 (46)
最後に駐車場から一気に降りてきた山上を仰ぎ見る。

比良山 (47)
温泉は昨日と同じ「比良とぴあ」でした。
◆温 泉 比良とぴあ 高齢者¥500円(70才以上) 一般¥620
            10:00~
◆びわ湖バレイロープウエイ事情
ロープウエイは高価だ、往復3800円、ネットでの前売りで2700円になるのだが決済の所で16桁のカードナンバーを入れるところで、どうしても13桁しか入らない、問い合わせて指示通りやっても13桁しか入らない、当日チケット売り場でやって見せたのだが、どうしてだろうって職員にも分らないのだからどうしようもない、結局割引なんか出来ないんじゃないのと疑ってしまう。善処願いたいと係員には言っておいた。
 ロープウエイは11月から始発が9時半で登山者には遅すぎる、なので早朝から登った方が良いと思う、ただ駐車場のゲートが開くのが9時でその前に登るとなると前日に駐車場に入っていかなくてはならない、それが出来るのかどうか。又片道だけ利用することが出来るのか、こんな疑問はネットではどうしても情報が取れなかった。

◆GPS軌跡
比良山作図
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: