fc2ブログ

記事一覧

2023.07.04ニセコアンヌプリ

ニセコアンナプリ
ニセコアンナプリ(0)
羊蹄山近影

移動日に晴れたので行程の短いアンナプルへ、冬も夏ももう記憶の中で靄のように薄れてきたニセコアンヌプリへ敬意を込めて登って来た。流石盟主、大展望が待っていた。

◆コースタイム 
五色温泉駐車場4:57~6:20ニセコアンナプリ6:37~7:42五色温泉駐車場

ニセコアンナプリ (1)
五色温泉の上にキャンプ場がありその駐車場が登山口になっている。駐車の環境は良い。

ニセコアンナプリ (2)
届を出して出発

ニセコアンナプリ (3)
山容でも分るが一直線の登りで一気に山頂へ、次第に展望が広がる登山道は爽快だ。
目国内岳やシャクナゲ岳、チセヌプリが連なる。

ニセコアンナプリ (4)
キスゲ咲く登山道だ

ニセコアンナプリ (5)
隣のイワオヌプリは山頂まで行けない火山の山だ。

ニセコアンナプリ (6)
逆行なのでシルエットの山頂が迫ってくる

ニセコアンナプリ (7)
目国内岳、シャクナゲ岳、チセヌプリ、イワオヌプリとニセコ連峰の山が勢揃い。
登ってから眺める山は気分が良い。


ニセコアンナプリ (9)
南側にはニセコの町が広がる

ニセコアンナプリ (10)
イワオヌプリと五色温泉を俯瞰する。
TVで騒がれている異常噴気の現場がここからでも良く見える。

ニセコアンナプリ (11)
マルバシモツケソウ
ニセコアンナプリ (12)
上部の露岩帯

ニセコアンナプリ (13)
展望を楽しんでいる内に山頂の台地に到着。気持ちの良い稜線を歩けば山頂だ。

ニセコアンナプリ (14)
ミネヤナギ越しの日本海

ニセコアンナプリ (15)
山頂到着、だあれも居なかった

ニセコアンナプリ (15-1)
まずは羊蹄山が端正な姿を見せている、写真だけなら富士山と間違えそうだ。北海道では色々な山から眺められる存在感があるが、今回は過去に登っていると言うことで計画には入れなかったが次回は是非登って見よう。

ニセコアンナプリ (16)
北側には日本海の先に暑寒別岳のなだらかな山容が望める

ニセコアンナプリ (18)
避難小屋もありご来光を拝むのには最適だ

ニセコアンナプリ (17)
内部はこんな感じ

ニセコアンナプリ (19)
眼下には懐かしいスキー場が見える。

ニセコアンナプリ (21)
景色をゆっくり堪能して下山、

ニセコアンナプリ (23)
花もそこそこ楽しめる尾根である。

ニセコアンナプリ (25)
西側にはもう雲が湧いてきた、やはり山は早朝だよね

ニセコアンナプリ (26)
マルバシモツケ、この花が沢山咲いていた

ニセコアンナプリ (27)
遠ざかる山頂を振り返る。

ニセコアンナプリ (28)
キスゲとイワオヌプリ

ニセコアンナプリ (30)
登山口に下山、まだ朝でこれから登ろうという人が何人も居た。

ニセコアンナプリ (33)
羊蹄山の北から東に回り込みながら北海道らしい景色を楽しみながら支笏湖に移動した。

◆温 泉 
ニセコは温泉の宝庫、骨折している身なので温めることが出来ずに温泉の楽しみは半減だったがニセコ駅前の日帰り温泉はゆったり過ごせた。500円。

◆GPS軌跡
ニセコアンナプリ (34)


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: