fc2ブログ

記事一覧

2023.07.02目国内岳

目国内岳
目国内岳 (0)
バンケメクルナイ湿原

ニセコ連峰の西の端にある山で端正な姿で魅了する、岩内岳との鞍部に広がるバンケメクルナイ湿原には木道なども完備しておらず自然そのままの風景が広がっている。出来れば岩内岳まで縦走すればロスもなく効率が良いのだが車の回収が困難なので登山口の新見峠からの往復となる。湿原と合わせて登ればニセコ連峰で一番魅力ある山ではないかと思う。

◆コースタイム 
新見峠P6:32~7:12前目国内岳~7:39岩の門~8:18目国内岳8:22~9:04バンケメクルナイ湿原9:25~10:25目国内岳~11:08岩の門~11:40前目国内岳12:06~12:40新見峠P13:35~14:22ニセコ駅前温泉綺羅乃湯(きらのゆ)16:50

目国内岳 (1)
登山口となる新見峠の駐車場

目国内岳 (2)
駐車場の脇にある登山口、届け出の箱があるので提出して出発。

目国内岳 (3)
笹の道を行くと手前のピークである前目国内岳のなだらかな山容が見えてくる。

目国内岳 (4)
笹に覆われた山で青空に緑が映える。

目国内岳 (6)
ひと登りで前目国内岳の山頂で前方に目国内岳が端正な姿で現れる。

目国内岳 (5)
振り返るとニセコアンナプリへの山波が縦に繋がり、その向こうに羊蹄山が望める。

目国内岳 (6-1)
縦走路を歩いてゆく、目国内岳と岩内岳の緩やかな稜線が美しい。

目国内岳 (7)
岩内岳の右手には日本海が広がる。

目国内岳 (10)
岩の門
一旦下って目国内岳への登りだ、振り返るともう前目国内が遠ざかる。帰りは登り返しだな。ひたすら縦走路を行く、途中に岩の門があるが名前を付けるほどのものではない。

目国内岳 (11)
グンナイフウロ
花を愛でながら本峰に迫る。この時期の山は花が盛りで楽しみのひとつだが、帰ったら調べたい花が沢山ある。

目国内岳 (12)
端正な目国内岳も近づくと岩峰が目立ってくる。

目国内岳 (13)
近づくと一層岩場の景観が素晴らしい。

目国内岳 (14)
振り返ると前目国内岳がもう霞むほど歩いた。


目国内岳 (15)
山頂付近は結構な岩場で岩の間を縫ってゆく。

目国内岳 (16)
岩場の上に山頂標識がありそこが最高点の1220mだが三角点は少し下の縦走路脇にあり1202.3mなのだ。

目国内岳 (16-1)
振り返るニセコ連峰と羊蹄山

目国内岳 (17)
眼下を見下ろすと湿原のような風景が広がるが目指すバンケメクルナイ湿原とは違うようだ。

目国内岳 (18)
目的は岩内岳との鞍部にあるバンケメクルナイ湿原なのでゆっくりもできず景色を堪能して湿原に向かう。
湿原への道と岩内岳、遠く岩内の町と日本海が望める。

目国内岳 (19)
湿原への道は少し戻ったところから分岐する、入口を少し入ると標識がある。
下りながら帰りは登り返しだなと憂鬱になるが仕方ない。

目国内岳 (21)
下り40分程で湿原に到着。

目国内岳 (22)
湿原はもっと花があるかと思ったが意外と少なくてガッカリ。

目国内岳 (22-1)
湿原を端まで歩いて戻る。湿原にあるバンケ沼はどれだ、まあ一番大きな池がそれでしょう。湿原は登山道も木道も水浸しでゆっくり腰を下ろすところもない、うっかりすると靴が水没してしまう。早々に退散、

目国内岳 (23)
ヒオウギアヤメ

目国内岳 (24)
イワイチョウ
目国内岳 (25)
ツガザクラ

目国内岳 (26)
ゴゼンタチバナ

目国内岳 (27)
じっくり登り返して、山頂の岩場が見えてきた。

目国内岳 (29)
山頂を越えた頃から次第に雲が湧いてニセコ連峰が雲に隠れてしまった。

目国内岳 (30)
グンナイフウロ
目国内岳 (31)
ニッコウキスゲだが北海道ではエゾゼンテイカでしょうか。

目国内岳 (32)
下山はのんびり花と対話をしながら、最近は下りの方が時間を掛けることが多い、
ミヤマキンバイ

目国内岳 (33)
マイズルソウ
目国内岳 (34)
イワオトリギの母種で北海道に咲くハイオトリギと思われる。

目国内岳 (35)
エゾシオガマ
目国内岳 (36)
ウコンウツギ
目国内岳 (37)
アマニュー

目国内岳 (38)
前目国内岳に戻ってほっと一息、楽しい1日だった。

目国内岳 (39)
下山した駐車場は満杯で車が道路にはみ出ていた。

◆温 泉
ニセコ駅前温泉 綺羅乃湯(きらのゆ) 600円
設備も整ってゆっくり過ごせる施設。10:00~21:30

◆コンビニ
北海道にはサンコーというご当地コンビニがありワンパックが小さい惣菜が揃っていて一人の私には最適なのでサンコーの愛用者になった。

◆GPS軌跡
目国内岳 (46)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
222位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: