fc2ブログ

記事一覧

2023.05.21ドンデン山~アオネバ渓谷

ドンデン山~アオネバ渓谷
ドンデン山 (0)
ドンデン山から金北山を望む

花が凄いと噂の佐渡島へ、シラネアオイ街道と評判のアオバネ渓谷とドンデン山をセットで登る。天気が良かったのでフェーリーで着いた日にそのままシャトルバスに飛び乗る。発車5分前だった。シラネアオイが登山道脇に点々と咲いて、山頂からの展望も良く、金北山の姿を目前に仰ぎ見て1日目から佐渡の山を堪能した。

◆コースタイム
新潟港6:00~8:35両津港8:50~9:24ドンデン山荘バス停~9:27ドンデン山荘~9:40尻立山9:46~9:58ドンデン池10:01~10:05避難小屋~10:33アオネバ十字路~11:47ユブ~13:21アオネバ登山口~300m先~アオネバ登山口バス停13:45~14:00両津港

ドンデン山 (1)
フェリーから望む大佐渡山地の全景、左の一番高いのが金北山。
12日に佐渡島に上陸、フェリーから車で出たのが8:35分、駐車場に車を入れて8:50分のバス、私としては異例のせわしさ。その甲斐あって雲ひとつない晴天に恵まれた。

ドンデン山(0-1)
大きなバスがやっとの狭い道をヘアピンカーブを繰り返して登ってゆく。一般車も通行可能だがこんなバスとすれ違ったら怖いな。ドンデンの駐車場もスペースは少ない。

ドンデン山 (1-1)
シャトルバスでドンデン山荘へ、標高が高いので既に両津港と汽水湖である加茂湖が眼下に広がっていた。

ドンデン山 (2)
シャトルバスの帰りの時間が最終13:45分、間に合うのか。そんな気持ちで歩き始めたので、ドンデン山荘は素通り。

ドンデン山 (3)
山荘脇の登山口からまずはドンデン山(尻立山)を目指す。

ドンデン山 (4)
早くもカタクリ

ドンデン山 (5)
緩やかな起伏の展望の良い明るい尾根を歩いてまずは尻立山へ

ドンデン山 (6)
ひと登りもしないうちに山頂に着く。
金北山が立派な山容だ、佐渡のシンボルだろう。

ドンデン山 (7)
標高は1000mちょっとなのに沢筋には雪も残っている、流石豪雪地帯だな。

ドンデン山 (8)
両津港の彼方には本土の山並みが確認できる。

ドンデン山 (9)
反対側は金剛山へ尾根がなだらかに続いている。

ドンデン山 (10)etigokijimusiro
この稜線は紫のタチツボスミレと黄色いエチゴキジムシロが多い。

ドンデン山 (11)
見慣れたコイワカガミかと思ったら背が高く大ぶりで一株の花の数も多い。

ドンデン山 (12)
山頂を後に展望の良い尾根を下ってゆく、行く手の赤い屋根は避難小屋だ。

ドンデン山 (12-1)
稜線から見えたドンデン池に寄り道してみる。ぽっかりと空いた空間に佇む池の風情が素晴らしかった。

ドンデン山 (13)
池にはサンショウウオの卵が沢山産み付けられていた。
親は見当たらなかった。

ドンデン山 (15)
カタクリ咲く山道を行き、縦走路に戻る。

ドンデン山 (14)
縦走路に戻る途中に避難小屋に立ち寄る。

ドンデン山 (17)
山道にはそこかしこに花が迎えてくれる。湿原のような原には水芭蕉も咲いていた。

ドンデン山 (16)
タチツボスミレ、と決めつけていたが後で分るのだが似ていて分らないスミレもあるようだ。
スミレの種類は多く、スミレを制するものは花を制すると言っても良い位なのだ

ドンデン山 (18)
水芭蕉は水の流れに沿って咲いているだけで一面の風景にはならない。

ドンデン山 (19)
湿原の風景を楽しみ先を急ぐ。

ドンデン山 (21)
山道には雪が残っているが、そんなところが花の多いところだ。

ドンデン山 (22)
林道が車道に合流、しばらくは車道を歩く。

ドンデン山 (20)
踏み跡があったので入ってみるとシラネアオイとカタクリの群生があった。
ドンデン山 (23)

ドンデン山 (26)
湿原にはザゼンソウも数株。

ドンデン山 (27)
車道に戻って歩いてゆくと金北山への縦走路入口で、アオネバ渓谷の分岐になっているアオネバ十字路は入ってすぐの峠だ。

ドンデン山 (28)
予約したドンデンライナーに乗るべくアオバネ渓谷に下る。
花が多いと評判の渓谷である。エンレイソウもこの山域はとても多い。

ドンデン山 (30)
この渓谷沿いのシラネアオイが目的のひとつだった。

ドンデン山 (29)
一面に咲いていると言うことはないが、登山道沿いに点々と咲いている。

ドンデン山 (30-1)
これほどのシラネアオイは見たことがない、噂通りだ。
ドンデン山 (31)

ドンデン山 (32)
勿論色々な花が咲いていて、ニリンソウは谷全体を埋める場所もあった。
イワカガミはいつも高山で見ているコイワカガミとはちょっと違う、これはオオイワカガミと言うらしい。

ドンデン山 (33)

ドンデン山 (34)
エンレイソウの花もアップするとこんな形だ。

ドンデン山 (35)
フデリンドウ

ドンデン山 (36)
茎が長くて花も多いからオオイワカガミ、

ドンデン山 (37)

ドンデン山 (38)

ドンデン山 (39)
新緑も今が盛り、

ドンデン山 (40)

ドンデン山ヤマトグサ (2)
見つけたあヤマトグサ
ドンデン山ヤマトグサ (1)
今テレビで人気の牧野富三郎が見つけた花で、この渓谷に咲いていると噂があった、ヤマトグサ。
ネットの解説では「日本人として初の新種報告であることからこの和名「大和草」を命名されたのです。1889年、牧野先生が27歳のときです。 「大和草」とは「日本の草」の意味です。 牧野先生の思いが伝わって来る気がします。 学名は現在では Theligonum japonicum Okubo et Makino が通用しており・・・」とある、小さくて目立てないので花が咲いていないと専門家でないと分りません。ラッキーでした。関東では筑波山にも咲いていますが見つけるのは至難の業でしょう。

ドンデン山 (41)
綺麗な花、

ドンデン山 (42)
郊外のお庭にも咲いているシャガですね。

ドンデン山 (43)
羊歯の新緑にも癒やされる。

ドンデン山 (44)
アオネバ渓谷登山口に到着

ドンデン山 (46)
バス停は300m下にあった。
ガイドブックなどを参考にしてバス時刻に間に合うか心配であったが、間に合うどころか時間が1時間以上余って、途中で昼寝の時間もあったほどだ、これならもっとゆっくり寄り道も出来たな。
★アオネバとは尾根周辺に見られる青い粘土が名の由来だそうだ。

ドンデン山 (54)
★下山後時間が合ったので朱鷺を見に行った、いままさに繁殖期なので羽根が灰色であった、まだ幼鳥で繁殖できない白い朱鷺もいた、ゲージの中ではあるが別棟では子育て中の朱鷺も見ることが出来た。朱鷺を見ることは佐渡に来た目的のひとつだった。現在佐渡には500羽あまりの朱鷺が生息している、地元の人はよく見かけるそうでそんなに珍しいことではないと言うが、突然やって来て見ようと思ってもそう簡単ではあるまい。

◆GPS軌跡
ドンデン山作図

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
222位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: