fc2ブログ

記事一覧

2023.03.23古処山~塀山

古処山~塀山
古処山 (0)
一日中雨が降り続いた。全天候型登山、ハイキング程度の山だからと思って決心したけど遠征中の雨は大変。雨対策を完璧にしても、靴は濡れる、雨具は当然濡れる、スパッツはドロドロ、ザックカバーをしてもザックが全く濡れないわけではない。そんな状態で車に帰ってどうしようである。町に出てコインランドリーに駆け込む、ちょっと考えてしまった。
雨の山が楽しいとは言えないが、自然は雨の日も開店営業である、そこに遊びに行った。

◆コースタイム 
キャンプ場入口P8:35~8:44登山口~9:38古処山~10:07塀山自然羅漢~10:15塀山~奥の院コース~11:18キャンプ場~11:24
キャンプ場入口P

古処山 (1)
登山口に着くとキャンプ場が定休日で閉鎖されていて中には入れず、手前の路肩に駐車、10分弱のロスタイム。

古処山 (2)
キャンプ場を通り抜けて登山口に到着

古処山 (3)
下山予定の奥の院コースを分岐するとひたすらの登りだ、雨は止む気配がなくもう開き直る。

古処山 (4)
幸い雨の日でも歩きやすい道である。

古処山 (5)
緑も鮮やかに感じる、まあ楽しんで登る。

古処山 (6)
次第に露岩が目立つようになる、

古処山 (7)
苔むした露岩帯は唯一の慰み。

古処山 (7-1)
この山の印象的な風景である。

古処山 (8)
大岩が乱立すると山頂の標識があった、

古処山 (9)
到着と思ったらその上にまだ高みがある、そこにも山頂標識、訳分らん。

古処山 (10)
時間も早いので塀山へ縦走することに、雨なのにその先へ行かなくても良いのに、と別の自分が言ってる。
途中の塀山自然羅漢も苔むした岩塔の集まりで唯一楽しませてくれた。

古処山 (11)
先ほどの苔むした岩群が丁度羅漢像に見える。

古処山 (13)
長いが平坦な縦走路だ、雨でぬかるんでいなければ走れるほどの良い道。

古処山 (12)
塀山の山頂、勿論展望有りません。

古処山 (14)
山頂を足早に往復して奥の院コースを下山、登山地図では破線の登山道なので岩場や不明瞭な尾根筋もあったが問題なく歩けた。
雨の一日、長い遠征に出ればこんな日もあるさ、でも雨の日に休まないとづっと連続になっちゃうな。
古処山、悪くない山でしたよ。

★登山口の古処山キャンプ場に向かう途中に交通事故に遭遇、Uターンしたワンボックスにバイクが2台衝突、側面がぺしゃんこの車と大破したバイクの脇をすり抜ける。帰りのニュースでバイクの一人が亡くなったようだ。Uターン禁止の道路だったそうです。車が頼りの我が旅、気をつけなければいけないな。

◆GPS軌跡
古処山 (19)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: