fc2ブログ

記事一覧

2023.03.19烏帽子岳~吾妻山~比婆山

烏帽子山~吾妻山~比婆山
比婆山 (1)
やっと晴れ間が覗いた。烏帽子山から吾妻山、比婆山と回った。吾妻山の往復は結構なアルバイトだが往復して価値ある山だった、比婆山よりよほど名山だ。大膳原からの山容が端正な姿で印象的だった。

◆コースタイム ひろしま県民の森公園駐車場6:30~7:01避難小屋~7:03出雲峠7:10~7:54烏帽子岩7:56~烏帽子山三角点8:06~8:08吾妻山分岐~8:27横田別~8:31大膳原8:34~9:06吾妻山9:25~9:49大膳原~9:52横田別9:57~10:20烏帽子山肩10:25~10:40比婆山(御陵)10:56~11:01下降点分岐~11:18スキー場最上部~11:36スキー場下~11:40金屋子神社~11:46県民の森公園駐車場12:22~13:00高尾の湯13:20

比婆山 (2)
広島県民の森公園はスキー場が併設された広大な施設で駐車場も広くて安心。

比婆山 (4)
広大なだけに登山口もいろいろあって目的の出雲峠への登山口を探すのも苦労。地図を見ながらスキー場を右往左往してしまった。登山口を入れば後は登るだけ。渓流沿いの登山道を快適に行く。

比婆山 (5)
出雲峠は広島と島根の県境で峠を越えれば奥出雲だ。避難小屋があった。

比婆山 (6)
明るい広々とした平坦地で峠のイメージはない。

比婆山 (7)
峠からは烏帽子山の登りだが俄然雪が多くなる。

比婆山 (7-1)
沢沿いに登るために踏み跡も不明瞭、地図ではジグザグに登っているがよく分からない。登山道を外さないように行くと面倒なので雪道を適当に登ってゆく、沢の源頭に入り込み滑る斜面を必至に尾根に出る。ここは登山道をなぞっていないので立木頼りのすべる急斜面だった。
尾根に出て登山道と合流して山頂へ。

比婆山 (9)
烏帽子山山頂付近は雪が消えてぬかるみが多い。

比婆山 (10)
なだらかな山稜なのに何で烏帽子山かと思ったら山頂付近に烏帽子岩があった。山中には烏帽子岩のような岩が幾つかあって島根に接しているこの岩は出雲烏帽子岩と呼ばれているそうだ。

比婆山 (11)
知らない山では展望案内が有りがたい

比婆山 (12)
山頂はどこにあるかと地図を見ながら探していたら藪の中に三角点があった。これはわかりづらい。ほとんどの人が確認できないんじゃない。

比婆山 (13)
さて、吾妻山の往復である。分岐から下る。

比婆山 (14)
この山域の核心部だろう。づっと下ってその分登り返す。帰りも同じだ。前方に吾妻山が聳える、遠いな。

比婆山 (15)
下りきった鞍部に広がる大膳原は山中にぽっかり空いた笹原の素敵な所、目前の山頂付近だけ雪を抱いた吾妻山が秀麗な姿で聳えている。

比婆山 (16)
じっくり登ってゆく、次第に大膳原が小さくなって烏帽子から比婆山の稜線が見えてきた。

比婆山 (17)
その高さから覚悟して登ったせいか気持ちの上では意外と早く山頂に辿り着いた。

比婆山 (19)
ほとんど山の名は分らないが360度見渡す限りに山が続いている。案内板で確認。中国山地は広い。

比婆山 (21)
山頂は樹氷が、まだ3月だからね

比婆山 (18)
反対側には沼が点在する湿原が見えた。

比婆山 (22)
再び下って登り返しだ、振り返った吾妻山がもう高い。

比婆山 (23)
烏帽子山の尾根に戻ってきた、比婆山は近い、

比婆山 (24-1)
緩やかな登りで山稜に出れば雪に覆われた平坦な尾根である。

比婆山 (24)
大岩が目立つようになると山頂は近い。

比婆山 (25)
雪に覆われた平坦な山頂部分は長閑で先に行くのがもったいないほど

比婆山 (26)
このあたりの道標は比婆山ではなくて御陵で通っている。何しろ伊邪那美命(いざなみのみこと)が奉られた陵墓が有るとされる古事記登場する山なのである。

比婆山 (27)
比婆山の山頂標識は御陵の傍らにぽつんと立っていた。


比婆山 (28)
イチイの老木や門栂など、このあたりは由緒あるものが多い、

比婆山 (29)
車道と駐車場のある立烏帽子山はパス、下山後400キロ以上の移動が待っているので直接県民の森へ下山する。まだ残雪が多く残る斜面を気持ちよく下ってゆく。

比婆山 (30)
地図上ではジグザグの登山道だが雪の斜面はどこでも下れるので適当に下っていったらスキー場上部へ出る斜面に入ってしまった。

比婆山 (31)
傾斜のきついスキー場は足に負担が来るがその分早い。スキー場の末端にある金屋子神社はスキー場の草原に小さな森を作っていた。

比婆山 (32)
スキー場から比婆山の平らな山容を望む。山中ではそんなに人に出会わなかったが、駐車場には車が沢山停まっていた。

比婆山 (33)
◆温 泉 篠原温泉 高尾の湯 500円 駐車場は広いが、洗い場1人の小さな湯で熱い、19度の源泉を足して冷まして入る。ph11の強アルカリ性。このあたりでは他にないので貴重かも。感じの良いおばさんが迎えてくれた。

◆GPS軌跡
比婆山作図

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: