fc2ブログ

記事一覧

2023.03.06志賀高原四十八池

志賀高原四十八池
四十八池 (0)
雪の四十八池は静寂そのもの
四十八池へスキーでスノーハイク。真っ白な雪原が青空に映えて素敵な景色に出会えました。

◆コースタイム 
硯川バス停10:00~10:20前山10:25~10:31渋池~10:56志賀山分岐~11:30四十八池12:36~13:03志賀山分岐13:10~13:25渋池~13:34前山~13:45硯川バス停

四十八池(0-1)
まずは高速道で志賀高原へ向かう。途中の小布施PAからは雪山が誘う。
右から妙高山、黒姫山、飯綱山

四十八池 (0-2)
妙高と黒姫山

四十八池 (1)
この日宿泊する硯川のパレスホテルに荷物を置いて出発。
硯川バス停が登山口

四十八池 (24)
まずは目の前の前山にシール登行、リフトが架かっているがサマーリフトという名なので夏だけでしょ。

四十八池 (3)
前山に登り始めると展望が開けて背後に笠ヶ岳が大きく迫る。

四十八池 (4)
前山からは妙高から火打や高妻山も良く見える。

四十八池 (5)
北アルプスも見えるんだぜ。

四十八池 (6)
それにしても笠ヶ岳は格好良い、こんな姿を見て登りたくなるのが山屋さん、何にも感じないのが町のおじさん。
勿論何回も登っているが冬のハイクも楽しそうだな。

四十八池 (7)
明日行く横手山と前山の山頂標識

四十八池 (8)
前山から下り登山道を行く。

四十八池 (9)
歩き始めてすぐに現れるのが渋池

四十八池 (10)
勿論冬は雪原だ、背後の横手山が大きい。

四十八池 (11)
渋池からは鉢山の北側をトラバースする平坦な道である。気持ちの良い雪の道だ。

四十八池 (25)
志賀山への分岐を過ぎるとトレースがなくなる。
志賀山へ行く登山者はいるのに四十八池には行かないのかな。

四十八池 (13)
ラッセルしてみる、やってみ。気持ちいいなー、ラッセルが大変なのまだ分らないよね。

四十八池 (14)
結局私に変わってルートを間違えてちょっと遠回りをしてしまった、反省。
四十八池の湿原は山の中にぽっかり空いた別天地、

四十八池 (15)
誰もいない静寂の空間、山に囲まれて音が吸い込まれてゆくようだ。自分のトレースだけが静かに進んでゆく。

四十八池 (18)
志賀山を背景にした雪原は素晴らしい
以外と踏み跡も少なくて広々とした無垢の雪面が広がる風景を楽しめた。

四十八池 (17)
雪原の片隅で大休止

四十八池 (18-1)
なごり惜しいが雪原にお別れ。

四十八池 (19)
帰りは志賀山の分岐までシールで登る。

四十八池 (20)
分岐からはスキーで滑って降りることが出来た。
前山まで戻ってきました。

四十八池 (21)
前山への最後の登り。

四十八池 (22)
前山からの滑降、灌木が邪魔だって、楽しい斜面でしたよ。

四十八池 (23)
この日は優雅にホテルに宿泊、たまにはいいでしょ。スキーヤーのためのホテルと行った感じで豪華さは全くありませんでした。

四十八池 (28)
夕食はバイキング、これ食べ過ぎか。

◆GPS軌跡
四十八池作図
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
222位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: