fc2ブログ

記事一覧

2023.02.24十勝岳三段山スキー

十勝岳三段山
三段山 (0)
山頂からの十勝連峰

北海道行動2日目で快晴に恵まれた。何度も来ているO氏でもこんなに良く晴れたのは初めてと言うことで、初参加でこの天気運が良い、行いも良い。風もなく穏やで背後に広がる風景を眺めながら登りも楽しめた。山頂からの十勝連峰の絶景も堪能。ノートラックの斜面も貸し切りで存分に滑ることが出来た。北海道万歳‼。

◆コースタイム 白銀荘8:32~1回目滑降点~1回目滑降終了点~11:18三段山11:37~12:15白銀荘

三段山 (0-1)
朝起きると宿の前から見える前十勝岳の噴煙が朝日に輝いている。快晴だ。

三段山 (2)
はやる気持ちを抑えて宿の前からシール登行、移動なしで歩けるこんな所は滅多にありませんね。

三段山 (3-1)
初めて見るのに前十勝岳の噴煙が心なしか多い気がする、

三段山 (4)
樹林から森林限界を抜けると前方に2段目が見える、こんな段が3段有るので三段山と言うらしい。
雪面の結晶がキレキラ輝いて綺麗だ。

三段山 (5)
あの斜面良いね

三段山 (5-1)
高度を上げると富良野岳の堂々とした姿が見えてグッとっくる。

三段山 (6)
前十勝岳も近づいて、今にも噴火しそうな勢いで噴煙を上げてる、大丈夫だよね、うん危険レベル1だし。

三段山 (6-1)
三段山の広い斜面と前十勝の黙々と立ち上がる荒々しい噴煙が対照的な風景。

三段山 (6-2)
背後に展望が広がる、づっと雪の平野が広がってその雄大さが北海道だ。その先に大雪の旭岳が望める。

三段山 (7)
山頂が見えてきた、もう少し、と思ったら右側のノートラックの素晴らしい斜面を誰かに先を越されないうちに滑っておこう、とE氏の提案。そうしよう、でもね当然また下から登り返しだよ。

三段山 (7-1)
こんな斜面を貸しきりなんだから滑って良かったね。納得だね。

三段山 (8)
下から登り返します。背後に広がる大地と右手に大雪山旭岳。

三段山 (9)
滑った後の登り返しは辛いが時間があるのでのんびりと行く。山頂は目の前なのに中々届かない、見た目以上に傾斜も有るのだろう。噴煙で見えなかった十勝岳本峰が一瞬噴煙の間から見えた。

三段山 (10)
最後のひと登りを頑張ると山頂だ。

三段山 (11-1)
前面に十勝連峰が屏風のように連なっていた。富良野岳が素晴らしい
素晴らしい風景、来て良かったなーと心底思える瞬間だ。

三段山 (11)
風格のある山容で一番格好いい富良野岳。厳冬期にこの風景を見ることが出来てしあわせだ。望遠で

三段山 (11-2)
岩壁が連なる上ホロカメトック山と上富良野岳

三段山 (13)
望遠でちょっとだけ近づいて。

三段山 (12)
こんな風に前十勝の噴煙で中々姿を現さない十勝岳

三段山 (13-1)
雲も湧いてきて、そろそろ滑降準備、

三段山 (13-2)
なごり惜しい風景、ちょっと滑るともう見えないからね。

三段山 (14)
 いざ滑降

三段山 (16)
山頂付近は結構カリカリだが少し下れば雪質もよく快適。

三段山 (17)
2回目もノートラックの斜面を見つけて滑り込む

三段山 (18)
楽し時間はあっという間だ。

三段山 (19)
本日2回目のシュプール

三段山 (20)
最後の大斜面

三段山 (21)
後は樹林帯に入って流すだけだが林間も思い思いに滑って終了、楽しかった。

三段山(22)
◆吹上温泉白銀荘 
公共の施設のようで素泊まりのみの宿で大広間の和室と2段ベットが並んだ部屋がある、我々は6人だったので大広間の和室。
¥3100+暖房費150/1人1泊 
炊事場や食器、鍋、炊飯器、電子レンジは完備しているが、ガスは20分50円で有料。

◆GPS軌跡
三段山 (31)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: