fc2ブログ

記事一覧

2022.12.17房総老川

房総老川
老川 (1)

もう房総の沢は行き尽くしたと思っていたが、それは独りよがりだった、まだまだ探せばあるのだろう。養老川の支流老川は行程の短い沢であるが、川廻のトンネルが幾つもあってその通過が面白く楽しい。トンネル内は暗くて深みや滑床がありスリル満点、寒空の中で極力水に浸からずに行けばスリルが増す。転倒でもして全身水に浸かったら辛いどころか低体温症にもなりかねない。沢自体は滑床が続く平坦な渓相でただ歩くだけの沢である。最後は支流をつめるのだが、出合の2m程の滝がなかなか手強い。この滝のためにロープを持参したが正解だった。

◆コースタイム 
養老渓谷観光センター7:04~7:50林道横断~9:03詰め上がる支沢出合9:14~9:29山道~8:48熊野神社9:55~10:36養老渓谷観光センター

老川 (2)
 老川の無料駐車場は夜間のせいもあり見つけることが出来なかった、どこにあるのだろう。だが養老渓谷観光センターの駐車場が入渓点の脇にありトイレも完備でこちらの方が便利だ。道の駅ではなく山の駅になっていた。

老川 (3)
駐車場の道路の向かいに沢へ降りる道がある。

老川 (4)
沢に降りたら下流にトンネルが一つ

老川 (5)
上流にはさっき渡った道路の橋が架かる。

老川 (6)
結局駐車場のまわりを回ってゆくので駐車場から降りれば早い。房総は地層の宝庫だ。第二のチバニアンも有るんじゃないか。

老川 (7)
早速一つ目のトンネル、芸術的だ。

老川 (9)
トンネルでない部分は幅広いナメ床で気持ちよい、これが房総の沢の特徴だ。

老川 (10)
少し遅かったかも知れないが、房総の紅葉は12月が見頃なのだ。

老川 (11)
二つ目のトンネル。左の小さなトンネルは歩道用だが狭くてとても通過は辛そう。

老川 (12)
トンネル内は普通に沢登り、釜もあれば滑りやすいナメもある。ライトは必携だね。

老川 (13)
出るまではスリルがあるので楽しい

老川 (14)
三つ目のトンネル、手彫りなのでみんな形が違って面白い。

老川 (15)
どう、深そう?先頭を行かずに様子を見てから、ずるいけどこれが正解。

老川 (16)
林道が横切るが、林道の橋はトンネルじゃないよ。

老川 (17)
四つ目のトンネル

老川 (18)
出口が見えない長いトンネル。

老川 (19)
五つ目、短い

老川 (21)
六つ目はトンネルというより石橋だ

老川 (22)
沢が狭まると緩やかな滝となる。

老川 (23)
水量は少ないが水は冷たくて、こんな感じで足はづっと濡れているので、終盤は指の感覚がなくなるよ。

老川 (24)
七つ目のトンネル、これも石橋だね。

老川 (25)
人家が近いが水はすこぶる綺麗で、小魚もいる。

老川 (26)
入口と出口の形状が違うのでトンネル抜けたら振り返って見ると違った景色がある。

老川 (27)
ナメ床も同じではない、これは小さな段差の棚状ナメ床

老川 (28)
縦縞のトヨ状のナメ床

老川 (29)
八つ目のトンネルは長い。

老川 (30)
まだ先が見えない

老川 (32)
出口が見えるとほっとするね

老川 (33)
早く来いって、先に行かないで、ライト暗いんだから。

老川 (34)
終了点の支沢の出合、あれトンネルは九つ有るって聞いたけど八つしかなかった、数間違えか、撮り忘れ?

老川 (35)
ヌルヌルしてるのでロープ出しました。

老川 (36)
落口から見る出合の滝、いかにも滑りそう。

老川 (37)
支沢を詰めます。

老川 (38)
倒木が多いと思ったけど意外とすっきりです。

老川 (39)
グズグズの急斜面を登って尾根に到着。

老川 (40)
熊野神社かな?小さな石祠がありましたがこれは熊野神社では有りませんでした。

老川 (40-1)
とりあえず展望を求めて尾根の最高点へ、

老川 (40-2)
展望も開けて気持ちの良い尾根筋でした。

老川 (41)
最高点から少し下った所に立派なお堂の熊野神社がありました。

老川 (42)
参道の石段を下って

老川 (44)
鳥居を潜れば集落です。

老川 (45)
のんびり車道を歩いて車に戻りました。

老川 (46)
遡行終了後、折角なので近くにある粟又の滝を見物しに行った、

老川 (47)
観光地として有名なだけに幅も広く雄大なナメの滝で美しい滝だった。

老川 (49)
周囲を彩る紅葉もまだ残っていた。

老川 (48)
ライトアップの期間は終ってましたがまだまだ綺麗な紅葉と釜の青緑が素敵な滝でした。
一人の山行が今年は55回、寂しい想いもしたが、愛すべき仲間との忘年山行で一年分の笑いを取り戻した。

◆温 泉 鋸南町町営「笑楽の湯」500円  アルカリ系の温泉だそうです。
 コロナで男女ともに8人の人数制限をしていて一人だけ少し待たされた。

◆GPS軌跡
老川作図
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: