fc2ブログ

記事一覧

2022.11.09高間山&王城山

高間山&王城山
王城山 (1)
戻る林道から高間山を望む

王城山は名前に惹かれたところがある。山頂は2つある双耳峰で地元では三角点のある峰を古城、西側の1100m峰を王城と呼んでいる。王城とは日本武尊に由来するようで石祠を建立して祭ってある。国道から高間山までを往復するのが一般的なようだが、端から端まで往復するのはちょっと効率が悪いような気がして、林道が通っている鞍部からそれぞれの山頂を往復した。往復する部分が大幅に短縮されて時間的にも短く終ってしまった。
◆コースタイム 
鞍部駐車地点7:10~7:28高間山7:35~7:44鞍部駐車場~7:58あみだ石~7:59林道終点~8:28王城~8:32三角点古城8:58~9:01迂回路8合目分岐~9:04迂回路9合目お籠もり岩~9:10王城~9:37林道終点9:49~10:07鞍部駐車地点10:30~11:09旧太子駅11:23~11:27赤岩集落展望台

王城山 (2)
車のナビに従って長い林道を走ったが、狭いながらも舗装されて問題はなかった。山中に民家が点在して生活道路にもなっているようで、その分対向車もあり得る。

王城山 (3)
峠にある自然木を利用した珍しい道標。

王城山 (4)
林道からまずは高間山へ向かう。地図から分るように上り一方で着いてしまう。

王城山 (5)
笹に覆われた道を登ってゆく。

王城山 (7)
カラマツが丁度紅葉時期で黄金色の林をひと登りで山頂着。

王城山 (6)
展望も無く静かな山頂で朝食を取って下山した。

王城山 (8)
下山も早い、10分かからなかった。山頂での休憩7分を入れて往復35分だった。

王城山 (9)
次は反対側の王城山へ向かう。

王城山 (10)
尾根を巻く平坦な道からすすきの原へ

王城山 (11)
林道を下ってゆくとあみだ岩の標識がある。

王城山 (12)
案内板には阿弥陀様の寝姿に似てるとか、そうかな、いわゆる説なのでよく分からない。

王城山 (13)
林道終点は心地よい広場となっていてベンチが置いてあり思わず座りたくなる、帰りはきっとここでゆっくりしようと決める。

王城山 (15)
幾つかのピークを登下降してゆく。

王城山 (14)
木が邪魔して開けた展望は得られないが、木の間からは草津白根山や四阿山の整った山容が望まれる。

王城山 (16)
分岐する支尾根も多いので入り込まないように尾根上を忠実に辿ってゆく。
相変わらず紅葉が素敵だ。

王城山 (17)
意外と痩せ尾根が続く、尾根の東側は明るく陽に透かされたモミジが綺麗だが、西側は深い谷が寒々として暗い。

王城山 (18)
まずは王城山神社奥宮の案内板のある王城のピークに着く。小さな赤い鳥居と石祠が置かれ登拝記念のノートが置かれていた。

王城山 (23)
この山は案内板が多く勉強になる。

王城山 (19)
三角点峰である古城との鞍部にはお祭りの際の作業小屋と東屋がある。
三角点峰には山頂標識と三基の石祠と細い鉄剣のようなものが置かれていた。

王城山 (21)
古城と呼ばれいるのは戦国時代に砦が築かれていたことによるらしい。

王城山 (20)
王城山の標識

王城山 (22)
山頂からの浅間山、山頂付近が白い。

王城山 (24)
社が3つ並んでいる。

王城山 (25)
地形図を見ると山頂の南側を巻いてゆく道があるので辿ってみた。
入口には八合目の石柱(中棚尾根)が置かれており、入らないようにロープのゲートがあった。

王城山 (26)
折角なので行ってみると登山道が崩壊していたが問題なく通過できた。

王城山 (27)
南側から来る登山道に置かれている合目毎の石柱の九合目のお籠もり岩の石柱があった。
一合目から石柱毎の文字を読んでいる人はこのトラバース道を歩かなければ九合目の石柱を見る事が出来ない。

王城山 (28)
お籠もり岩を振り返る。

王城山 (29)
十合目の石柱は山頂ではなく作業小屋のある鞍部に置かれていた。この石柱を目当てに南側の登山道を登る人も居るようだ。

王城山 (30-1)
あとは往路を戻るだけ。一層陽が高くなり紅葉も鮮やかに見えてきた。
しばし足を止めながら行く季節を楽しみながら歩けた。

王城山 (30)

紅葉に見とれながら歩いたせいか不覚にも支尾根に迷い込み登り返す場面もあったが、林道終点に到着。

王城山 (31)
予定通り林道終点のベンチでゆっくり座って行く秋を満喫した。

王城山 (33)
車に戻ったら丁度軽トラでやって来た登山者に会う、3日目の最後に初めての登山者に出会った。

王城山 (34)
四阿山と草津白根山
山中では木々が邪魔していたが、帰りの林道で展望が開けた。

王城山 (35)
四阿山が綺麗な山容

王城山 (36)
尚も下って街道筋から眺める草津白根山

王城山 (37)
白砂川沿いの紅葉もパチリ。
その後帰京。

◆GPS軌跡
王城山作図







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: