fc2ブログ

記事一覧

2022.10.31土岳

土岳
土岳 (0)
土岳はごく普通のハイキングコースだが、山頂に広がる芝生の景観はこの山でしか見られない。展望台に上ると、一層芝生の広がりが感じられる。岩木山から始まった東北山旅の日々、最後に楽しい風景を見ることが出来て満足。筑波山も見えたので、とうとうここまで戻ってきたなという感慨に耽った。

◆コースタイム 
花貫渓谷駐車場登山口11:48~12:09大黒岩~12:33土岳12:53~12:58七つ岩~13:24花貫渓谷登山口13:30~13:40汐見滝吊り橋

土岳 (1)
東北を巡り歩いて1ヶ月、そろそろ帰ろうかと、帰宅するつもりで6号線を東京に向けて走っていた。四倉港から新舞子海岸、薄磯海岸、小名浜をかすめて五浦へ。岡倉天心ゆかりの六角堂を見学して海岸線の景観を楽しんでいたのだが。

土岳(1-1)
海岸線の空の青さに我慢できず再び山へ。これから登れる山はあるかな、等と記憶をたぐっていたが堅破山と土岳が浮かんだ、花貫渓谷周辺は行ってみたいところだ、土岳に決定。

土岳 (2)
高萩周辺は足繁く通った山々だ、花貫渓谷の駐車場から登れるので安心だ。登山口で靴を履いていると意欲が湧いてくる。

土岳 (3)
ハイキングコースでも流石に阿武隈山地、ちゃんと岩がある。大黒岩。

土岳 (4)
登山道にはこんな岩場もある。

土岳 (7)
ひと登りで展望台のある山頂だ。

土岳 (6)
展望台に上ると芝生の山頂の広さが分る。

土岳 (8)
筑波山が望める、もう東京は近いなと実感する。

土岳(6-1)
山頂だけ芝生に覆われて不思議な風景だな。

土岳(5)
下山途中、「海、町、ダムが一望」と書かれていたので七ツ石に寄ってみた。

土岳 (9)
ダムが木の間から望めるだけで展望はなかった。海町が一望と書かれた道標は言い過ぎである。

土岳 (10)
岩が七つ?もっとあったよ。

土岳 (12)
奇岩と共にこんな木を発見。

土岳 (13)
下山後、観光客がぞろぞろ歩いてゆくので一緒に汐見滝吊り橋を見物して再び6号線に戻って帰京した。
自宅まで一般道で楽しく帰りました。

◆GPS軌跡
土岳作図






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: