fc2ブログ

記事一覧

2022.10.29日山

日山(天王山)
日山 (0)

天王山の別名もある日山はどっしりとした山容で山頂には周囲の集落毎に社が置かれる存在感のある山だ。登山口が数キロ離れて二つある、田沢登山口と日山キャンプ場からの茂原登山口であるが帰りの林道が下りとなる田沢登山口から登ることにした。田沢登山口からは牧場を通るコースと林の中の遊歩道を通る道があり牧場の上で合流する。私は昔から歩かれている牧場内を選んだ。

◆コースタイム
 田沢コース駐車場6:37~6:48登山口~6:59小さな石碑~7:39日山7:44~7:47胎内くぐり岩7:49~8:39日山キャンプ場~8:55田沢コース駐車場 9:01

日山 (2)
国道にある案内表示、このあたりでは知られた山のようだ。

日山 (3)
田沢登山口にはトイレ完備した大型バスも数台停まれる広い駐車場があり、よく手入れされた綺麗な芝生のパークゴルフ場が隣接している。

日山 (4)
駐車場から車道を上ってゆくと牧場の手前に登山口がある。

日山 (5)
すぐに牧場内の道になるがススキが辺り一面に繁茂してとても牧場が稼働しているようには見えなかった。

日山 (6)
牧場が終ると石碑があるがこれが水神様であろう。ガイドによると水速女大神と鳴雷神が祀られているようだ。

日山 (7)
本格的な山道になると休憩舎があり、歩いてすぐなのに珍しくゆっくり休んで朝飯とした。

日山 (8)
勿論紅葉も見頃。

日山 (9)
山頂への主尾根になると岩が見え始め展望も得られる。

日山 (10)
大岩が重なり合って奇妙な形だ。

日山 (11)
ひと登りで山頂。
山頂は芝生が広がる広場で日山神社が建っている。

日山 (12)
後ろに回って中を覗くと、神社と言うよりは石祠を守るために立てられた小屋のようだ。

日山 (13)
向かい合って社がもう一つ、村ごとに社を建ててるそうで、村ごとの社が山頂に有る山は初めてだ。
幾つかの石碑もあり日山由来も書かれていたがかすれて判読が難しい。
ここも展望台は立ち入り禁止、

日山 (14)
山頂を後にして胎内くぐり岩へ寄ってみる。
胎内くぐりと言うよりは大岩が折り重なって出来た隙間を潜る感じだ。

日山 (15)
下山路と合流してあとは緩やかな尾根を秋の陽射しに照らされて心地よく下った。
美しい雑木の山道もこの山の魅力だ。

日山 (16)
下るにつれて日山の山容が望める。

日山 (17)
日山の隣の山は?麓山牧場の緑が見えるので麓山でしょうか。

日山 (18)
茂原登山口が見えてきた。

日山 (19)
下山した茂原登山口は日山キャンプ場になっていて展望もよく明るく気持ちよさそうなキャンプ場だ。

日山 (22)
ここから車を置いた田沢駐車場までの車道は下り坂で日山を正面に望みながらのんびり下った。

◆その他
この周辺の国道沿いには、帰還困難区域のため立ち入り禁止のゲートが至る所にあって、まだ放射能汚染が解決していないのを痛感した。山への規制はなかったが、だから絶対安全とは言えないのだろう。それは覚悟ですから。
日山 (23)

日山 (24)


◆GPS軌跡
日山作図

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: