fc2ブログ

記事一覧

2022.10.12八幡平焼山

八幡平焼山
八幡平焼山 (1)
焼山を象徴する火山湖の風景

この山は展望より山自体の風景、山上に点在する火口湖の景観が見たくてやって来た。反対側の玉川温泉からのスキー登山は林間滑降が楽しかったが独特の火山風景には出会えず。スキー登山なら玉川温泉から、歩くなら後生掛温泉からがお勧めです。時間が短かったので春スキーでお馴染みの畚岳も加えた。

◆コースタイム 後生掛自然研究路入口駐車場5:53~5:59登山口~6:03ベコ谷コース分岐~8:05焼山避難小屋8:22~8:30鬼ヶ城~8:45名残峠~8:50焼山~8:55名残峠~9:14避難小屋~9:15池の湖畔9:17~9:42栂森~10:55ベコ谷地分岐~11:18ベコ谷地11:42~12:04後生掛自然研究路入口駐車場 畚岳往復1時間

八幡平焼山 (2)
車は後生掛自然研究路入口駐車場がベスト、後生掛温泉の駐車場は気兼ねしちゃうよね。

八幡平焼山 (3)
駐車場の向かいにある後生掛温泉の入口

八幡平焼山 (4)
入口から後生掛温泉に少し歩いた所に登山口があるが、標識が地面すれすれなので車で通ると見過ごしてしまう。車で右往左往したが、地図を見て歩いて行ったら標識が見つかった。観光地は登山者に不親切なんだな。

八幡平焼山 (5)
温泉の湯煙を眺めながら歩いてゆく。

八幡平焼山 (6)
橋の下も白濁の温泉が流れている。

八幡平焼山 (7)
ベコ谷コース分岐。帰りはベコ谷地コースを下る予定でいたが有毒ガスが出ているようで登山禁止。残念だが往復となった。

八幡平焼山 (8)
登山口が分かれば後はひたすら登るだけ。前日の雨で湿った登山道を登るが熊の出そうな樹林帯。

八幡平焼山 (9)
登につれて視界も開けるが雲が低い、所々で湯煙が上がる八幡平らしい山並風景。

八幡平焼山 (10)
樹林を登り切ると草地のような地形になる。
栂森は帰りに寄ることにして焼山避難小屋を目指す。

八幡平焼山 (11)
草紅葉が広がる素面を横切ると小屋が見えるが、未だ距離があった。

八幡平焼山 (12)
ガスの隙間から青空も見えるんだけどなあ。

八幡平焼山 (13)
ガスが飛ぶと周囲が見えてくる。小屋が見えるとテンションも上がる。

八幡平焼山 (15)
小屋は新築らしくまだ木の香りが心地よかった。

八幡平焼山 (16)
東北の避難小屋はとても綺麗で親切。
地図では焼山山荘となっていたが現地では焼山避難小屋と看板があった。

八幡平焼山 (14)
ベコ谷コースの入口にはやっぱり立ち入り禁止のゲートが。

八幡平焼山 (18)
小屋から少し登ると右手に小さな池が、一つ目の火山湖、

八幡平焼山 (17)
更に振り返ったら小屋の裏手に火山湖が見えた。

八幡平焼山 (19)
少し登ると鬼ヶ城の標識があったのでちょっとだけ寄り道、すぐ下に3つめの火山湖を眺める。
岩場からの風景が素晴らしかった。

八幡平焼山 (20)
湖と言うより大きさは池だが窪地に佇む雰囲気抜群の池だ。

八幡平焼山 (21)
更に辿ると何やら噴気の気配が漂う。

八幡平焼山 (22)
今度は大きな火山湖だ、前の3つは透き通った水の綺麗な池であったが、これは白濁した温泉の色だった。湖の周囲からは音を立てて噴煙が上がっていた。湖畔まで行ってみたくなるが、柵を越えて湖に近づいた人が有毒ガスにやられたという。登山道から出ないことだ。

八幡平焼山23
火山湖を見下ろしながら登ってゆく、刻々と風景が変わってゆくので楽しい。

八幡平焼山 (24)
ひと登りで名残峠、冷たい風に吹かれながらガスが時折流れてくる。

八幡平焼山 (25)
山頂は笹に覆われて展望がない、天気が良くてもきっと視界はないよ。

八幡平焼山 (27)
同じ道を帰るのだが、行きとは違った風景があるものだ。この谷の奥に3つめの池、

八幡平焼山 (28)
小屋の脇に踏み跡があったので辿ったら、裏手の池に降りることが出来た。
実に静かな空間でしばし佇む、何しろ他にだあれも居ない寂しさも味わう。

八幡平焼山 (29)
帰りに振り返った風景、いい山だ。

八幡平焼山 (30)
栂森へと言う標識があったので行ってみたが笹に囲まれておまけに柵まであり山頂標識も何もないつまらない所だった。

八幡平焼山 (31)
後は下るだけ、途中おばさん3人組び出会う。人に会って良かった、何て言われた。

八幡平焼山 (32)
いかにも滑りそうな木道は期待に違わずよく滑る。

八幡平焼山 (33)
ベコ谷コースの入口。
下山コース予定のベコ谷地までは下からなら通行が可能なので行ってみよう。

八幡平焼山 (34)
まずは徒渉、こけたらヤバいよ。

八幡平焼山 (35)
樹林の中の登りを25分ほどで到着、来て良かった。

八幡平焼山 (36)
木道はなく、ぐちょぐちょの踏み跡が湿原の真ん中を通っている。
湿原ので出口にやっぱり通行止めのゲートがあった。

八幡平焼山 (38)
八幡平アスピーテラインはこの駐車場周辺で紅葉真っ盛り。

八幡平焼山 (37)
八幡平の紅葉が見れて良かったな。

八幡平焼山 (39)
時間も未だ早いので畚岳行くことにした。
車で登山口近くの駐車場へ。

八幡平焼山 (40)
畚岳もスキーでは何回も行っているので執着はなかったが僅かな登りなので時間つぶしだ。

八幡平焼山 (41)
山頂は寒い、こんな日でもちらほら登山者がいた。

八幡平焼山 (42)
その後藤七温泉で汗を流した。

八幡平焼山 (43)
春は畚岳から藤七温泉に滑り込み温泉にも入ったのだが印象は薄かった。

八幡平焼山 (44)
今回はどっぷり温泉に浸かって露天風呂で長居した。
背後の岩手山が早く来いよと呼んでるよ。



★GPS軌跡 焼山
八幡平焼山 (45)

畚岳
八幡平焼山 (46)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: