fc2ブログ

記事一覧

2022.09.22黒姫山~大池~七ツ池

黒姫山七ツ池
黒姫山(0)

前日妙高山へ登ってから訪れた温泉で地元の人と会話、毎日のように熊を見るという、自動車路にもでてくるそうだ、一人かあ、せいぜい気をつけてと。それでなくても登山者が少ない平日、ちょっとビビった。人がいそうな黒姫高原からのコースなので大丈夫でしょう、結局終日誰とも会わなかった。熊の大量の糞を発見するなどこのコースも熊はいそうだった。

◆コースタイム 
黒姫高原登山口5:43~7:17姫見台~7:42越見尾根~8:14黒姫乗越8:20~9:06黒姫山9:10~9:19大池分岐~9:37大池~9:41七ツ池9:47~10:14黒姫乗越10:23~10:44越見尾根~11:07姫見台11:12~12:10黒姫高原登山口

黒姫山 (1)
道の駅しなので車中泊し、この日は午後からは崩れる予報だったので少しだけ早めに出ることにした。
第一駐車場に車を停める、妙高山が良く見えた。

黒姫山 (2)
スキー場のような観光地は登山道の入口がよく分からない。地図を見ながら ちょっと迷ったがスキー場の一角にちゃんとした標識も登山届箱もあった。

黒姫山 (3)
始めはスキー場の中のか細い踏み跡を辿ってゆく、所々草が多い茂って不明だが地図通りに辿ってゆけば自然と導かれる。展望の良いスキー場内は登る毎に背後に展望が広がり気持ちが良い。
ススキに朝陽が当たる。

黒姫山 (4)
幻想的な朝だ、スキー場ならではの風景。
最近は雲ひとつない晴天よりも、雲のある風景が好きだ。雲は芸術家だから。

黒姫山 (5)
ゲレンデの最上部から樹林の登山道に入る。最上部のリフトは未だ続いていたが鉄塔に蔓が巻き付いていたり、藪に覆われていたりで廃線になってるようだった。

黒姫山 (6)
登山道に入ると視界もなくなるので最後に振り返ったら野尻湖が光っていた。

黒姫山 (7)
姫見台まではジグザグの急登。
岩の上に立ってみたが大した展望は得られない。

黒姫山 (8)
姫見台の先からはロスと思われるようなトラバース、わざわざ越見尾根まで迂回してゆくのだ。
このトラバースルートでクマの大きな糞を発見、洗面器いっぱいほどもある塊だった。
トラバースが終ると山頂へ続く尾根になる。越見尾根と言うらしい。

黒姫山 (9)
越見尾根の登りも急登だ、黒姫乗越で大池への道を分ける。帰りはここに出てくる予定だ。

黒姫山 (10)
まずは山頂へ。地図で見ると気持ちの良さそうなゆるやかな稜線に見えるが、実際は倒木をまたいだり、大きく張り出したむき出しの根っこを除けながらのアスレチックのような道でなかなか進まない。
右手眼下に大池と七ツ池の風景が望める。行ってみたくなる風景だ。

黒姫山 (11)
やっと辿り着いた山頂は北側の妙高方面の展望がなく、東から南側の展望が開けていた。

黒姫山 (12)
野尻湖方面の風景

黒姫山 (13)
野尻湖の右手は奥志賀の山々。

黒姫山 (14)
北アルプスも眺められた。
独り占めの山頂は喜びの表現だが、この日の曇天の山頂は一人では寂し過ぎた。

黒姫山 (16)
一旦下って大池を目指す。
鞍部の大池への入口。

黒姫山 (17)
岩も土も滑る樹林の中の道をひたすら下る。
大池は静寂そのもの、ぽっかりと広がった空間はしんとして厳かだった。

黒姫山 (18)
すぐ先の七ツ池は平らな草原で小さな池が点在し、周りを囲む森が守っているような感じだった。

黒姫山 (19)
七ツ池で一番大きな池

黒姫山 (20)
草原を後にして樹林の平坦な道を行く。旧河口跡を横断して、次第に緩やかながら尾根に向けてトラバースしてゆく。
黒姫乗越で登りに通った道に合流する。

黒姫山 (21)
予定通りの道を消化してほっと一息、後は来た道を戻るだけだが、またあのトラバース道で熊の糞を見るのが嫌だった。
越見尾根の下りから見た妙高山、こちらからは随分尖って見える。

黒姫山 (22)
野尻湖が眼下に大きく見えると戻ってきた感がする。

黒姫山 (23)
スキーゲレンデに出ればあとはノンビリと足任せ。

黒姫山 (24)
何とか雨が来る前に下山できた。

黒姫山 (25)
妙高の山頂付近は既に雲がかかっていた。

黒姫山 (26)
この日は杉野沢温泉にでて見覚えのある苗名の湯に入り帰京。
帰りは国道18号を延々走った、長野から上田、軽井沢と走り藤岡ICで高速道に入った。
おまけに深夜割りまで利用して赤倉から高速道路代1750円でした。勿論練馬から一般道ですよ。
◆温 泉 杉野沢温泉 苗名の湯 500円
露天風呂はなく小さな施設だが休憩室も広くゆっくり出来る 。私は好きだ。

◆GPS軌跡
黒姫山 (27)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: