fc2ブログ

記事一覧

2022.07.02ワタスゲ天国、田代山~帝釈山

ワタスゲ天国
田代山 (1)

田代山~帝釈山
田代山は夏と秋に訪ねているが、ワタスゲの季節は初めてなので出かけてみた。
田代山は苗場山のミニチュア版だ、手頃に高層湿原散策を味わえるので貴重な山である。
帝釈山は馬坂峠の登山口からは250m程の登りで容易に山頂に上がれるが、二つ登るにはどちらからかの往復になる。田代山からの往復が正統派だろう。帝釈山の魅力は大展望だ。

◆コースタイム 
猿倉登山口4:02~5:04小田代5:08~5:26山上台地~5:41田代山6:04~6:27弘法大師堂~7:25帝釈山8:12~8:58弘法大師堂9:19~9:57小田代~10:26水場~10;34猿倉登山口~おりた~夢の湯500円

田代山 (2)
湯ノ花温泉から未舗装の林道を10数キロ走り登山口に入る。前夜に入っておかなければ駐車場が満車になるとの思いで夜道の林道を閑散とした駐車場へ。朝はまだ数台。

田代山 (3)
猿倉登山口
駐車場は2カ所、登山口脇の駐車場と300m離れたトイレの有る駐車場。早ければ登山道脇がベスト。

田代山 (4)
 さて登りの途中で山から登るご来光。

田代山 (5)
登山道脇にはゴゼンタチバナがづっと咲いていた。

田代山 (6)
ひと登りで小田代の湿原へ。

田代山 (7)
ワタスゲが既にあって期待を持たせる。

田代山 (8)
左手には日光連山が望める。

田代山 (9)
山頂台地にでると一気に開ける、爽快な瞬間だ。

田代山 (10)
ワタスゲはちらほら、ワタスゲ天国とは言いがたい、ネット情報と違うじゃん。

田代山 (11)
大小様々な池塘が、大きいのが弘法沼だ。

田代山 (12)
山頂標識は湿原の西の端にある。木道に腰を下ろして休む。会津駒ヶ岳が目の前、まだ残雪が残って素敵な風景だ。

田代山 (13)
湿原を半周してトイレと避難小屋となっている弘法大師堂へ、

田代山 (14)
にわかにワタスゲが咲き乱れてくる。

田代山 (15)
ワタスゲの綿は花でも種でもないので咲き乱れるとはちょっと表現が間違えか。

田代山 (16)
木道が狭いので後続が来るとゆっくり写真を撮ってられない、早出をして良かったね。

田代山 (17)
振り返ると逆光にキラキラ光る。

田代山 (18)
花はワタスゲだけではありません、コイワカガミにヒメシャクナゲ、チングルマ、タテヤマリンドウも。

田代山 (19)
避難小屋にもなっている弘法大師堂から帝釈山を往復する。

田代山 (20)
お堂の中には弘法大師像が

田代山 (21)
帝釈山までは片道2.5キロだ。
日光連山が近づいてきたか。

田代山 (22)
オサバクサや羊歯の新緑に癒やされながら、楽しく歩けた。
振り返ると田代山が遠ざかる。

田代山 (23)
山頂直下の岩場を過ぎると大展望の山頂だ。

田代山 (24)
山頂は馬坂峠からの登山者もいて賑わっていた。

田代山 (25)
飯豊連峰

田代山 (26)
尾瀬方面

田代山 (27)
日光白根山と根名草山が重なる。

田代山 (27-1)
那須連山方面

田代山 (29)
越後の山

田代山 (28)
山頂で珈琲タイム

田代山 (30)
帰りも長さは感じず楽しかった。
弘法大師堂の脇にはバイオのトイレが、土足厳禁だが登山靴で履けるスリッパが常備、チップ制だ。

田代山 (31)
湿原はもう半分を残しているので最後の楽しみ、

田代山(15-1)
こちらの半周の方がワタスゲは多かった。

田代山 (32)

田代山 (33)
前半の半周を歩く人が、反時計回りの一方通行である。

田代山 (34)
最後に会津駒ヶ岳とワタスゲ天国を充分に味わい下山した。

田代山 (35)
気温も上がり、最後の水場で涼を取る
駐車場に着くと満車、路肩にも相当数の車が停まっていた。くわばらくわばら。

田代山 (41)
久しぶりに「おりた」の蕎麦を食べることが出来た。
私一押しだ。

田代山 (36)
メニューも相変わらず、嬉しい 

田代山 (37)
私は ちたけ蕎麦 1100円

田代山 (38)
なめこおろし蕎麦 1000円大盛り+300円
親父さんは随分歳を取ったがまだまだ健在で良い蕎麦が食べられた。
大盛りがペロッと食べられたら、それは旨い蕎麦の証拠。

田代山 (43)
◆温 泉 夢の湯 500円 源泉掛け流し 会津高原駅近く




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
222位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: