fc2ブログ

記事一覧

2022.05.23阿蘇杵島岳と烏帽子岳

阿蘇杵島岳
0,杵島岳 (20)
杵島岳から中岳、高岳を望む

阿蘇は大きく3つのエリアに分かれる。草千里ヶ浜を囲む山と噴火口の東側にある中岳と高岳。更に東に離れて位置する遠くからもギザギザの顕著な山容が望める根子岳である。ミヤマキリシマの開花を待って九州各地を転戦してきた。満を持しての阿蘇連山である。
まずは杵島岳と烏帽子岳だ。草千里ヶ浜駐車場を挟んで北に杵島岳、南に烏帽子岳がなだらかな山容を見せる。烏帽子岳のミヤマキリシマが見事だったので陽の上がるのを待ってまずは杵島岳へ。山頂から噴火口跡を囲む外輪山を一周した。こちらもミヤマキリシマは咲いていた。

1,杵島岳 (2)
目の前に草千里の草原が広がる大きな駐車場は有料であるが、係員が来るまでに入場していれば出るのは自由で料金を取られなかった。

2,杵島岳 (3)
 杵島岳はコンクリの歩道と階段がづっと続く素っ気ない山だが、反対側から見る姿は崩壊した山肌がまだらになって怖い山容だ。

3,杵島岳 (4)
階段を上りきれば山頂、あっけない。

3-1杵島岳 (17)
展望は抜群、右手が烏帽子岳と裾に広がる草千里ヶ浜
4,杵島岳 (5)
望遠で

3-2杵島岳 (16)
噴煙が見える中岳と奥に阿蘇最高峰の高岳

5,杵島岳 (6)
東側にある噴火口跡を一周することにする。噴火口の周りにもミヤマキリシマが咲いていて楽しませてくれる。

5-1杵島岳 (18)
噴火口跡全景、この周りを歩いた。

6,杵島岳 (7)
歩いてゆくと風景が変わってくるので楽しい。

7,杵島岳 (8)
振り返って見れば山頂はもうずっと左手だ。

8,杵島岳 (9)
外輪山の東側の一番低い部分から噴火口跡を見る。

9,杵島岳 (10)
半周するとミヤマキリシマの群生地となる。
低い東側の尾根の向こうにも噴火口跡があるのが分かる。

9-1杵島岳 (19)
踏み跡も分からず藪だったので登らなかった往生岳。

10,杵島岳 (11)
噴火口跡の底の部分には小山がある。

11,杵島岳 (12)
もうすぐ一周

13,杵島岳 (14)
一周してコンクリの道に戻ってきた。

14,杵島岳 (15)
一周して駐車場に戻ってもまだ6時半だ。

15,杵島岳
北側のスカイラインから望む杵島岳と往生岳、ガレが縞模様になって異様な姿だ。

烏帽子岳
0,烏帽子岳 (1)
ミヤマキリシマの尾根から烏帽子岳を望む
遠目にもミヤマキリシマ色に染まる尾根が見えて興奮してしまった。草千里ヶ浜を囲む深紅に染まった尾根を歩く。これが念願の風景。いつか見てみたいと思っていた風景なのだ。

1,烏帽子岳 (2)
道路の反対側に広がる草千里ヶ浜を西側から回るように烏帽子岳の尾根に取り付く。

2,烏帽子岳 (3)
道路からすぐの谷間が染まっている。
今登ってきた杵島岳が大きい。

3,烏帽子岳 (4)
牛が通る放牧の広い道を辿ってしまい小さなロス。
常に眼下には草千里ヶ浜の草地が広がる。

4,烏帽子岳 (5)
尾根に上がるとさっそくミヤマキリシマの群落だ、

5,烏帽子岳 (6)
これでも花は終盤で少し遅いというのだが充分の満開状態。

6,烏帽子岳 (13)
朝早いのでまだ登山者も少ない。
写真を撮りながらなのでなかなか進まない。

7,烏帽子岳 (14)
山頂が近づいてきた。

8,烏帽子岳 (7)
花を見てる内に山頂はすぐだった。

9,烏帽子岳 (8)
下山は草千里ヶ浜の西側の尾根を回る。草千里を横断するコースもあるが一面の草地で花はない。一角で乗馬体験をやっていた。未練を残さないように充分写真を撮った。

10,烏帽子岳 (9)
ミヤマキリシマのアップ写真。

11,烏帽子岳 (10)
ミヤマキリシマだけではないよと言いたげなズミのトンネル。

12,烏帽子岳 (11)
草千里ヶ浜にあるいけの西側を歩いてゆく

13,烏帽子岳 (12)
道路に出て駐車場までは車に注意だ。
駐車場到着はまだ8時過ぎ、駐車場の管理人がやっと到着した、料金取られるかと思ったら出ても良いよ、とありがたいお言葉。どうやら駐車場に入るときに料金を取るようで、入っている車は自由に出られるらしい。まあ、料金は観光客目当てと言うことか。すぐ上にある展望台駐車場は無料なので、せこい登山者はそこ停めていた。 未だ時間も早いので2日目の予定の高岳、中岳の登山口である仙酔峡の登山口に向かう。

◆コースタイム 草千里ヶ浜駐車場4:57~5:19杵島岳~外輪山分岐~6:23杵島岳分岐~6:31草千里ヶ浜駐車場~7:30烏帽子岳7:32~8:05湯の谷分岐~道路~8:12草千里ヶ浜駐車場

◆杵島岳烏帽子岳概念図
烏帽子岳杵島岳概念図

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: