fc2ブログ

記事一覧

2020.05.18高千穂峰

高千穂峰0,高千穂峰 (25)

韓国岳山頂から新燃岳を挟んで円錐形の綺麗な山が見えた、当初計画にはなかったが、霧島山という大きな山塊で韓国岳だけでは物足りないので急遽戻ってきた。ところが幸運にもミヤマキリシマが満開であった。ミヤマキリシマは高千穂峰が一番先に咲くらしい。火山をひしと感じる山道であった。
◆コースタイム 高千穂河原駐車場5:13~6:07お鉢~6:49高千穂峰7:17~8:25高千穂河原駐車場8:40

2,高千穂峰 (3)
登山口の高千穂河原駐車場は有料である。

3,高千穂峰 (4)
駐車場の外れから2車線道路のような広い道を行くと大きな鳥居が現れる。
これは霧島神宮古宮址で文暦の大噴火まで霧島神宮が鎮座していた・

4,高千穂峰 (5)
登山道の荒れた感じは新燃岳が噴火した際に火山灰が降り積もったところだ。
既に大きな木々はなく火山礫のようなゴロゴロとした山道を行く。

5,高千穂峰 (6)
左右にミヤマキリシマが咲いている。
今回の遠征の目的である花の風景が事前に調べていないところで運良く見ることが出来てワクワクした。

6,高千穂峰 (7)
歩きずらい火山礫の道だが花を見るので霧中。

7,高千穂峰 (8)
お鉢の縁にでると平らな外輪山を緩やかに登る、右にお鉢左に旧火口の道である。

8,高千穂峰 (1)
もう懐かしい思い出になった韓国岳が見える。

9,高千穂峰 (9)
鹿児島湾に桜島

10,高千穂峰 (10)
お鉢を半周して山頂への登りにかかる。この斜面にはキヤマキリシマが群生して素晴らしい。

10-2高千穂峰 (22)
お鉢の全景

11,高千穂峰 (11)
山頂への最後の登り始めにある社。

12,高千穂峰 (12)
花を見ながら時間を忘れる登りであった。

13,高千穂峰 (13)
山頂は大展望、

14,高千穂峰 (15)
山頂の小屋

15,高千穂峰 (14)
小屋の内部をちょっと覗いてみた。

16,高千穂峰 (16)
山頂東側の風景

16-1高千穂峰
下りも花を見ながらあっという間の時間。

17,高千穂峰 (17)
最後のミヤマキリシマを目に焼き付けて。

18,高千穂峰 (18)
駐車場へは神宮の森散策路を歩いて下山

19,高千穂峰 (19)
下山後は霧島神宮を見物。

20,高千穂峰 (23)
これから九州を北上するので、桜島見物に向かう。登れないのが残念だが桜島も凄い山だ。
21,高千穂峰
南半分を走って湯之平展望台から間近に望んで桜島のすごさを実感。

★高千穂峰概念図
高千穂峰 (20)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: