fc2ブログ

記事一覧

那須連山

那須連山 風の山

resize1110.jpg
朝日岳を望む中の大倉尾根のシール登行
 
またひとつ、のしかかるように、かなり重い風が伝わった。
初めての那須は深い風の音だけが
ヤッケと耳の間でゴーゴーと鳴り、
吹雪の朝日岳稜線から滑落して
行方不明になった別のパーティの
事故を知らせに下山した。
恐れさえ抱き、私には抗しきれない
とてつもない自然の力を感じた。
そんな冬の那須に通ううちに、
それは絶望的な恐れではない事を知り
次第に風と遊べるようになった。
風の強弱の間合いを知り、
風に逆らわずに、じっと耐えることも覚えた。
耐えながら、夢はただ憧れるだけでは
掴めないことも知った。
小さな尾根の谷間に上る三斗小屋温泉の湯煙が
凍てついた体を癒してくれた。
湯気に酔いながら冬山への熱い思いを語り合い、
自分が今、何を成すべきかを教えられた。

resize1101.jpg
茶臼岳を望む日ノ出平にて

 それぞれの思いで、それぞれの山を歩き続けて行く。
そんなひとつひとつの線が
出会いとなって結びつくとき、
人は自分にはない何かを感じて立ち止まるのであろうか。
極端に違うものに戸惑い、時には嫌悪を感じて拒絶する。
考えてみれば、山で感じる未知への喜びは
そうした自分の経験にはない思いがけない発見の筈である。
人を理解する術は、
自分と異なる視点や感性を嫌悪と感じるか発見と感じるか
唯その一点にあるような気がする。

resize1100.jpg
いつも真っ白な姿を見せる三倉大倉山の稜線。

resize1102.jpg
北面の観音山滑降
resize1109.jpg
赤崩山北面
resize1108.jpg
北面からの三倉大倉山

resize1107.jpg
6月初旬の中の大倉尾根は花の山稜である。 朝日岳とシャクナゲ

resize1103.jpg
ゴヨウツツジの群落が広がる。

resize1106.jpg
山間に佇む北温泉
resize1104.jpg
北温泉天狗の湯resize8268.jpg
三倉大倉の稜線が近い、三斗小屋温泉大黒屋


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: