fc2ブログ

記事一覧

2022.04.02浅草岳早川尾根スキー

浅草岳早坂尾根スキー
0,浅草岳早坂尾根 (26)
早坂尾根を滑る

浅草岳はいつもムジナ沢から登るのが常で、一度は早坂尾根から登って見たかったのだ。
このコースの経験者のK氏任せで地図も持たずに参加。彼の愛犬タローも一緒だ
ムジナ沢源頭の前岳からの急な大斜面の豪快な滑降も魅力だが、
早坂尾根は雪原のような平らな尾根が広がりムジナ沢からでは分からない浅草岳の雄大さが感じられた。
スキーで浅草岳を目指す志があるなら一度は早坂尾根を滑るべきだろう。これが山行後の感想だ。

◆コースタイム
除雪終了点6:05~8:45尾根取り付き8:55~9:32早坂尾根上~10:30浅草岳11:10~11:38尾根下降点~12:56除雪終了点13:24~13:50守門温泉白石荘14:27

1,浅草岳早坂尾根 (2)
「いりひろせの道の駅」でK氏と合流。
夜は閑散としていた道の駅も続々と車が集結してきて、ほとんど浅草岳に向かっていった。
浅草山荘の先の林道の除雪終了地点には既に車が並んでびっくり。でも我々は未だ早いほうで車列はずっと先まで続くのだ。
 
2,浅草岳早坂尾根 (3)
今日の山は盛況だなと思ったら、ほとんどのパーティはムジナ沢方面でムジナ沢の登山道を分けたら誰も居なくなった。

3,浅草岳早坂尾根 (4)
もう谷は春だ

4,浅草岳早坂尾根 (5)
結局早坂尾根は知る限り我々を含めて2パーティだけだった。
原因はアプローチの長さ、雪に埋もれた林道を延々と2時間半程は歩く、人が少ないわけだが、人に会わず静かな我々だけの山を楽しめた。林道から離れる頃にやっと山頂から前岳の稜線が望めた。
 
5,浅草岳早坂尾根 (6)
振り向くと守門岳と手前の黒姫が真っ白

6,浅草岳早坂尾根 (7)
林道から早坂尾根に登るルートも決まったモノは無くて地図を見ながらコースの選定をする、これも楽しいが今回はK氏任せで最適ルートと思わせるラインを登った。
この沢を登ったが、上部はかなり急だった。

7,浅草岳早坂尾根 (8)
尾根に出る、広い。
かなり古いつぼ足の跡は我々よりも大分下で尾根に取り付いていた。
地図を見る限りどこを登っても急な斜面で悩むところではある。
あなただったらどこを登るか地図見て考えるのも楽しいですよ。

8,浅草岳早坂尾根 (9)
尾根に上がるとそこは雪原のような広大な尾根、展望も開けて気分最高。

9,浅草岳早坂尾根 (10)
山頂が見えてくるがこちらからの山頂はまさにたおやかだ。

10,浅草岳早坂尾根 (11)
タローも快適そうだよ。

11,浅草岳早坂尾根 (12)
常に背後に守門岳

12,浅草岳早坂尾根 (13)
広すぎて平坦な感じだが、これが結構な登り、行けども行けども一向に景色が変わらない。

13,浅草岳早坂尾根 (14)
枝に張り付いた氷が陽を受けて輝いていた。宝石のよう。

16,浅草岳早坂尾根 (17)
次第に空が近づいてきたと思ったら山頂が目の前に現れた、感激。
山頂ではタローが人気だ、モテて良いな。

17,浅草岳早坂尾根 (18)
山頂の人混みと離れて大休止。
新潟遠征最終日に山スキーが出来るなんてしあわせだ。

18,浅草岳早坂尾根 (19)
山頂は360度の大展望。
鬼ヶ面の岩壁が凄い。遠景は越後三山

19,浅草岳早坂尾根 (20)
前岳方面からは人がどんどん登ってくる。
遠く妙高が見える。

20,浅草岳早坂尾根 (21)
眼下には田子倉ダム湖

21,浅草岳早坂尾根 (22)
燧や至仏に荒沢岳ですよね。

22,浅草岳早坂尾根
前岳の稜線の向こうに、2日前に登った米山が見えるんだね。

24,浅草岳早坂尾根 (25)
 滑降は思いのまま、我々だけしかいない広大な斜面を思う存分滑った。

25,浅草岳早坂尾根 (27)
上部は凍ってガリガリで音が凄い、タローの足は大丈夫かい。

26,浅草岳早坂尾根 (28)
良いね、歓声が上がるよ。

27,浅草岳早坂尾根 (29)
朝は霞んでいた飯豊連峰が前方に浮かび上がってきた。

28,浅草岳早坂尾根 (30)
下降点を探しながら滑って行く。
見よ、この混雑の中、誰もいない斜面。

29,浅草岳早坂尾根 (31)
尾根から登った沢を滑って、沢筋の滑降も楽しめた。

30,浅草岳早坂尾根 (32)
だだっ広い尾根からこの沢を滑ってきました。

31,浅草岳早坂尾根 (33)
平坦な林道が滑るか心配だったが、緩んだ雪でも多少漕いだ程度で快適に走った。
谷筋はもう春だが、まだまだ楽しめそうな雪の多さだった。

32,浅草岳早坂尾根 (35)
先頭の車の人たちは帰ったようだが、朝の倍ぐらいの車が並んでいた。まだ皆さん山の中のようでした。
車に戻って新潟の一週間を振り返りながら、家に帰れるなー、と嬉しさもあった。

33,浅草岳早坂尾根 (36)
前橋在住のK氏とタローとはその場で解散、私は守門温泉で汗を流して帰京した。
◆温 泉 守門温泉白石荘 ◎入 浴 料・ 市外 600円
昔は宿泊施設であったが現在は守門高齢者センターとなっている。守門岳の二分の登山口の途中にあるので昔から利用していたが、日帰り温泉は健在でありがたい。大きな施設ではないが登山者も来ないので何時も空いている。公共施設なの午前9時~午後5時まで
 
◆GPS軌跡3D
浅草岳早坂尾根 作図
◆GPS軌跡国土地理院
浅草岳作図

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
222位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: