fc2ブログ

記事一覧

2022.03.09-11本栖湖浩庵キャンプ場&パノラマ台

富士山八景
0-1本栖湖キャンプ (6)
早暁の富士

0-3本栖湖キャンプ (28)
霧の舞う富士

0-2本栖湖キャンプ (15)
パノラマ台の富士

0-5本栖湖キャンプ (26)
富士夕景

0-7本栖湖キャンプ
子抱き富士

0-8本栖湖キャンプ
逆光の富士

0-6本栖湖キャンプ (4)
富士山近景

富士山の見えるところでキャンプ。
ネットで調べたら本栖湖湖畔の浩庵キャンプ場が良さそうなので場所を選定。お札に描かれた富士山を朝夕眺められて、水辺に天幕が張れるので人気のようだ。
10日はパノラマ台へハイキング。朝夕富士を眺め過ごした3日間、さすが日本の霊峰。

9日は曇り空で富士山は見えなかったが日が落ちてから富士山が見え始めて夜は星が綺麗に見えた。
10日パノラマ台~精進峠
1,本栖湖キャンプ (7)
富士山は雲の中であったが、日の出は湖面を輝かせた。

2,本栖湖キャンプ (8)
本栖湖から精進湖へ移動して1日ハイキングを楽しんだ

3,本栖湖キャンプ (9)
登山口

4,本栖湖キャンプ (10)
冬枯れの山道を行く。

5,本栖湖キャンプ (11)
ひと登りで稜線へ到着。

6,本栖湖キャンプ (12)
見る限り雪は無かったが、山に入るとやはり北面には凍った雪が残っていて苦労する場面もあった。

7,本栖湖キャンプ (13)
結構雪がある、
距離が短かったのでアイゼンは必要なかった。

8,本栖湖キャンプ (14)
パノラマ台では雄大な富士が全景を現したが、上空は曇り空。

9,本栖湖キャンプ (18)
分岐まで戻り、三方分山方面へ縦走

10,本栖湖キャンプ (19)
途中で南アルプスが遠望出来た、北岳から塩見、荒川岳ぐらいまで見えた。

11,本栖湖キャンプ (20)
小さな起伏の緩やかな尾根筋を行く。
12,本栖湖キャンプ (21)
パノラマ台から三方分山へ縦走も考えたが、下山が夕方になり、キャンプ目的が果たせなくなるので途中の精進峠から下山した。

13,本栖湖キャンプ (22)
精進峠からはジグザグのものすごい急坂で一気に下る

14,本栖湖キャンプ (23)
大堰堤を越えれば精進湖は近い

15,本栖湖キャンプ (25)
精進湖で本栖湖とはまた違った富士山を眺める。

16,本栖湖キャンプ (27)
11日は深い霧に包まれて、富士山どころかあたりは真っ白。陽が登るにつれて霧が晴れて富士山が見えてきた。

◆キャンプ風景
本栖湖キャンプ1
朝の風景

本栖湖キャンプ3
場所は湖畔が人気だそうだが湖面に向かって傾斜しているので居心地が良いとは思えない。

本栖湖キャンプ2
午後のひととき
湖畔から一段上がった場所は湖畔を見下ろすようなところで富士山も正面に望め、平地で居心地が良い。我々はそこが一番の場所だと思った。その上に木立に囲まれた場所があるが、富士山が一望と言うわけには行かない。トイレと炊事場はこの木立の中にある。


◆浩庵キャンプ場
富士山を正面に望み湖畔に天幕が張れるので場所としては最高なところである。
車での乗り入れも出来て車の脇に天幕が張れる。焚き火もOK、薪も売ってる。
ただシステムが面倒で初めてだと戸惑う。キャンプ場は8時チョックイン、10時チェックアウト、チェックアウト後は日帰りの料金が新たにかかる。連泊の場合は8時から20時まで自由に出入り可能だが、それ以外の時間は出入りできない。
まずネット予約をすると予約番号と受付時間が指示される。我々は8時半受付であった、10時受付だった人は帰されていた。したがって開場を待って8時に並んでも意味が無い。入口にはゲートがあるが自分で開けて入る。入場許可証を車のフロントに置いておくと後でチェックに来る。色々なテントを見ることが出来て楽しいし、それぞれのスタイルや過ごし方も千差万別で面白かった。三角のインディアンテントが目立った、煙突が突き出てるモノもあり最近の傾向なのだろうか。それにしても純粋な山用テントはほとんど無かった。

本栖湖キャンプ4
キャンプは食事が大事

本栖湖キャンプ5
今日は何作る

本栖湖キャンプ6
美味しそうでしょ
本栖湖キャンプ7
食べ過ぎました。

17,本栖湖キャンプ (29)
帰りに温泉でさっぱりして帰りました。
富士山と共に命の洗濯が出来た3日間でした。
◆温 泉 富士西湖温泉いずみの湯 900円 質 塩化物泉
JAF割引はないが、どこかの施設で100円の割引券を配っているようだ。
設備も良く気持ちよく入れた。鳴沢にある富士眺望の湯 ゆらり は1300円土日1500円と高額

◆パンラマ台~精進峠GPS
本栖湖キャンプ作図

スポンサーサイト



コメント

富士山堪能

富士山やはりいいですね
湖畔は 車で行けるので 是非同じところで  富士山体験してみたいです
山道は いつも通りたくさんの写真案内文有り難く擬似体験させてもらいました!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
222位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: