fc2ブログ

記事一覧

2022.02.16富士山二ツ塚スキー

富士山二ツ塚
0,二ツ塚 (3)

一昨年、雪が少なくスキーを担いでそのまま下りてきた苦い思い出があるが、今回は東京に大雪が降った機会を逃さずリベンジだ。富士山を間近に望みながらの滑降がここの魅力。富士山自体を滑るのとは又違った雰囲気があり、ちょっと離れた富士山を眺められるのが楽しいのだ。雪は充分あってリベンジが果たせた。何より晴天率の良さが嬉しく、眼下に広がる景色を楽しみながら大斜面の滑降を楽しんだ。山頂付近はシュカブラの凹凸に苦戦したがそれもまた楽し。

◆コースタイム
御殿場口太郎坊トンネル先のP7:20~8:50下塚9:05~9:10鞍部9:13~9:40上塚10:05~11:21駐車場11:35~12:07足柄SA(温泉)
1,二ツ塚 (1)
御殿場口へ向かう、自衛隊基地からは既にドンと現れる富士山を車窓から。

2,二ツ塚 (4)
冬の駐車は太郎坊トンネルの先の空き地。平日なのにもう満車、ベンツゲレンデで雪を踏みしめスペースを作ってなんとか停める。

3,二ツ塚 (5)
今回は車からシール登行だ。
まず出だしは樹林の中を歩いて行く。

4,二ツ塚 (6)
樹林帯を抜けると目の前に富士山がドンと現れる。

5,二ツ塚 (7)
振り返るとこんな感じ

6,二ツ塚 (8)
広大な裾野はどこでも登れるが、左手の沢形を登る、最短コースのような気がする。

7,二ツ塚 (9)
とにかく二ツ塚のコルを目指してゆく。

8,二ツ塚 (10)
雪が十分付いていたので登山道を外れてまずは直接下塚の山頂へ、

9,二ツ塚 (11)
急斜面に雪も堅い、

10,二ツ塚 (12)
下塚山頂到着

10-1二ツ塚 (18)
この山頂付近はいつも雪がなく滑降目的の人は登らないようだ。
我々は山屋なのでやはり山頂は押さえておく。

11,二ツ塚 (13)
展望は360度、山中湖と三つ峠、杓子石割山、御正体山か?

12,二ツ塚 (14)
丹沢山塊も結構白い。こんな白い丹沢を見るのは久しぶりだな。

13,二ツ塚 (15)
大島も
15,二ツ塚 (17)
天城山、駿河湾も俯瞰できる。

14,二ツ塚 (16)
富士山はこの時間帯だけガスが湧いて見えなかった。

16,二ツ塚 (19)
鞍部から再びシール登行で上塚を目指す。

17,二ツ塚 (20)
上塚へは急斜面なのでクトーを付けて行く。

18,二ツ塚 (21)
上塚の山頂も雪が少ない、山頂の北側は強風で雪の付が悪く、滑降は東面となる。

19,二ツ塚 (22)
宝永山までガスが迫って、黒い雲も湧いてきたが、その後は風も収まり雲も取れた。

20,二ツ塚 (23)
いよいよ滑降、上部はシュカブラの凹凸で苦戦したが、苦戦が楽しみにもなるものだ。これ負け惜しみか? 

21,二ツ塚 (24)
どこでも滑れる大斜面

21-1二ツ塚
時々つむじ風、これが富士山だね。

22,二ツ塚 (25)
芸術?だ。

23,二ツ塚 (26)
時々吹きだまりで転倒しながら滑って終了。

24,二ツ塚 (27)
お疲れ様でした。天気に恵まれる事が多いので富士山を眺めに来ましょう。
朝焼けの富士、夕景の富士も良いですよ。

25,二ツ塚 (28)
下山後は足柄SA併設の時之栖で温泉に浸かり名物の静岡おでんで腹を満たし帰京した。
◆温 泉 足柄SA時之栖(ときのすみか)680円 JAF割あり

◆GPS軌跡
二ツ塚作図
スポンサーサイト



コメント

富士山二ツ塚スキー

御殿場に向かう途中の富士山、裾野までも雪に覆われた富士山見てみたい 見させて貰いましたね

急斜面に雪も堅いの太陽の輝きが 素晴らしい
まさに別世界のワンシーン❣️

登山用語が分からなくて調べました
別世界の誘い また宜しくです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: