fc2ブログ

記事一覧

2022.01.16三国山スキー

三国山スキー

0,三国山スキー (37)
山頂稜線にて
この真っさらの稜線を歩くために、ラッセルを厭わず真っ先に出かけよう。

三国山は本来つぼ足に適した山だが、スキーの記録も散見するので1日だけの好天を狙って出かけてみた。尾根の下部は藪がうるさいところもあったが充分にスキーは楽しめた、思った通りの快晴で富士山も遠望出来たが何より稜線からの厳冬の谷川連峰は圧巻で、景色を満喫できた。コースも短く物足りなさも残るがラッセルをすれば日帰りのノンビリ山行に最適だ。
◆コースタイム 三国峠P7:19~7:44登山道横断地点8:02~9:30三国山9:46~10:00稜線末端滑降開始点10:23~11:24三国峠P

1,三国山スキー (17)
三国トンネル手前の登山口近くに広い除雪帯がありありがたい。登山者の為に除雪してくれているのかな。

2,三国山スキー (16)
道路脇はコンクリと金網で山肌と仕切られているが、一カ所コンクリが途切れて入れるようになっている。標識は無かったがこれが登山道だ。
3,三国山スキー (27)
ワカンの2人パーティが先行したが、膝ぐらいのラッセルですぐに追いつき追い越す。
シール登行は速いが今度は我々がラッセル。
4,三国山スキー (19)
結局山頂までラッセルすることになるが、終始K君が先頭だ、気持ちよさそうにラッセルしていたので山頂まで変わることもなく楽が出来た。若いね。年の差20だ。
途中で中部北陸自然道が横断する所に標識がある。
5,三国山スキー (28)
稜線の鞍部が見えてきた、このあたりの滑りは快適そうだ。
5-1三国山スキー (29)
樹林帯から稜線に出ると谷川方面が開けてくる。
6,三国山スキー (30)
さすがに真っ白、圧巻の景色だ。
右手奥に谷川岳、右手前は小出俣山だ。
7,三国山スキー (20)
私も
8,三国山スキー (15)
すがすがしい朝だ
9,三国山スキー (14)
山頂に続く稜線は長くて平坦な雪稜で素晴らしいところ。気温が高く汗ばむほどだ。
中央奥に浅間山、右手の連なりは岩菅山だ。
11,三国山スキー (31)
谷川連峰だ。左からエビス大黒の頭、万太郎山、谷川岳(右手の奥)
12,三国山スキー (32)
左は小出俣山、右手は上州武尊山と背後に日光連山
13,三国山スキー (33)
浅間山方面
15,三国山スキー (35)
赤城山
14,三国山スキー (34)
写真じゃ見にくいが、確かに富士山と手までが榛名山
16,三国山スキー (1)
雪稜漫歩
ラッセルはきついが、先行者がいない雪稜はまっさら、ワカンの跡があったら風景も台無しだよね。
帰りにはワカンの跡でボコボコでした。
17,三国山スキー (21)
先週の八甲田山は冷たい風と視界のない3日間だったので、来て良かったよ
18,三国山スキー (22)
山頂は片側が木に覆われて谷川方面の展望がない、わずかに三角点表記があった。
19,三国山スキー (2)
雪稜から三国峠を見下ろす。こちらのルートは冬は来ないらしい。
20,三国山スキー (3)
山頂から少し大源太山方面に歩いて行くと展望が広がる、わずか数分の距離なので是非行こう。
見えなかった苗場山も見える。
21,三国山スキー (4)
平標山、仙ノ倉山、エビス大黒の頭もバッチリ見える。
22,三国山スキー (24)
平坦な雪稜を端まで戻り、シールを外す、滑降開始のところで大休止、来て良かったなとつくづく思えた瞬間だ、
 時間は有り余るほどあったが、雪質が悪くなるので滑降開始。

23,三国山スキー (25)
すぐ林間の滑降となる
25,三国山スキー
ちょっとうるさい藪もあり、大斜面とは行かなかったがそこそこ林間滑降を楽しんだ。
26,三国山スキー (8)
つぼ足よりはずっと楽しめるよ。
27,三国山スキー (9)
ワカンのパーティが2人×3組と単独のスキーヤーがこの日の登山者、全員にラッセルのお礼を言われた。
28,三国山スキー (10)
車が増えた駐車場に到着、カーブを曲がったところに登山口がある。

◆GPS軌跡
三国山スキー作図



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: