fc2ブログ

記事一覧

2021.12.06岩井堂砦~古城台

岩井堂砦の岩峰
0,岩井堂砦
岩井堂砦は吾妻線の小野上温泉駅の北西に位置する砦跡で急峻な岩場を縫うように登山道が続いている。かなり手強い岩場だが鉄の手すりや鎖があり安心して登って行ける。砦上には展望台とお堂があるが、その先にも登山道が続いていて最後は石門があり特異な景観を生み出している。その先458.9ピークまではバリエーションで道もないが虎ロープが下がっていたので気になっていた。前回は単独で装備も無く断念したので、今回はロープ持参でピークをめざした。砂礫と落ち葉のグズグズ斜面に2級程度の岩場、痩せた岩稜の先にハングした岩壁があり、またまた撤退。次回は別ルートから狙ってみよう。吾妻線沿線に存在する小さな岩峰で年相応の冒険心を満たしてくれる楽しい所だ。

古城台
0-1,岩井堂砦 (12)
岩井堂砦から眺める古城台と十二ヶ岳
隣の古城台も岩峰が連なる岩尾根であるが、こちらは良く整備された地図には載っていない登山道があって霧雨の中でも楽しんで歩けた。小野上温泉ハタの湯で汗を流し、あずま屋で蕎麦を食べて帰京した。

◆コースタイム 6:57岩井洞駐車場7:22~7:25登山口~7:39のろし台~7:47石橋8:00~8:51岩稜上8:59~9:40石橋9:52~10:08登山口~10:13車道分岐~10:41古城台北登山口~10:54展望台11:09~11:20天狗岩~11:40胎内くぐり~11:48車道~11:51古城台南登山口~12:03岩井洞駐車場

1,岩井堂砦 (2)
 登山口にある酒まんじゅうの岩井洞総本店の広い駐車場に停めて出発。
2,岩井堂砦 (4)
国道から少し入ったところに登山口があり分かりにくいが、入口には案内板と標識がある。
3,岩井堂砦 (5)
広場の左隅に登山道がある。
4,岩井堂砦 (6)
暗い登山道を少し上るといきなり鎖ばとなる。
5,岩井堂砦 (7)
次第に急な岩場になるが鎖と手すりが完備されているので安心だ。
6,岩井堂砦 (8)
手すりが無かったらやばいよ
7,岩井堂砦 (9)
岩がゴツゴツしていて八ヶ岳の岩場と同じ岩質か。
8,岩井堂砦 (10)
登り切ると小さな広場でお堂があり展望が広がる。ここが狼煙台か。
9,岩井堂砦 (11)
展望も開けるが、あいにく今にも降りそうな空模様。
これから登る古城台を眺める。
10,岩井堂砦 (13)
数メートル岩場を下り、下山道の標識を過ぎてさらに岩場を登る。
11,岩井堂砦 (14)
振り返ると岩塔が見事。
12,岩井堂砦 (15)
岩場の終点は石門になっている。妙義の石門を思わせる景観だ。道はここで終わり。
ここからはロープを出してゆく。
13,岩井堂砦 (16)
ハーネスを付けてロープを引いて虎ロープのあるグズグズの急斜面を登る。
14,岩井堂砦
斜面を登ると狭い岩稜に出る、その先は岩場だ。
15,岩井堂砦 (18)
次の岩峰は右のバンドを巻いて岩場を登ると両側切れ落ちた狭い岩稜に出る。爽快な岩稜だ、
16,岩井堂砦 (19)
両側切れ落ちた狭い岩稜を四つん這いで通過するとその先はすっぱり切れ落ちた岩壁となる。
覗くと下が見えないのできっとハングしているのだろう。支点もないが懸垂で下りても戻れる保証も無くここで引き返す。
17,岩井堂砦 (20)
慎重に戻る、背後に山頂が間近に見える、次回は右手から別ルートで挑戦だ。
18,岩井堂砦 (22)
周りは岩峰だらけ、雨も心配だ。
20,岩井堂砦
下山は安全に3ピッチの懸垂で石門に戻った。
21,岩井堂砦 (25)
岩場より砂礫と落ち葉のグズグズ斜面がいやらしいところ。
22,岩井堂砦 (26)
のろし台の所に下山道の標識があったが、岩門から直接下ってゆく。
23,岩井堂砦 (27)
急な梯子を下る、梯子が無かったらここは下れない?
24,岩井堂砦 (28)
岩壁の間のグズグズ斜面を下りきると、のろし台からの下山道と合流する。
25,岩井堂砦 (29)
道がしっかりしてくると竹林となって人家も近い。
26,岩井堂砦 (30)
人家の脇に出て終了。
27,岩井堂砦 (31)
登ってきた岩峰を見上げる。一番左がのろし台だ。
28,岩井堂砦 (32)
次は古城台に向かう。この頃から霧雨が降ってきた。
立派な社の作間神社を過ぎて
29,岩井堂砦 (33)
十二ヶ岳への標識がある分岐を左に曲がり、作間沢沿いの車道を登って行く。
車道は登りで長いよ、逆コースだと下りになるので良いかも。
上谷後橋で橋を渡り右に行く。この分岐には十二ヶ岳と古城台の標識がある
30,岩井堂砦 (34)
次の分岐には標識がないので地図を見て右折すると北口登山口となるが、入口の標識は天狗岩となっている。
31,岩井堂砦 (35)
始めは長閑な落ち葉に埋もれた尾根筋を登ってゆく。
30-1岩井堂砦
次第に岩が目立ってくると展望台だ。天気が良くないので展望もよくない。
32,岩井堂砦 (36)
岩の間を縫うように続いている。この先で登山道は巻き道と稜線の道に分かれるが、勿論稜線を行く。
33,岩井堂砦 (37)
稜線への道を登ると頭上に穴が。
34,岩井堂砦 (38)
まずは岩の隙間を潜る、ザックが大きいと通過困難。
35,岩井堂砦 (39)
その上は展望の良い岩稜だ。十二ヶ岳から小野子山が雲間に見えた。
36,岩井堂砦 (40)
気持ちの良い尾根を辿ってゆくと、前方に天狗岩が見えてくる。
37,岩井堂砦 (41)
天狗岩は岩の右側を通過するので上には登れない。
岩の基部で巻き道と合流する。
38,岩井堂砦 (42)
さらに岩尾根を辿ってゆく。
39,岩井堂砦 (43)
再び天狗岩のような岩峰が現れる。
岩井堂砦から見た手前の岩峰だ。
40,岩井堂砦 (44)
登山道は岩峰の基部から左の斜面に下りてゆく。
41,岩井堂砦 (45)
下りきった所に胎内くぐりの標識があったので寄ってみた。
42,岩井堂砦 (46)
胎内くぐりと言うよりは大きな石門で楽々通過。
43,岩井堂砦 (47)
出口から振り返る。標識には戻れとあったが戻るのは嫌いだ。
44,岩井堂砦 (48)
そのまま道のない落ち葉の斜面を下って車道に出た。
45,岩井堂砦 (49)
百庚申と古城台の南登山口を通って国道に戻った。
本来はここに下って来ないといけません。
46,岩井堂砦 (50)
駐車場が見てきた。
◆駐車場は道路脇の観音堂の参拝者の駐車場が使えるが、崖の下で落石が気になり、その前にあるまんじゅう屋さんの駐車場をお借りした。
47,岩井堂砦 (3)
平日なのに車がひきりなしに出入りするお店で人気らしい。
駐車場をお借りしたお礼でもないが、前回美味しく頂いたので。酒まんじゅうを購入した。
48,岩井堂砦 (51)
黒がこしあん、赤が味噌あん、一個120円

◆温泉 小野上温泉 ハタの湯 2時間410円
49,岩井堂砦 (52)
昔の温泉センター幸ノ湯が生まれ変わったようです、源泉が幸の湯なのでちょっとややっこしいです。
温泉施設が「ハタの湯」、温泉の名前が「幸の湯」(さちのゆ)と言うことでしょうか。
滞在時間で料金が変わりますが、我々は汗を流すだけなので2時間で充分、安くてありがたいですね。
50,岩井堂砦 (53)
◆蕎麦屋  あずま屋  天ざる1040円税込み 
国道353号の対岸の道である渋川東吾妻線35号沿いにある店。位置的に小野上駅の対岸ぐらい。
手打ちなので蕎麦が無くなると終わり、3時までには入りたい。
蕎麦は並だが天ぷらが美味しかった、それに安い。50-1岩井堂砦 (1)
食後に出るサービス珈琲もうれしい。
◆GPS軌跡
岩井堂砦作図





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: