fc2ブログ

記事一覧

2021.12.02房総鋸山

房総鋸山
0,鋸山 (3)

観光地というイメージの鋸山なので、山歩きという感覚が無かったが、山頂に登った記憶が無かったので一度は登らねば。観光地のロープウエイを避けて浜金谷駅から登ることにした。観光地の部分を除けば、房総の山歩きの魅力を備えた名低山、見直した。この日は終日富士山がくっきり望める好天気で、東京湾と富士を眺めながら歩くことが出来た。白い南アルプスも見えたよ。
◆コースタイム 金谷海浜公園6:15~6:17浜金谷駅~6:25車力道、関東ふれあいの道分岐~6:53石切場分岐~7:01東京湾展望台7:18~7:33鋸山7:3~7:49石切場8:00~8:18日本寺北口拝観所8:20~8:41トイレ~8:44望月台~9:00浜金谷駅~9:02金谷海浜公園

1,鋸山 (6)
丁度夜明け頃に金谷に到着、まだ開けやらぬ富士山を眺めて出発。
2,鋸山 (7)
金谷海浜公園の駐車場に車を停める。
◆駐車場事情
無料の駐車場で便利なのが金谷海浜公園の駐車場で道路標識は市民プールとなっている。浜金谷の駅からまっすぐ歩いて国道の向かいにある。広さは20台程か。登山口周辺には有料の駐車場もある(500~800円/1日)無料の駐車場が満車の場合には需要があるのだろう。
そのほかはロープウエイの駐車場、山の上にある駐車場は無料ですが道路使用料が1000円かかります。
道路も駐車場も無料なのが日本寺東口管理事務所前の駐車場。無料だけあって国道からの入口もわかりにくく、道路も狭いようです。ロープウエイや車で上まで行かずにやはり駅から登るのが正しいでしょう。

3,鋸山 (8)
浜金谷の駅が起点で車力道コースから関東ふれあいの道コースを周遊することに決めた。
4,鋸山 (9)
駅からの町中は道が交差してよく分からないが、角には標識があるのでそれに従ってゆけば間違えることはない。
5,鋸山 (10)
車力道(左)と関東ふれあいの道(右の階段)との分岐
7,鋸山 (11)
道の向こうに石切り場の岩壁が見える。
6,鋸山 (12)
最後の分岐、必ず車力道の標識がある。
7,鋸山 (13)
ここから登山道となる。
8,鋸山 (14)
車力道は切り出した岩を運んだ道で、石が敷き詰められて当時を偲ばせる。
9,鋸山 (15)
当時の労力が感じられる道。
10,鋸山 (16)
こんな風に運んだそうだ
11,鋸山 (17)
次第に背後に東京湾が広がる道をひと登りで稜線に出る。
12,鋸山 (18)
出た尾根上は石切場の末端である。まずは左手へ山頂を往復。
13,鋸山 (19)
この山は急な階段が多い。
14,鋸山 (20)
山頂への途中にある東京湾展望台では大島や東京湾越しの富士山、箱根の山、丹沢山塊、天城山がパノラマのように広がる大展望を満喫。
15,鋸山 (21)
大島も見える
16,鋸山 (22)
富士山とその右に白い南アルプス(写真じゃ分からないかな)さらに丹沢山塊
今まさに東京湾フェリーが出航。
17,鋸山 (23)
山頂へは小さなアップダウンを繰り返して思ったより長いが、きっと観光客も来ない静かな道だ。勿論今回は誰とも会わなかった。
18,鋸山 (24)
山頂は木に覆われて展望は一方だけ。
20,鋸山 (26)
車力道の分岐まで戻り、石切場の核心部に向かう。鋸山の代表的な風景はやはり石切場の跡だろう。独特の景観に圧倒される。
21,鋸山 (27)
収まりきれない迫力の岩壁
22,鋸山 (28)
錆びた古い機械も大切な遺産だ。
23,鋸山 (29)
地獄のぞきは下からの方が怖さが分かる。
24,鋸山 (30)
それにしても鋸山の登山道は石の階段が多い。それも急で長く落ちたら死ぬ。
25,鋸山 (31)
岩壁途中の展望台から、南アルプスも分かるよね。
26,鋸山 (32)
折角なので有名な日本寺の大仏や地獄のぞきなどを見てまわろうと行ってみたら日本寺がまだ開いてない、おまけに拝観料が700円。やーめた。というわけで早々に下山。
27,鋸山 (33)
関東ふれあいの道分岐に戻り下山開始。
28,鋸山 (34)
こちらの登山道も石が敷き詰められていたが、形状が違うようで階段と樋状になっていた。
29,鋸山 (35)
目的が違うのだろう。切れ落ちた箇所もありこれぞ房総の山道。
30,鋸山 (36)
次第に石切場の絶壁が遠ざかる。
31,鋸山 (37)
ロープウエイが登ってゆく、その前に下山、それが静かな鋸山を味わう基本でしょう。
32,鋸山 (38)
尾根は結構痩せてますね。
33,鋸山 (39)
尾根上にあるトイ。なぜか閉鎖中。
34,鋸山
望月台の広場からは東京湾が望める。この頃からぼつぼつ登山者が登ってきた。
35,鋸山 (41)
長い階段を下ると今朝歩いた車道の分岐に出た。
37,鋸山 (43)
駅に戻り、佐久間ダムの水仙の開花具合を調べて「笑楽の湯」で汗を流し、今が真っ盛りの紅葉を見ながら志駒川沿いのもみじロード経由で帰京した。
38,鋸山 (44)
金谷海浜公園からの富士山
39,鋸山
◆温 泉  「笑楽の湯」500円
40,鋸山
帰路、富津岬に寄ってみた。
41,鋸山
展望台からの富津岬を振り返る。
◆GPS軌跡
鋸山作図
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: