fc2ブログ

記事一覧

2021.10.30-31鳥甲山錦秋

鳥甲山錦秋
0,鳥甲山 (1)
布岩の紅葉

紅葉を狙っての山行でしたが稜線には結構雪が残っていて、もう根雪になるような気配でした、溶けた雪で登山道は泥だらけ雪や岩より泥が滑りました。鳥甲山も紅葉が真っ盛りで思うとおりの山行が出来ました。曲がったり抜け落ちたり危ない鎖もありますが登山道は良く整備されて安心。落ちたら終わりと言うところだらけですが、それだけにスリルも味わえて飽きない登山道です。紅葉の山にかまれたキャンプ場も静かでキャンプも楽しめました。
 
草津から志賀高原、奥志賀林道へ
前日は早朝に東京を出発、多少の渋滞はありましたが時間はたっぷりで、八ッ場ダムや草津志賀道路の景観を楽しみながら奥志賀林道から秋山郷へ、切明では河原の露天風呂を見物してやっとキャンプ場に、焚き火までして楽しんで夜を過ごしました。
1,鳥甲山 (59)
30日は入山日、観光を兼ねて志賀高原から秋山郷へ向かう
まずは吾妻渓谷の八ッ場ダムへ
2,鳥甲山 (2)
道の駅から眺める丸岩、その姿に魅せられて3日後に登りにゆきましたよ。
2-1鳥甲山 (13)
上州名物焼き団子、ふわふわの団子に味噌だれが美味
3,鳥甲山 (3)
草津白根山を巡って国道最高地点の渋峠から志賀高原へ。
木戸池の紅葉を楽しむ
4,鳥甲山 (4)

5,鳥甲山 (5)
丸池スキー場、ジャイアントリフトを望む
6,鳥甲山 (6)
奥志賀林道は紅葉真っ盛り
7,鳥甲山 (7)
滝があるとまた格別だ
8,鳥甲山 (8)
時折車を停めてしばし楽しむ
9,鳥甲山 (9)
こんな谷間の紅葉が数カ所、素晴らしい、ごった返すような観光客もなくノンビリ味わえる。
10,鳥甲山 (10)
これが秋山郷の紅葉、苗場山が見える。
11,鳥甲山 (11)
極めつけが布岩の岩壁に映える紅葉、秋山郷のシンボルだ。
12,鳥甲山 (14)
最後に切明の河原の温泉へ、女性陣は足湯で我慢。
13,鳥甲山 (12)
栃川高原キャンプ場に落ち着く、全員ソロテント。
ヒュッテひだまりで温泉にも入れる。
◆栃川高原キャンプ場 
長野県下水内郡栄村大字堺17930-47 電話 025-767-2262
広くて静かなキャンプ場で景色も良くお気に入り。ヒュッテひだまりで温泉にも入れる。
キャンプ場 1500円/1人 温泉500円
宿泊も出来る 一泊二食:大人 8,950円(消費税・入湯税込)
14,鳥甲山 (15)
焚き火も出来て夜は更けた

鳥甲山登山
◆コースタイム 
ムジナ平登山口5:49~6:47小水ノ頭~7:02岩場7:07~8:42白嵓ノ頭~9:3カイナリ岩~10:32白砂分岐~10:37鳥甲山10:48~11:16赤嵓ノ頭~12:50屋敷山鞍部~14:23屋敷登山口~14:35ムジナ平登山口14;42

15,鳥甲山 (16)
朝は4時半起きで夜明けから登山開始。ムジナ平の登山口から登り始める。
16,鳥甲山
まずは樹林の急登が小水ノ頭まで続く、
17,鳥甲山 (24)
小水ノ頭からは展望の良い稜線となるが急登は続く。
18,鳥甲山 (17)
途中の鎖場は楽しいⅡ級の岩場。
19,鳥甲山 (18)
鎖の支点がぐらぐらしている、この山の鎖は抜けそうなものも沢山あるようだ。
20,鳥甲山 (61)
上から見ると高度感もある。
21,鳥甲山 (62)
背後には岩菅山や志賀高原のスキー場などが見える。右手には苗場山や白砂山、佐武流山が望める。
22,鳥甲山 (19)
麓から一気にせり上がる斜面が紅葉で素晴らしい
23,鳥甲山 (20)
白嵓ノ頭までは岩峰を幾つか越えてゆく、急斜面だが気分は最高。
25,鳥甲山 (22)

26,鳥甲山 (23)
やっと白嵓ノ頭が見えてきた、
27,鳥甲山 (25)
紅葉の尾根が終わり、針葉樹の尾根になると雪が出てくる
28,鳥甲山 (26)
やっとの登りが終わって白嵓ノ頭、標識も消えそうな樹林の中だ。
29,鳥甲山 (27)
白嵓ノ頭からもったいないほど下る、雪の道が続く。
熊の足跡発見。今日の足跡だぜ。
30,鳥甲山 (28)
背丈より高い根曲がり竹が雪の重みで倒れ込んで登山道を塞いでいる。
31,鳥甲山 (29)
痩せた岩稜の鎖場、右手が崖だあ。
32,鳥甲山 (30)
心許ないロープが頼りか?
33,鳥甲山 (58)
楽しいでしょ
34,鳥甲山
一番の難所、カミナリ岩。
35,鳥甲山 (31)
ここは一段下のバンド、いやこのバンドのもう一段下のバンドに雪に埋もれた鎖があった。
崖際のトラバースとなる。
36,鳥甲山 (32)
カミナリ岩を過ぎれば難所も終わりで、白砂分岐、ここから山頂往復
37,鳥甲山 (33)
山頂到着。陽射しは無かったが展望は良かった。
38,鳥甲山 (34)
山頂から屋敷山の鞍部までは稜線を行く、まずは急斜面。
雪が溶けたところは泥だ。
39,鳥甲山 (35)
ナナカマドの群落、笹と雪の風景に赤い実が彩りを添えて楽しませてくれる。
40,鳥甲山 (36)
なんとか錆びた字をなぞって赤嵓ノ頭だ。
41,鳥甲山 (37)
稜線から崩壊した谷が不気味に落ち込む
42,鳥甲山 (38)
登りのような難所は無いが上り下りを繰り返し長い。
43,鳥甲山 (57)
振り返ると辿ってきた稜線がうねるように続いている。
44,鳥甲山 (39)
苗場山が常に見える、秋山郷は鳥甲山と苗場山の谷間にあるのが分かる。
45,鳥甲山 (40)
下るにつれて足下の紅葉も復活。本当に綺麗だ。
46,鳥甲山 (41)
やっと稜線の終わりが見えてきた、3つめの低いピーックの鞍部が下降点だ
47,鳥甲山 (42)
稜線の風景ももう終わり、長かったが名残惜しいなあ。
48,鳥甲山 (54)
下降点には倒れた標識が
49,鳥甲山 (43)
ここからは一直線の下り
50,鳥甲山 (44)
時々里の風景が垣間見える
52,鳥甲山 (46)
大きな堰堤があったが、沢筋ではないのできっと雪崩除けかも
53,鳥甲山 (47)
1日雲が多かったがこんな時間に青空が広がってきた。
54,鳥甲山 (48)
堰堤付近から電話してタクシーを呼ぶ、最後まで紅葉が楽しめた。
55,鳥甲山 (50)
丁度登山口に降り立ったら頼んでおいた山タクが待っていてくれた。
車の後ろから離れ行く登山口を激写。
56,鳥甲山 (51)
山タクとは村が主催する公認の白タクシーのようなもので電話すると指定の所に来てくれる。
秋山郷にはタクシーがないのでとても便利、おかげで登山口に戻る車道を歩かずにすんだ、車道は登り坂で1時間以上かかる。もう車道は歩けないでしょ。
屋敷の登山口から車を停めたムジナ平の登山口までを運んでもらった。2200円ほどで便利さと安さも魅力。
57,鳥甲山 (55)
秋山郷を後に津南に向かう、途中の中津川の紅葉も楽しめる
58,鳥甲山 (56)
もう夕方で太陽も隠れてしまったのですが
59,鳥甲山 (52)
温泉は塩沢に抜ける途中の十日町で
◆温泉 ゆくら妻有 14日は津南まで走り塩沢への途中で温泉に入る。 600円
〒949-8441 新潟県十日町市芋川乙3267 TEL:025-763-2944
営業時間 10:00〜21:00(最終入館時間:
◆GPS
鳥甲山作図


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
222位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: