fc2ブログ

記事一覧

2021.09.20じじとばあ~御堂山~雨宮山

じいとばあの岩峰
0,じいとばあ (42)

御堂山~雨宮山
9月連休は出かけないと決めていたのだが、長雨の後の好天が続き、出かけたくなった。どこでも良かったがじいとばあに行くというので便乗した。下仁田から佐久へ抜ける国道からも良く見えるじいとばあの岩峰。何度か行ったことがあるがもう昔の話。それに最近発見された2つの展望地に寄って見たかった。抜けるような青空と思っていたが雲が多く、ちょっと暑かった。
それに蛭の季節が未だ終わっていなかった。
じいとばあの岩峰はやはり見応えがあり凄い、写真にはもってこいの映える景色、岩場や岩峰好きにはたまらない。満足して下山した。
 
◆コースタイム 西牧関所跡5:35~6:24ミノ滝~6:34分岐~6:47じじ岩ばば岩7:25~7:31分岐~7:40展望岩分岐~7:46展望岩7:50~8:10御堂山~8:35妙義展望岩8:38~9:02高石峠~9:12雨宮山9:18~9:24髙石峠~10:25根小屋~10:52西牧関所跡P11:05~11:40芹の湯

1,じいとばあ (3)
姫街道と呼ばれている国道245号の藤井バス停の東にある西牧(にしもく)関所跡が登山口である。
旧道との分岐に数台の駐車スペースがある。
2,じいとばあ (4)
西牧(にしもく)関所跡は以前に比べ草が生えていた。手入れがされていない感じ
3,じいとばあ (5)
民家脇の林道入口には獣除けの電気柵があり慎重にまたいでゆく。
蛭の看板が嫌な予感。
4,じいとばあ (6)
以前あった整備された林道は上部では崩壊が激しくゴーロ状になっている。
かつての林道終点付近も荒れている。
5,じいとばあ (7)
地図を頼りに沢沿いに登ってゆくと5m程のミノ滝が現れてほっとする。
ハング気味の滝で右にロープが固定されている。
6,じいとばあ (8)
あとはひたすら斜面を登ると尾根にでる。
7,じいとばあ (9)
尾根の分岐、左にまずはじいとばあの岩峰に向かう。
山頂へは右だ
8,じいとばあ (10)
痩せた尾根を行く。
9,じいとばあ (11)
たんす岩が尾根を塞ぐので右手を巻くようにトラバースする。
9-1じいとばあ
巻き終わって尾根に戻ると、タンス岩展望台だ。目の前に見事な2つの岩峰が現れる。
諸説あるが右がじじ岩で左がばば岩、逆に付けられた説もあるようだがくびれのある方をばば岩とした方がしっくりする。
A説 タンス岩の前で服を畳んでいるばばと後ろで見守るじじ。
B説 こたつに入っているじじとお茶を持ってくるばば。
AとBでは位置が逆になるのだ。
10,じいとばあ (39)

11,じいとばあ (12)
振り返るとタンス岩も迫力

12,じいとばあ (13)
じじ岩の基部まで行った見る、ノーザイルはここまで
13,じいとばあ (14)
タンス岩まで戻る。
手に血が、岩場で怪我した、いや蛭にやられた。
靴下を見たらまさに蛭がいた、わーおっ。
14,じいとばあ (15)
尾根の分岐に戻り
15,じいとばあ (16)
御堂山に向かう。
途中に向かいの岩峰から2つの岩峰が綺麗に見えるというので寄り道した。
16,じいとばあ (17)
道標まで新設されて新たな名所になった。
17,じいとばあ (18)
これが寄り道の展望台、荒船山をバックに見事な岩峰が望めた。
18,じいとばあ (19)
反対側には榛名や赤城が
19,じいとばあ (20)
縦走路に戻り山頂へ。御堂山の山頂は展望もなくつまらない。
以前の下山ルートである下宿に下りる沢沿いのルートは踏み跡も無かった。強引に沢を下るしかあるまい。
20,じいとばあ (21)
山頂から雨宮山に向かうが、今度は妙義が目の前に見渡せる岩峰へ再び寄り道する。
痩せた岩稜を辿ると妙義山塊が目の前に現れた。
21,じいとばあ (22)
浅間山も良く見える。
22,じいとばあ (23)
振り返ると先ほど登った御堂山が
23,じいとばあ (24)
これから辿る雨宮山も望める。
この山は展望が得られないので、この2つの寄り道をすれば展望も自慢の山になり御堂山の価値も上がるだろう。
25,じいとばあ (26)
雨宮山へはのどかな灌木の尾根だ。
26,じいとばあ (27)
髙石峠到着。
高石峠から雨宮山を往復、
27,じいとばあ (28)
雨宮山も展望なし。
小さな祠があった。
28,じいとばあ (29)
峠まで戻って下山。
28-1じいとばあ (41)
下山は根小屋の集落に出る沢沿いの道を行くが、読図が必要。
よく手入れされた杉林が素敵な風景。
29,じいとばあ (30)
下ると伐採帯にでた。
ほぼ伐採が終了したような感じで林道が上に下に縦横無尽に付けられて迷路のようだ。
下りは沢を下る林道を辿ってゆけば良いが登りは分岐だらけで大変だ。
30,じいとばあ (31)
この林道の起点は尾根を越えた先で下山地の根古屋からは通じていないからやっかいだ。
読図してどこかで林道を離れて沢沿いに下る。水道施設の上からは沢が切れ込んでいるので一段上の台地を辿る。
31,じいとばあ (32)
道が広く顕著になると集落への舗装道路に出る。道路の真ん中で蛭のチェック、私は数匹発見、パンツまで血が付いていた。相棒は被害ゼロ、この差はなんなんだ。
32,じいとばあ (33)
集落に下りてほっと一息。
33,じいとばあ (34)
本宿の和菓子屋「古月堂」で名物「本宿どおなつ」を買う。
36,じいとばあ (38)
あんドーナツで皮が薄く、しっとりとした白あんが甘くなくて美味しかった。
34,じいとばあ (36)
荒船鉱泉に向かったら道を間違える。
間違えた道路沿いにあった「芹の湯」で温泉。
35,じいとばあ (35)
ひなびた雰囲気の良いところで気に入った。
37,じいとばあ (37)
国道の茶店じいとばあ付近から仰ぐ2つの岩峰

◆温 泉 八千代温泉「芹の湯」℡0274-84-3812 500円
     塩味のひなびた温泉、狭いが雰囲気は良い。

◆gps軌跡
じいとばあ作図
スポンサーサイト



コメント

じいとばあ

爺と婆は 見応えのある景色で 雲の様子も面白くて 堪能しました
タンス岩もみてみたい 見晴らし台での山々の写真も美しく 名前付きで おぼえておきたいとおもった 
杉林の写真好きです
蛭にもあわず 登山できる山のソナタ 次回も楽しみです  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: