fc2ブログ

記事一覧

2021.07.20白砂山~八間山

野反湖のノゾリキスゲ
P0白砂山 (42)
野反湖畔のノゾリキスゲは激減してました。同日に出かけた仲間によると以前は黄色い絨毯のように広がっていたカモシカ平には一輪も咲いていなかったそうです。鹿の害、気候の害。分からない。

p1,白砂山 (40)
南の端の峠付近は咲いていました。

◆コースタイム 白砂山登山口3:30~6:13堂岩山6:14~6:17八間山分岐~6:43猟師の頭6:45~6:57金山レリーフ~7:33白砂山8:00~8:46猟師の頭8:48~9:08堂岩山分岐~10:24黒渋の頭~11:03八間山11:14~12:10登山口~12:24駐車登山口

猛暑の中、人混みを離れて疎開してきました。涼しいキャンプ場でノンビリが目的。
山はおまけでしたが、暑さを避けて早朝登山、昼前には下山しましたが暑さには閉口しました。それでも機会に恵まれず、登っていなかった山に立てて満足でした。急登の後の起伏のある長い稜線の往復。暑さがじわりときた八間山への縦走路。ここは秋の山か。

p2,白砂山 (3)
未だ暗い内に天幕を出て登山口へ。

p3,白砂山
まずは堂岩山への急登を黙々と登る、途中に唯一展望が得られろ水場分岐。野反湖と草津の町が意外と近い。

p4,白砂山
堂岩山山頂は展望も無くしめって陰気

p5,白砂山 (6)
山頂から下ればすぐに八間山への分岐、ここからは展望の良い稜線歩き、ということは太陽を遮るものがない。

p6,白砂山 (7)
白砂山が意外と近く感じるが、起伏のある長い道のりだ。
奥の霞んだ山が白砂山。手前のピークが猟師の頭。

p7,白砂山 (8)
シャクナゲの若葉がまだ白っぽい

p9,白砂山 (10)
稜線で一番のピーック、行きも帰りも急登だ。

p10,白砂山 (11)
猟師の頭を下ると露眼帯となる、金山レリーフで岩の裏側に遭難碑のプレートがある。

p8,白砂山 (9)
猟師の頭を過ぎると白砂山がぐっと近づいてくる。

p11,白砂山 (12)
彩りの無い稜線に花が目立つようになり、南面にはお花畑も広がる。

p12,白砂山 (13)
さらに高度を上げると尾根越しに草津白根山の褐色の山肌が顕著に見える。
さすが活火山

p13,白砂山 (14)
最後の急登を頑張ったら山頂と思ったのに、まだ先になだらかな稜線が続いていた。
山容を見れば分かる事だがちょっとがっかり。

p14,白砂山 (15)
山頂到着。北面はちょっと木立があるが他は遮るモノの無い大展望。
浅間山や榛名に赤城、この位置からは見慣れた景色ではないので新鮮だ。

p15,白砂山 (16)
縦走路はまだ先に続いている。歩きたい道だが延々と佐武流山に続く道だ。

p16,白砂山 (18)
北面は木立の間から佐武流山と鳥甲山

p17白砂山 (17)
苗場山の湿原も見える。

p18,白砂山 (45)
鳥甲山遠望

p19白砂山
草津白根山から岩菅山への山並。

p20白砂山
遠くに未だ雪のある北アルプスが。
山頂でまだ7時半、気温が上がらないうちに戻ろう。

p21白砂山 (20)
八間山への分岐まで戻って来た。
 下り始めると後続が続々とやってきた。十数人の団体も来たが、そのうちの脱落メンバーを堂岩山分岐から連れて行くことになった、やれやれ、でもこの人脱落した割りには我々よりも速かったよ。
p22,白砂山 (21)
 堂岩山との分岐に着いた9時頃から気温がぐんぐん上がり、八間山への縦走路は暑さで参った。
場所によっては谷から吹き上げてくる風に歓喜しながら、八間山を目指す。
幾つかあるピーックのひとつ、黒渋の頭。

p23白砂山 (22)
やっと八間山が目の前になってきた、暑さの中、長かったな。

p24,白砂山 (23)
クルマユリに慰められて。

p26白砂山 (25)
長かった縦走路を振り返る。
夕立も来そうだな。

p25,白砂山 (24)
何度か藪を漕いで、沢から飛び出た山頂、懐かしい。

p27白砂山 (26)
 下山は停めた駐車場に近い池の峠駐車場に下る。
p28白砂山 (27)
池の峠駐車場からは炎天下の車道15分で登山口駐車場へ。
p29,白砂山 (28)
駐車場前の売店でソフトクリーム食べて心を潤してキャンプ場に戻った。

p31白砂山 (35)
◆野反湖キャンプ場 チェックインAM11時~PM5時15分 チェックアウトAM11時
1日料金 敷地料テント1張1泊 1,650円 税込
入場料(0歳から一律)1人1泊550円 税込
★シャワー室4つ 200円で10分 専用コインを購入して使う。
湖で釣りが出来るので是非釣り竿持参で、岩魚もいるよ。湖に流れ込む禁漁の沢には岩魚がうようよ。

p30白砂山 (34)
駐車場から天幕場まで700mあるので荷物が多いと大変だが、リアカーを貸してくれる。

p32,白砂山
涼しい湖畔で夕食、これが今回の目的

p33白砂山 (33)
湖畔を散策

p34白砂山 (2)
ソロテントが基本。
朝晩は寒いくらい、気持ちの良い夜でした。

★GPS軌跡
白砂山作図




















スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: