fc2ブログ

記事一覧

山毛欅の木

山毛欅の木   南会津の山毛欅の森で
 
雪の中に山毛欅がすくっと立っている。
冷たいけれど、そっと触れてみれば木の優しさが分かる。
両手で抱えてみれば何故か安らぎに満ちて、
そっと耳を当てれば水の音が聞こえる。
鼓動が幹の中で跳ね返りわたしの全身を包む。
山毛欅林の中には
傷ついたものを癒してくれる魔法がある。
大きく手を広げた母なる森の中で、
わたしは子供になってスキーを滑らす。

20766679_167767750451659_5145009691167817728_n.jpg
二岐山の山毛欅の林


山毛欅の影 
まばゆいばかりの真っ白な雪面に
山毛欅の影が幾何学模様を映しだす。
春まだ浅い尾根筋の風は
ひんやりとして尾根を撫でて行くが、
陽は既に射すように強く
細い小枝の先の影までも
鮮やかに雪面に焼き付けて演出する。
自分の息遣いだけを聞きながら無心に登れば、
さすがにじんわりと汗がにじむが、
雪面に体を寄せれば心地よい冷気に包まれる。
下界の生活を忘れさせる瞬間でもある。
やむなくそこに生まれてしまった国や社会でしか通用しない規則や道徳は
この山の中にはない。
ごく当たり前の正義をかざせば、説教くさいと疎まれ、
道を外せば軽率な輩とそしられる。
とかくこの世に万人に愛されるものなどないが、
眼下に春が漂い、遙か天頂を冬が飛ぶ、
この混在する2つの季節が
地と空の間で交わるこの時こそ、
全ての人と共有できる豊かさがある。
難しいことは言うまい、
垣根のない自然の中で垣根を作って貧しくならない事だ。 
resize7653.jpg
春の山毛欅林でスキーを楽しむ。 開田山塊鍋倉山

杉と森 
杉は杉林である。
森は山毛欅の森である。
林では陽射しは堅い葉に遮られ、
木々が大きくなればなるほど鬱蒼として暗い。
それなのに激しい雨は木々の間を通して直接地面を叩き、
土を流してゆく。
森では透明感に溢れた柔らかい葉に遮られた陽射しが、
緑色の淡い光となって地表にこぼれ落ちてくる。
大きく広げられた葉は屋根となり激しい雨を受け止め、
幹は樋となって水を滝のように地中深く運んでゆく。
運ばれた水は森を潤し、
少しづつしみ出て鮮烈な霊気に満ちた沢水となる。
それが岩魚の棲む森である。
林には人が行き交い、森には妖精が棲む。   

resize7646.jpg
南八甲田山横岳の山毛欅林

山の中で 
山毛欅の森を歩いていると10年前に亡くした母のことを思い出す。踏みしめる土は軟らかく、大きなものに包まれている安堵感があり、何でも話せるような気がする。「元気で幸せにしているよ」母が一番喜んでくれる事だから、いつもそんな風に言えるように努力している。山で満天の星を見ていると私を可愛がってくれた大切な人を思い出す。叔母や店の人や山仲間、恩を返せずお礼も言えずに逝ってしまった人を、星の中に見つけたりする。私は山からいろいろなものを貰っている。時には試練だったりするが、それも大切な贈り物だと思う。常識が誤りであったり、非行が正しかったり、自分の気持ちを素直に伝えていれば、人や社会の評価に戸惑うこともない。それを山の自然が教えてくれた。

resize7645.jpg
山毛欅の森はパウダー滑降の山スキーの舞台
resize7631.jpg
新緑の山毛欅林


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: