fc2ブログ

記事一覧

安達太良山:山スキールート集

安達太良山:山スキールート集

安達太良山扉小
鉄山西尾根にて

◆概要
 東面はあだたら高原スキー場からの往復や山頂から勢至平経由で戻ったり、塩沢スキー場へ下るコースがある。積雪は多くなく吹きさらしの斜面が多い。その分見通しが良くて展望が楽しめる。
西面は東面よりは雪も豊富で、鉄山の西尾根はブナ林もあって変化に富んで楽しめる。尾根の上部は樹氷が広がり安達太良山とは思えない景観で楽しませてくれる。山上台地の上はやはり平坦な吹きさらしの斜面が広がっているので天候によっては台地手前から滑降を楽しんでも良い。

安達太良山:その1 あだたら高原スキー場から往復 1-4月
あだたら高原スキー場からのルートは緩やかな広い尾根が続く初級者向きのコースであるが、コース全体が吹きさらしの斜面で、天候によっては厳しく、視界がないと真っ白になる。明るく見晴らしがよく、終始展望に恵まれて快適である。山頂からの大展望も魅力。ゴンドラリフトは開始時間が遅いし、強風でたびたび運休するので、当てにせず下から歩く計画にした方が良い。その場合は五葉松平を経由して行くのが効率よい。
◆コースタイム
1,あだたら高原ゴンドラ駅8:15~8:25ゴンドラ山頂駅8:30~9:30安達太良山10:25~11:00ゴンドラ山頂駅11:15~11:30あだたら高原スキー場駐車場 
2,あだたら高原ゴンドラ駅8:45~8:55ゴンドラ山頂駅9:05~10:30安達太良山10:50~五葉松平経由~12:00あだたら高原スキー場駐車場 ゴンドラ使用
3,あだたら高原スキー場9:25~五葉松平経由~12:00安達太良山12:10~五葉松平経由~13:30あだたら高原スキー場駐車場

安達太良往復1
ロープウエイを利用すればそのまま稜線だ。
スキー場を歩き、五葉松平経由で稜線の場合は1時間余計にかかる。

安達太良往復1-1
視界があればルートは簡単、尾根を辿れば良い。

安達太良往復2
そのうち山頂が見えてくる。

安達太良往復3

安達太良往復4
次第に木々もまばらになり、尾根も広くなる。
安達太良往復5
視界がないと真っ白だ。

安達太良往復5-1
風がなかったらラッキー

安達太良往復6
山頂直下

安達太良往復7
山頂は岩峰なのでスキーをデポして上がる。
後ろは和尚山

安達太良往復8
山頂は風が強く雪の付きも良くない。

安達太良往復9

安達太良往復10
いよいよ滑降。山頂付近はかりかり斜面のことが多い。

安達太良往復11
次第に快適になるだろう。滑りはあっという間だ。
下山は雪の付き具合が問題なければ五葉松平経由で、雪が少ない場合はゲレンデを滑った方が楽しい。

安達太良山:その2 安達太良山~塩沢
 山頂から峰の辻に出て篭山の北側を回り込んで勢至平に向かう。高原スキー場へ向かう登山道のトレースと分かれて東に進み通常トレースのない八町林尾根に入る。尾根上はほとんど平でおまけにラッセルとなると滑らない。尾根の中間点は傾斜が出てくるが再び平坦な地形となり尾根の北側をトラバースしてゆく。そのうち眼下に塩沢スキー場が望めるようになり、適当なところで樹林の急斜面を滑降してスキー場に出る。山頂往復に飽き足らない場合のルートだが、稜線直下の滑降以外は快適な斜面はない。
写真解説は実施日に強風でカメラが出せず一枚もない。
◆その他 車が1台の場合、塩沢スキー場からタクシーを呼ぶことになるが、岳温泉から来るので、待ち時間も少なく料金も2000円程度である。ただしスキー場が閉鎖されている場合は携帯が頼りだが、圏外かどうか確認するのを忘れずに。車が1台の場合は勢至平から登山道を高原スキー場に戻ることも出来る。
◆コースタイム 
あだたら高原スキー場8:30~10:00稜線10:10~11:20安達太良山11:40~11:50峰の辻12:00~12:20勢至平~13:50塩沢スキー場
◆概念図
安達太良山作図小

安達太良山:その3 鉄山西尾根 2-3月
 西尾根は2つ有り便宜上北の西尾根と南の西尾根とする。取り付きは沢を挟んで隣に有る。北の西尾根は痩せた急な段差が2つあり、一部シ-ル登高が困難である。スキ-を考えた場合は南の尾根を登下降した方が最適であるようだ。ただ、尾根の往復よりも周遊コ-スが取れるので、山行としては充実したものとなろう。両方とも尾根を登り切ると見渡す限りの平坦な地形となり、樹氷も見られ展望も開けるが視界がないと苦労する。沢の源頭でのパウダー滑降や山毛欅の林間滑降など変化に富んだ好ルートだ。

★南の西尾根往復 
◆コースタイム
1,国道脇待避所8:40~11:10鉄山避難小屋12:30~14:15国道脇待避所
2,国道脇待避所6:40~6:50南の西尾根取り付き~8:00痩せ尾根上~9:50鉄山避難小屋~10:00鉄山山頂10:30~12:00林道~12:15国道脇待避所
3,国道脇待避所7:00~7:20尾根取り付き~鉄山避難小屋11:30~12:40国道脇待避所
4,国道脇待避所8:15~8:40尾根取り付き~11:15鞍部~11:30鉄山避難小屋~11:45鉄山12:00~林道~14:00国道脇待避所

鉄山西尾根往復 1
◆アプローチ 箕輪スキー場から国道を猪苗代方面に行き高森川を渡る橋の手前の待避所から林道に入る。手前に国道の旧道があるので間違えないように。林道入口は雪に埋もれているので見落とさないように。

鉄山西尾根往復 2
林道入口

鉄山西尾根往復3
 国道から雪に埋もれた林道に入る。沢を1回渡り適当なところで左手の尾根に取り付くのが北の西尾根のル-ト。
沢を2回わたったところで尾根に取り付くのが南の西尾根。南の尾根を往復するので二回渡る。

鉄山西尾根往復4
取り付いた尾根は灌木帯で樹間が狭く、帰りの滑降が腕の見せ所。

鉄山西尾根往復5
灌木帯を過ぎて尾根のこぶに登れば斜面も広がる

鉄山西尾根往復6
次第に展望も広がり快適気分

鉄山西尾根往復6-1
この尾根に乗れば左右に谷が有るので迷うことはない。急斜面と緩斜面を繰り返し山毛欅の林となる。
磐梯山が大きい。

鉄山西尾根往復7
磐梯山格好いい。

鉄山西尾根往復8
人にあった事の無いコースなので、ラッセルはそこそこ有ります。

鉄山西尾根往復9
広い尾根は気持ちがよい。林を抜けると最後の急登である。
沢の源頭部を詰めて山上台地に出ます。

鉄山西尾根往復10
平坦な台地に出ると周囲が開けて樹氷も楽しめる。

鉄山西尾根往復11
樹氷の間を縫って。

鉄山西尾根往復12
左手には箕輪山が綺麗です。

鉄山西尾根往復13
木々もなくなり、雪の台地へ

鉄山西尾根往復14
尾根の南側をトラバースするように稜線に向かうと避難小屋が見えてくる。
風も強くなりますよ、吹きさらしです。

鉄山西尾根往復15
避難小屋が唯一の目印。
源頭の鞍部には硫黄川からの登山道が上がってきている。道標のようなものが確認できる。下山時の重要な確認地点である。鞍部からは風に吹かれるようになる。小屋は東側の窓が冬期の出入り口になっている。中は意外と明るく快適である。ゆっくり大休止が取れる。

鉄山西尾根往復16
小屋から鉄山まではカリカリ斜面のことが多い。

鉄山西尾根往復17
細長い稜線を辿る。

鉄山西尾根往復18
常に風が強い山頂。

鉄山西尾根往復19
イザ滑降、小屋まではガタガタ斜面、転ぶと痛いよ。

鉄山西尾根往復20
台地は平坦だが良く滑る。滑降の核心の沢の源頭部へ

鉄山西尾根往復21
ここはいつもパウダーだよ。ここだけ滑りに来てもいいね。

鉄山西尾根往復22
山毛欅林の滑降も楽しい。

鉄山西尾根往復23
灌木帯までがいいところ。

鉄山西尾根往復24
往きに辿った林道に着いて終了。

◆概念図
鉄山西尾根往復作図


★北の西尾根~南の西尾根周遊 
◆コースタイム
国道脇待避所6:40~6::50北の西尾根取り付き6:50~9:50鉄山避難小屋~10:00鉄山10:30~12:00南の尾根末端~12:15国道脇待避所

◆ガイド
周遊◆ガイド北の西尾根は平坦な広い尾根を辿ると地形図にある急な段差に遮られる。右から登り左側に回り込みながら尾根に上がったり側面をトラバ-スしたりして、最終的には尾根の左手より尾根上にでる。再び山毛欅の平坦な尾根になるが、2度目の急な段差に遮られる。斜面は広いが上部はかなり急でシ-ル登高が限界。最後は坪足で尾根にはい上がった。

鉄山西尾根周遊 1
まずは林道を行く。

鉄山西尾根周遊 2
沢の通過に苦労することもある。

鉄山西尾根周遊3
北の尾根へは沢を1回渡って取り付く。

鉄山西尾根周遊4
急な段差の処理が問われる。

鉄山西尾根周遊5
段差をクリアすれば後は展望も開けてのんびり出来る。
吾妻連峰

鉄山西尾根周遊6
磐梯山

鉄山西尾根周遊7
霧氷が点在して広大な展望も

鉄山西尾根周遊7-1
霧氷帯を抜けると台地へ

鉄山西尾根周遊8
左手には箕輪山の白い姿。

鉄山西尾根周遊9
鉄山の避難小屋までは見渡す限りの平坦な白い台地
木々もなくなり白い台地になると小屋も近い

鉄山西尾根周遊10
小屋で2つの西尾根が合流する。

鉄山西尾根周遊11
小屋から山頂に向かう

鉄山西尾根周遊12
細長い鉄山の稜線を目指す。

鉄山西尾根周遊13
いつもの山頂。
常に風の強いところだが山頂の東側に出ると風もなく、眼下の黒金温泉小屋を見ながら寛げる。山頂から滑降であるが避難小屋までは氷結したガリガリの斜面である事が多い。

鉄山西尾根周遊14
小屋からの滑降。

鉄山西尾根周遊15
ドライパウダーてっやつ。

鉄山西尾根周遊16

鉄山西尾根周遊17
箕輪をバックに


鉄山西尾根周遊18
いつ来ても堪能できる斜面です。

鉄山西尾根周遊19

鉄山西尾根周遊20
山毛欅の林間を楽しんで終わりです。

◆概念図
鉄山西尾根周遊作図

安達太良山:その4 箕輪山
山頂へは箕輪スキー場を利用して簡単に登れるが、スキー場からの西斜面はツツジの木が小山のように点在してスキーには適さない。スキー場の北側に回り込んで横向温泉へ下ったり、鉄山西尾根につなげたり、東側へ滑り込んだりしている。旧国道からの東尾根がベストコースかも知れない。ここではスキー場の南側に回り込んでスキー場下部に出る簡単なコースを載せた。
◆コースタイム
箕輪スキー場Cリフト下8:15~8:25Cリフト上8:40~10:00箕輪山10:45~11:50ゲレンデ下部12:00~12:10スキー場駐車場

箕輪山1
リフト利用は、Aリフトが最適あるが開始が遅いため、Cリフトが良い。
ゲレンデからも磐梯山が見える。

箕輪山2
背後には吾妻連峰が広がる。

箕輪山3
ツツジとシャィナゲの茂った斜面はうまくルートをとらないとロスが大きい。

箕輪山4
どこにシール斜面があるの、

箕輪山5
でも結構隙間があるもので割と快適。滑りは無理だけどね。

箕輪山6
花期にはドウダンツツジが凄いんですが。

箕輪山7
斜面が広がると山頂です。

箕輪山9
山頂から本峰方面を望む
ここから前項の西尾根につなげることも出来ます。

箕輪山10
滑降は南側の沢沿い。

箕輪山11
ゲレンデ脇に手つかずの斜面がある。

◆概念図
箕輪山作図
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: