fc2ブログ

記事一覧

冬の雄国沼


雄国沼 (3)
雄国沼のほとりで

冬の雄国沼

 冬の抜けるような遙かな空のもと、
広大な雪原と化した沼のほとりで
わたしは白一色の世界に魅入る。
鳥の囀りは澄んで
塵のない空間を響き渡り
明るく跳ねた仲間の声も
爽やかで心地よい。
水は時を運び、
風は雪原を戸惑いながら漂う。
光は華やかに冬の季節を輝かせ、
天使は耳元で
「どこから来たの?」ってささやく。
すべてのものが時の中で重なり合った
ほんのひとときの間、
そこにある全てで
幸せを感じさせてくれる。
見渡す限りの、だが
そう高くはない山に遮られて
ぽっかりと空いた限られた盆地。
山の向こうの世界を知らずに過ごそう。
少しの間でいい、全てのつながりを捨てて
全部忘れて、
きれいな気持ちになって、また人と会いたい。

雄国沼2飯豊連峰雄国山
猫魔ヶ岳の稜線から望む。後方は飯豊連峰

雄国沼3

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
952位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
345位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: