fc2ブログ

記事一覧

2023.11.19浅間山~古嶽山

浅間山~古嶽山下山地から仰ぐ古嶽山下仁田三山とは御嶽・大崩山・浅間山のことで毎年ひとつずつ登って今年は浅間山、折角なので尾根続きにある鋭い岩峰の古嶽山へ縦走した。浅間山は下仁田の町の裏山的な存在なのに岩峰を連ねた山容はさすが西上州の玄関だ。しっかりした山道はなく岩場や絶壁上の不安定なトラバースなど短い行程の中に西上州のエッセンスが詰まっていて面白くもあり楽しい。三山の中では一番グレードが高いと感じ...

続きを読む

2023.11.18高反山

高反山麓からの高反山西上州上野村の中心部に位置する山でどっしりとした山容が里からも望むことが出来る。行程は短いが道の不明瞭なところが多く、地形図は手放せないがそれだけに晩秋の静かな雑木林の山を楽しんだ。山頂付近の不安定な急登に急下降、道を確かめながらの探索、一転長閑な落ち葉に埋もれた長い林道歩きなど、流石西上州の山だと感じさせた。また期待していなかった紅葉も残っていて総勢8人の楽しい山行だった。夜...

続きを読む

2023.11.13高田山

高田山高田山は四万温泉へ向かう353号線の駒岩集落の西に位置する山で紅葉の名所である。石尊山までは緩やかな尾根筋だが、その先は痩せ尾根の登下降が続く、滑落死亡事故も起きている所で落ち葉の急な露岩帯は気が抜けない。紅葉は石尊山に向かう尾根筋が素晴らしく斜面全体が赤く染まる。半日行程の山であるが日の短い秋の日を紅葉に囲まれながら過ごすひとときに至福の時を感じた。移りゆく季節を惜しむのではなく、今の季節...

続きを読む

2023.11.09嵩山

嵩山小天狗から不動岩を望む3度目の嵩山であったが、最後に登ったのは16年前、年が経つと又新鮮な気持ちで歩けるものだ。 353号を走って中之条に近づくと、前方に城壁のような顕著な山が見えてくる。これが嵩山である。吾妻八景に数えられて最高点の大天狗からの展望は素晴らしい。山中には小天狗、不動岩、烏帽子岩、五郎岩、骨穴、弥勒穴やお腹が出ている人は通れない胎内くぐりなど岩峰や奇岩が点在している。落城秘話や...

続きを読む

2023.11.08古界名山錦繍

古界名山錦繍こげえなやま難しい山名である。「焦げ穴」がなまって「こげえな」になったという説が有力だそうだが、古界名山と言う漢字が当てられたいきさつは分らないようだ。昨年有笠山に登った際に知った古界名山と大岩は有笠山に負けない岩峰で目を引いた。まずは古界名山へ。有名な仙人窟までは遊歩道が整備されているが古界名山へは登山道がない、薄い踏み跡は所々藪になり、地形図が欠かせない山道となる。尾根筋は素晴らし...

続きを読む

2023.11.02伊吹山

伊吹山南東山麓の道の駅伊吹の里から仰ぐ夕暮れの伊吹山伊吹山はかの加藤文太郎の単独行に出てくる山で有る。彼の冬山訓練の場として私の中にはづっと存在していた。それは漠然としたのもだったが、まさか山上までスカイラインが通じているとは思わなかった。文太郎の時代はもはや過ぎ去ってしまった。下から登る登山道は崩壊のため通行止めでスカイラインを利用するコースのみが許されているようだ。山上をひとまわりしたが山頂付...

続きを読む

2023.11.01蓬莱山~比良山

蓬莱山~比良山比良山系の真珠、小太郎ヶ池ロープウエイが山頂近くまで登っていて、蓬莱山はあまり興味が無かったが、やはり比良山系では大きな存在なのでその山麓に佇む小太郎ヶ池を第一目的とし、比良山系の名前を冠した比良山も加えてロープウエイ利用で巡ってきた。ロープウエイの駅がある打見山1108m周辺は平日にも関わらず観光客で賑わっていたが山道に入れば全く閑散としていて静かな秋の山歩きが楽しめた。◆コースタイム...

続きを読む

2023.10.31武奈ヶ岳

武奈ヶ岳八雲ヶ原北アルプスで出会った京都在住の方に聞いたら関西では比良山系が一番好きだ、とのこと。まずは200名山の武奈ヶ岳へ出かけた。山頂からの琵琶湖の風景、朝は一面の雲海が湖を覆い尽くし見事であった。そんな大展望もさることながら、山中の何気ない佇まいが癒やしの風景を醸し出して素敵だった。特にコヤマノ岳付近の平坦な尾根筋とそれに続く八雲ヶ原へと下る芝生の広い尾根は地面と木々が一体化して歩くことの喜...

続きを読む

2023.10.30赤坂山

赤坂山~三国山 明王の禿の岩峰群関西百名山のひとつで近畿の登山者にはよく知られた山のようだが、東京ではあまり知られていない。石川県と滋賀県の県境の山で琵琶湖の眺望と穏やかな起伏の山頂付近に広がるススキの原は見事であった。赤坂山だけでは少し物足りないので標高が赤坂山より高い隣の三国山へ下山の長い黒河林道の歩きを覚悟して縦走した。◆コースタイム 駐車場から山頂までの記録を紛失してしまった。カメラの記録不...

続きを読む

2023.10.29荒島岳

荒島岳9月後半から11月始めの予定で北陸の山を巡る旅に出たのだが薬師沢小屋を出ていきなり黒部の河原で大怪我、東京に戻り静養したが無理して折立まで歩いたためかなかなか足首の腫れが引かずに1ヶ月を棒に振り悶々とした日々を過ごした。6月に負傷した剥離骨折も山に登り続けているのでまだ完治はしていない。紅葉の便りも各地から届いた中で傷がいえぬまま山行きを決意、予定の後半のメインであった荒島岳から登ってみることに...

続きを読む

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1301位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
468位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: