fc2ブログ

記事一覧

初夏の谷間にて

初夏の谷間にて 穏やかな谷間の春は、曲がり角の所々に霧の立ちこめた雪渓を残している。雪渓を潜ったり乗り越えたり、毎年繰り返される春だ。雪が消えたばかりの斜面には朽ちた草がへばりついて、汚れた過去を忘れようとしている。谷間の一番底に近いむき出しの土の斜面は、雪の重みを最後まで耐え続けて、疲れ果てて沈んでいる。斜面の上には雪の重みで大きく撓った疎らな灌木が赤い芽を付けて陽射しを待っている。その上には次...

続きを読む

独りぽっち

独りぽっち                                                        熊野灘望見緩やかな登りの森の中、倒れた大木が鮮やかな緑の苔に覆われて悠久の時を休んでいる。丁度腰掛けるところは乾いて誰かが休んでいった風だ。休んでいけよ、そんな声が聞こえた。たまには休んだら、うん、そんな会話を繁忙期の工場でしたことがある。                   ...

続きを読む

2023.06.03山形の渓

23年山形の渓今年も山形へ、目的の沢は林道が路肩工事で通行止め、宿が予約してあるので大きく転身も出来ず鑑札が同じ範囲の近くの沢でお茶を濁したのだがそこは山形、そこそこ楽しめた。沢からはかなり離れてはいるが宿は酒田の若葉旅館、料理が最高。半分この宿に泊まる目的もあるのです。まずは杣道を歩く、沢に入ると河原が続く、いや外れかな。こんな平瀬では魚も居ないのではそのうち雪渓の残骸が水が冷たいわけですね、負傷...

続きを読む

2023.06.03尾瀬センノ沢~尾瀬沼

尾瀬センノ沢~大清水平~尾瀬沼各地で台風による大雨被害が出てる中、明日の晴天を予想して半信半疑で出発。沢は増水して濁りが入る状態であったが遡行は支障なく楽しめた。センノ沢はもう何回も来ているが、水芭蕉の季節は初めてで思いがけなく素敵な風景に出会えた。きっと尾瀬ヶ原は水芭蕉目当ての人で賑わっているだろうが、ここは我々だけの世界。何回来ても季節が変わると景色も変わる、当たり前の楽しみを堪能した。◆コー...

続きを読む

2023年佐渡周遊

佐渡周遊5月12-17日まで5泊6日の日程で佐渡で山登り、雨の日は佐渡の観光、私がお勧めする佐渡の観光です。★県道45号線別名佐渡一周道路で佐和田と小木の間だけ350号が繋いでいるが、ほぼ海岸線を一周している。この道路を走ることで佐渡がよく分かる。小さな漁港が点々とあり砂浜や岩礁帯の風景が堪能できる。海岸線一周は190キロあまりで自転車で完走する強者も少なくないようだ。半島の先端部分は道が狭く大型バスと遭遇すると...

続きを読む

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1301位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
468位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: