fc2ブログ

記事一覧

2023.05.25井戸湿原~三枚岩

井戸湿原~三枚岩井戸湿原2年前に同じくツツジを見たくて同じコースを歩いたがツツジは1-2分咲きでがっかりした。今回は現在満開の写真に誘われて急遽出かけてきた。花の情報は有りがたい。何しろこんな凄いツツジを見たことがない。湯ノ丸山や高原山のレンゲツツジは壮大だが何しろ背が低い、せいぜい目の高さぐらいまでの花の原で草原状の処が多い。ここのツツジは山全体が燈赤に染まる。時期毎に咲く3種類のツツジが一緒に...

続きを読む

老後の山で

老後の山で 登りの角度に合わせて、体が揺れる、テルモスの湯が背中でポチャッと響く。残して来てしまったものが何かも分らずに、私は見上げるほどの急な山道を必至に登っています。地図の破線を追いながらきっとフィルム写真の遠い昔の自分を探しているんです。初めて通る道で、初めて見る風景になじめないのは、ただ通りすがるだけの自分が分っているから。全ての土地は誰かのふるさと、最初は誰でも赤の他人、初めて通る道でき...

続きを読む

2023.05.16佐渡金北山縦走

金北山縦走縦走終了地点より望む金北山やはり最後は大佐渡山地縦走。花は縦走路より下から辿る沢沿いに登るのが一番と思っていたが縦走路にも花は沢山有った。メインの金北山の山頂が使われなくなって廃墟と化したレーダー施設と神社に占領されていたのが残念だが、展望に恵まれた明るい縦走路は適度な長さで縦走の楽しみが満載だった。◆コースタイム ドンデン山荘バス停9:20~9:22佐渡縦貫道入口~9:32縦走路入口~9:33アオバネ...

続きを読む

2023.05.13佐渡金剛山

佐渡金剛山金剛山山頂から金北山と両津港の海岸線を望む金剛山はドンデン山から金北山周辺の山に比べると登山者がぐっと少ない。花も咲いてはいるが金北山周辺に比べると種類も数も控えめだ。それだけに雑踏もなく静かで質素な感じ。山頂からの展望は素晴らしく別の角度から佐渡を眺められる。◆コースタイム 白瀬登山口4:57~5:30トビガ沢~6:24組上6:48~7:37金剛山8:20~9:09組上9:15~9:42トンビガ沢9:52~10:28白瀬登山口10:5...

続きを読む

2023.05.21ドンデン山~アオネバ渓谷

ドンデン山~アオネバ渓谷ドンデン山から金北山を望む花が凄いと噂の佐渡島へ、シラネアオイ街道と評判のアオバネ渓谷とドンデン山をセットで登る。天気が良かったのでフェーリーで着いた日にそのままシャトルバスに飛び乗る。発車5分前だった。シラネアオイが登山道脇に点々と咲いて、山頂からの展望も良く、金北山の姿を目前に仰ぎ見て1日目から佐渡の山を堪能した。◆コースタイム 新潟港6:00~8:35両津港8:50~9:24ドンデン山荘...

続きを読む

2023.04.24大台ヶ原周遊

大台ヶ原周遊熊野灘を望む大杉谷で有名な大台ヶ原、大杉谷から登るのが正統派なのだろうが、マイカー登山は出来ないしもう体力がないな、と言うわけで車で大台ヶ原へ行き周囲の山を巡ってまさに大台ヶ原の広大な台地を実感する事が出来た。深く刻み込まれた谷と広大な台地が大台ヶ原の2つの顔なのだろう。◆コースタイム 大台ヶ原駐車場5:57~6:32日出ヶ岳6:40~6:50正木嶺~7:08正木ヶ原~7:27牛石ヶ原~7:31大蛇嵓分岐~7:39大蛇...

続きを読む

2023.04.23山上ヶ岳

山上ヶ岳山上ヶ岳から望む稲村岳手前と弥山、八経ヶ岳の稜線大峰山脈では修験道の中心的な存在で、山中にはそれにまつわるものが他の山とは比べものにならない程充実している。また女人禁制の山としても知られている。日本百名山を八経ヶ岳に取られたと感じる関係者もいるようだが、こちらは300名山で納得しない人は沢山居るだろうな。修験道のメッカのような北側の登山道から下山は川瀬谷沿いの修験道色の薄い静かな登山道を下...

続きを読む

2023.04.22弥山~八経ヶ岳

大峰山弥山~八経ヶ岳大峯奥駆道から望む弥山と八経ヶ岳日本百名山に指定されている大峰山は山上ヶ岳から弥山、八経ヶ岳一帯を指す山脈の総称で、八経ヶ岳は近畿中国地方の最高峰である。大峯奥駆道の一角をなしていて大峯奥駆道縦走は叶わなかったが主要な三山を登ってその奥深い片鱗を味わってきた。縦走は弥山の小屋が開いてからが良いようだ。◆コースタイム 5:40行者還トンネル西口登山口5:59~6:39大峯奥駆道合流~6:48一ノ...

続きを読む

2023.04.21高野三山

高野三山高野山金剛峯寺高野山金剛峯寺参拝が目的であったが、やはり山に登らねば土地のことは分らない。観光客、特に外国人が目立つ高野山は曜日に関係なく人だかりだ。山の中に入ると人影はない、全くのひとり。それぞれの山にはお堂があって道路なんか通じていなかった頃の参道が色濃く残る。弘法大師がより近くに感じられる山道であったと感じている。まむしもいたよ。◆コースタイム 中の橋駐車場9:40~9:50奥の院9:54~10:03...

続きを読む

2023.04.20讃岐富士(飯野山)

讃岐富士(飯野山)亀山城からの讃岐富士亀山城に行った際に端正な姿の飯野山が印象的だった。讃岐富士と言われるゆえんの円錐形の姿はどこから見ても富士山だ。市民の裏山的存在で日頃の散歩道かも知れないが、登りは富士山そのもので急な階段が続くハードなものだ。それでもひと登り、ついでにと言う感じではあったが市民に交じって登って来た。◆コースタイム  南側登山口9:51~10:34飯野山10:47~11:18南側登山口登山口は主に...

続きを読む

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1006位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
370位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: