fc2ブログ

記事一覧

2022.11.09高間山&王城山

高間山&王城山戻る林道から高間山を望む王城山は名前に惹かれたところがある。山頂は2つある双耳峰で地元では三角点のある峰を古城、西側の1100m峰を王城と呼んでいる。王城とは日本武尊に由来するようで石祠を建立して祭ってある。国道から高間山までを往復するのが一般的なようだが、端から端まで往復するのはちょっと効率が悪いような気がして、林道が通っている鞍部からそれぞれの山頂を往復した。往復する部分が大幅に短縮...

続きを読む

2022.11.08吾嬬山~薬師岳

吾嬬山~薬師岳誰にも会わなかった山でもみじが燃えていた。吾妻沿線の山の中では大きな山容で吾嬬山と薬師岳の連なりが周囲の山からも認められる。山としてはセットとして登られているようだ。南から行くか北から行くか迷うところだが、周遊コースがすっきりしている北からのコースを選んだ。それにしてもこの山も前日の蟻川岳も有笠山も国土地理院には登山道が書かれていない。◆コースタイム 堰堤駐車地点6:57~7:15最奥民家~7...

続きを読む

2022.11.07有笠山

有笠山沢渡温泉の西に聳える岩壁に覆われた特異な山で、ハードな鎖場もある楽しい存在だ。山頂へは傾斜のキツい鎖場や梯子が有り、岩場の登下降に慣れた人向きである。岩峰の間を縫って登る山中には東石門、西石門があり特異な岩の風景が楽しめる。◆コースタイム 有笠山駐車場10:10~10:28東口登山口~10:33ロックゲレンデ10:38~10:42東石門10:48~10:56石室~11:05山頂分岐~11:07山頂標識~11:22有笠山11:46~12:00山頂分岐12:...

続きを読む

2022.11.07蟻川岳

蟻川岳昨年の菅峰/高ジョッキ/丸岩山の続きで紅葉を求めて吾妻沿線へ遠征。今回は3日で6座を計画。初日は蟻川岳、蟻という名前に惹かれて登って見たが蟻の気配はなかった。それもそのはずで蟻川というのは蟻川波右衛門という刀鍛冶の名前で、登山口向かいに屋敷跡があり町指定の重要文化財になっている。屋敷跡には案内板があるので読んでみた。◆コースタイム 集落入口駐車地点6:51~7:02登山口~7:17石碑の台地~7:52南端祠~7...

続きを読む

2022.10.31土岳

土岳土岳はごく普通のハイキングコースだが、山頂に広がる芝生の景観はこの山でしか見られない。展望台に上ると、一層芝生の広がりが感じられる。岩木山から始まった東北山旅の日々、最後に楽しい風景を見ることが出来て満足。筑波山も見えたので、とうとうここまで戻ってきたなという感慨に耽った。◆コースタイム 花貫渓谷駐車場登山口11:48~12:09大黒岩~12:33土岳12:53~12:58七つ岩~13:24花貫渓谷登山口13:30~13:40汐見滝...

続きを読む

ひとり寝転んで

山のソナタ集ひとり寝転んで ・・鬼ヶ城山の印象ゴロゴロと積み重なる大岩の一番平らなところで寝転んで、大きく手を広げて空だけを眺めていると際立った白さの雲の塊が通りすぎてゆく。じいっと空だけを眺めていると自分が流れていく。寝転んだ自分よりもまだひとまわりも大きい大岩が空に浮かんで流れてゆく様は爽快だ。空は碧く秋を引き立たせる。山稜を吹き抜ける風は冷たく乾いて汗もない。陽射しに温められた大岩は風の冷た...

続きを読む

2022.10.30常葉鎌倉山

常葉鎌倉山阿武隈には鎌倉岳が二つある、竹貫の鎌倉岳は東京に少し近い分登っている。国道288号を船引方面に走ってゆくと天を突くような山容の常葉鎌倉岳が目に飛び込んでくる。登行を誘う姿だ。憧れの岩山を訪ねでやっと麓まで来たと言う感が強い。登山口はいろいろあるようだが萩平と鰍登山口が良いようだ.。ここでは周回コースの取れる萩平から椚平へのコースを選択。難点は萩平登山口の駐車場が狭いこと。◆コースタイム 萩平...

続きを読む

2022.10.29五十人山

五十人山麓から眺める五十人山名前に惹かれた山である。坂上田村麻呂が蝦夷平定の折に岩の上に50人を座らせて戦略を練ったと案内板にあり、更にその岩に弘法大師が延命地蔵尊を刻んだとか。随分昔のいわれが山名に残っているモノだ。そういえば日山の山頂の石碑にも坂上田村麻呂のいわれが書かれていたので、このあたりでは田村麻呂は英雄なのかも知れない。山は山頂付近に芝が広がり明るく開放的な雰囲気が魅力だ。◆コースタイム...

続きを読む

2022.10.29日山

日山(天王山)天王山の別名もある日山はどっしりとした山容で山頂には周囲の集落毎に社が置かれる存在感のある山だ。登山口が数キロ離れて二つある、田沢登山口と日山キャンプ場からの茂原登山口であるが帰りの林道が下りとなる田沢登山口から登ることにした。田沢登山口からは牧場を通るコースと林の中の遊歩道を通る道があり牧場の上で合流する。私は昔から歩かれている牧場内を選んだ。◆コースタイム 田沢コース駐車場6:37~6...

続きを読む

2022.10.28花塚山

花塚山花塚山も奇岩で知られた山であるが、私が愛用しているスパー地形には登山道の記載がない。久しぶりに地形図だけが頼りの山行であった。20年も前のガイドブックを見ながら道を辿った。◆コースタイム 花塚の里駐車場11:10~11:20放鹿神社~11:31烏帽子岩~11:34大黒様~11;36行者戻しの岩~11:41姥神様11:42~11:48内くぐり11:51~11:57花塚台~12:05花塚山~12:13花塚台~12:15護摩壇岩~12:32北峰~12:42堅岩~12:47峠森の...

続きを読む

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1301位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
468位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: