fc2ブログ

記事一覧

2021.06.17-18山形の渓

新緑の渓 梅雨時、天気を見極めて山形まで遠征。山形はどこも岩盤の沢が多くて雨の増水が早い。天気が第一なので慎重に見極めたが、梅雨の晴れ間に当たって終日良い天気であった。昨年、岩魚が沢山いたので今年も出かけてみたが、釣り人が多く入っている証拠があちこちに、明らかに昨年とは違う。案の定昨年つり上がった先まで行ってみたが魚影はほとんど見られなかった。それでも小中6尾釣り上げたが、ここまで来てこの釣果は全...

続きを読む

2021.06.09獅子岩~子持山

獅子岩~子持山獅子岩を望むこの上ない移動高の好天が予想されたので山に行こう、どこへ行こう。気軽にスニーカーで行けるところがいいな、記憶が定かでないが、岩場があって気持ちよかった思い出を辿り子持山へ行くこととした。30数年前に娘を背負って歩いた、その後数回屏風岩の岩登り、とても難しく手に負えなかった記憶がある。それ以来30年はたっている。今回登って見て改めていい山だった。コースによっては気持ちの良い...

続きを読む

梅雨の山

梅雨の山国境稜線にて尾根を越える空。梅雨、霧の山道空はどんよりとグレーなのに気持ちはうきうき、展望は望めないから、花たちがずっと寄り添って慰めてくれてる。湿気が漂った林の中で、体の中までしっとり濡れるのが分かる。乾燥した気持ちが潤ってゆく、誰かが寄り添ってくれている。雲で覆われた梅雨空は迷わない。うっすらと頬紅のようなピンク。シャクナゲ咲く原生林の山道、ツツジが彩りを増す尾根筋はいつかは自分が人に...

続きを読む

2021.05.29西上州九十九谷

西上州九十九谷九十九谷左岸尾根を行く 九十九谷は初めて歩いた数十年前からその未知なる領域に惹かれ毎年1回通い続けた所である。岩壁に囲まれた谷には恐竜の背のような岩稜が幾重にも重なり、スラブで覆われた谷筋は人を拒んでいた。右岸尾根、中間尾根、中央岩稜に足跡を残したが、全貌は2009年に私の紹介記事によって入渓したクライミングクラブZOOの安村淳氏らのパーティによって4本の初登ルートが開拓され明らかに...

続きを読む

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1301位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
468位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: