fc2ブログ

記事一覧

冬の雄国沼

雄国沼のほとりで冬の雄国沼 冬の抜けるような遙かな空のもと、広大な雪原と化した沼のほとりでわたしは白一色の世界に魅入る。鳥の囀りは澄んで塵のない空間を響き渡り明るく跳ねた仲間の声も爽やかで心地よい。水は時を運び、風は雪原を戸惑いながら漂う。光は華やかに冬の季節を輝かせ、天使は耳元で「どこから来たの?」ってささやく。すべてのものが時の中で重なり合ったほんのひとときの間、そこにある全てで幸せを感じさせ...

続きを読む

月山 山スキールート集

月山  山スキールート集夏でも雪渓が残る月山は春スキーのメッカ。リフトを利用すればそこには広大な斜面が広がる。山頂往復でも充分スキーは楽しめるが、隣の湯殿山へ登り石跳川沿いに滑ったり、山頂から弥陀ヶ原を経て北月山荘へ3時間の滑降、まる1日をかけて肘折温泉へ。東西南北どの方向へもコースがある希な山である。どのコースも麓まで滑るので積雪量を考えてリフト営業開始と同時に計画する方が良い。その時期は天候も...

続きを読む

西ゼン

西ゼン西ゼン第2スラブ出合にかかるナメ滝わらじの足ごしらえで初めて登って以来40年が経った。記憶の中に残るのは出合奥にアーチ状の雪渓がかかり、輪の中にスラブが広がる風景だ。それ以来季節を変えては何回となく登ってきた。さほど困難もなく壮大なスラブの只中を真っ直ぐ登って行く爽快さは、大スラブへと繋ぐ大きな糧である。それから数十年、久しぶりの西ゼン。人気お勧め五つ星の沢を幾つ登っても勲章にはならないと信...

続きを読む

鳥海山 山スキールート集

鳥海山;その1 祓川コースと千蛇谷 5月◆コース概念鳥海山は容姿端麗なイメージであるが、その中核をなす外輪山や山頂ドームの新山は岩場で意外とスキーには向かない。だが積雪の多さで春スキーのメッカとなっている。アプローチが容易な祓川と鳥海ブルーラインからのコースに人気が集まっている。祓川からのコースは広大な斜面が広がっていて自由に滑って行ける、時折現れる雲海に囲まれた時などは、まさに天空を滑降する気分...

続きを読む

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1301位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
468位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: