fc2ブログ

記事一覧

山の美学

山の美学大滝をよじるシュプールは人を表す、心を刻む。 美学 山登りは安全が第一だから、身だしなみや衛生観念は二の次である。風呂に入らずに何日も同じ服で過ごす。石鹸で手を洗い、歯を磨く。そんな街の習慣を山に持ち込む事は自然環境には害になることもある。だが、山には街にはない美学がある。歩き方から道具を使いこなす技術まで、卓越した技には美しさがある。無様な姿では山とは一体になれ...

続きを読む

焼石連峰 山スキールート集

焼石連峰 5月GW上沼辺りから臨む◆コース概念 中沼登山口から横岳~焼石岳~南本内岳~東焼石岳5月連休では時期的に少し遅い山域であるが、東北の奥地まで土日では辛い人の為のコースである。連休でも登山者はわずかで山スキーヤーはほとんどいない、静かで長閑な春山が楽しめる。ツブ沼からの道は雪がなく林道が奥まで入っている中沼登山口からの入山をお勧めする。林道は雪の溶け具合でどこまで入れるかが決まるが1時間は...

続きを読む

絆 

絆山の相棒  山中にただ一人佇む、若き日の遙かな時代に思いを馳せれば、仲間達との語らいが蘇る。愛情が感じられないあだ名で呼び合い、内心感謝はしてても決して口には出さない。本音は言わないが、嘘と偽りは隠せない。ああ言えばこう言う、決して交わらない水と油の関係なのに、ザイルを結ぶと、あんうん、の呼吸が生まれる。お互いに切磋琢磨して、幾たびか黄昏の稜線に憩い、寒い夜を数え切れない程共にして、果てに迎えた...

続きを読む

八幡平山スキー

八幡平 山スキールート集八幡平全体図八幡平:その1 茶臼岳 1月山頂付近から避難小屋を振り返る。◆コース概念 2007年に閉鎖された八幡平スキー場は雪上車が入らないエリアが多くてパウダーが楽しめる大好きなスキー場であった。雪質の良さから近年、バックカントリーの穴場として注目されている。その旧スキー場を登り安比高原から連なる尾根に出て茶臼岳に登り滑るもので、パウダー滑降間違いなし。また閉鎖されたスキ...

続きを読む

それぞれの山 

それぞれの山 山のソナタ集剱岳針ノ木岳からの黒部湖と剱岳 別山乗越に辿り着くと目の前に岩の壁のような剱岳が飛び込んでくる。初めて目にしたときの衝撃を忘れたことはない。剱沢の底から競り上がってくる岩の塊は風景を超えて胸に迫る。幾重にも重なり合う岩尾根は竜の背のように空間を切り裂いて行く。時には引きちぎるような雲の流れに向かって、あまりにも鋭く切れすぎた片翼を伸ばした山容は偉大なものへの未完成な叫びに...

続きを読む

裏岩手連峰 山スキールート集

裏岩手連峰:その1 三ツ石岳 1~3月 山スキールート集大松倉山から望む三ツ石山と裏岩手連峰◆コース概念八幡平から乳頭山にいたる長大な尾根の連なりが裏岩手連峰である。丁度岩手山の東側に位置している。三ツ石山は連峰の主峰的存在の大深山の南から派生した尾根上に有り、岩手山と尾根続きである。冬に連峰奥深く入り込むには交通の便が悪く覚悟がいる。三ツ石山はその中にあってスキー場からアプローチできる貴重な山で...

続きを読む

秋田駒ヶ岳;その3 大白森山 5月

秋田駒ヶ岳;その3 大白森山 5月◆コース概念図裏岩手連峰に属する山で、山自体はなだらかな印象であるが、シール登高技術を駆使する急な林間やめまぐるしく地形が変わる滑降など、総合的な技量が楽しめる所である。大白森山は台地のような山頂で雪源になっている。裏岩手連峰を感じさせる佇まいが魅力だ。熊の多いところなので刺激しないようにしたい。登山口の関係で秋田駒ヶ岳の範疇にしたが、厳密には裏岩手連峰に属する。...

続きを読む

秋田駒ヶ岳;その3 乳頭山 5月

秋田駒ヶ岳;その3 乳頭山 5月◆コース概念図乳頭山、別名烏帽子岳はなだらかな起伏の広々とした山で、大滑降の斜面はないが、いかにも東北の山らしいおおらかさが有り、程よい斜面が続く山スキー初心者向きの山である。登りの尾根上は山毛欅林が続き下りの林間滑降が楽しみである。尾根を登ると田代平の雪源、そして山頂へは緩やかな開けた斜面が広がりながら続いている。気持ちまで優しくなれる東北そのものの山である。山頂...

続きを読む

秋田駒ヶ岳;その2 八合目~男岳~男女岳 5月

秋田駒ヶ岳;その2 八合目~男岳~男女岳 5月◆コース概念図雪が少なかったり、板が煽られるほどの強風だったり西尾根の条件が悪いときは無理せずアルパこまくさスキー場から閉鎖の道路沿いに8合目まで登り男岳と男女岳を往復するとよい。充分に滑降が楽しめる。笹森山は時間の問題で割愛した方がよいだろう。このコースメインの女男岳からの滑降◆コースタイムアルパこまくさスキー場7:48~10:21八合目10:30~11:35阿弥陀池~1...

続きを読む

秋田駒ヶ岳:その1 男岳~男女岳~笹森山 5月

秋田駒ヶ岳;その1 男岳~男女岳~笹森山 5月◆コース概念 秋田駒ヶ岳の男岳にスキ-で登る人はほとんどいない。西尾根は狭い岩稜で東はナイフリッジの雪稜なのでシール登高が困難だからだ。このコースは閉鎖されたスキー場から岩混じりの西尾根を登り山頂からは東尾根を滑り、登り返して男女岳東大斜面を滑降。再び笹森山に登り返し乳頭温泉スキー場に下るもので、秋田駒ヶ岳の核心部を滑りまくる豪快なルートである。秋田ま...

続きを読む

プロフィール

bunatoiwana69

Author:bunatoiwana69
山のソナタ集へようこそ!
19の時から山登りを始めて現在75歳。
東京の京橋に生まれ、都会に育ちながらも山の自然に憧れる。
脇目も振らず、馬鹿のひとつ覚えで山登り一筋。
時々の風景と想いを切り取りブログにしました。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1301位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
468位
アクセスランキングを見る>>

山のソナタ集

山のエッセイと写真でつづる日々

ブロマガ購読者向けメールフォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: